宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



羽根 知里はね ちさと

元宝塚歌劇団月組娘役スター
大阪府大阪市、神戸松蔭女子学院出身
身長157cm
愛称は「はねちゃん」

来歴・人物
1982年、宝塚音楽学校に入学。
1984年、第70期生として宝塚歌劇団入団。
『風と共に去りぬ』で初舞台
その後、月組に配属。
同期には紫とも(元雪組トップ娘役)
大輝ゆう(元星組男役スター)
万里柚美(星組副組長)などがいる。
1993年、『グランドホテル/BROADWAY BOYS』の東京千秋楽付けをもって宝塚歌劇団を退団。
在団中は、朝凪鈴とのちに組替えで月組へ異動した同期の紫ともとともに、娘役ホープの一人として活躍した。



宝塚時代の主な舞台歴
1986年5月、『百花扇/哀愁』新人公演:ラテンの娘S(本役:涼風真世)
1986年11月、『パリ、それは悲しみのソナタ/ラ・ノスタルジー』新人公演:ローザ・ジョバンニ(本役:朝凪鈴)
1986年1月、『スウォード・フラッシュ!』(バウ・東京特別・名古屋特別)
1988年11月、『恋と霧笛と銀時計/レインボー・シャワー』かげろう、新人公演:美津(本役:朝凪鈴)
1989年2月、『赤と黒』(バウ・東京特別)マチルド・ドゥ・ラモール
1989年5月、『新源氏物語/ザ・ドリーマー』中将の君、新人公演:朧月夜尚侍(本役:紫とも)
1989年9月、『ウォーターフロント・ララバイ』(バウ)アニー
1989年11月、『天使の微笑み・悪魔の涙/レッド・ホット・ラブ』ミッチィ、新人公演:マルタ(本役:朝凪鈴)
1990年2月、『大いなる遺産/ザ・モダーン』スーザン、新人公演:ビディ(本役:朝凪鈴)
1990年8月、『川霧の橋/ル・ポアゾン 愛の媚薬』(東京公演)お千代、新人公演:お組(本役:朝凪鈴)
1991年1月、『カウントダウン・1991』(バウ、東京特別、名古屋特別)テレサ
1991年3月、『ベルサイユのばら -オスカル編-』イザベル
1991年9月、『銀の狼/ブレイク・ザ・ボーダー』シモーヌ
1992年1月、『珈琲カルナバル/夢・フラグランス』パトリシア
1992年7月、『PUCK/メモリーズ・オブ・ユー -懐かしき時代・美しき人々-』タイターニア
1992年9月、『珈琲カルナバル/夢・フラグランス』(全国ツアー)パトリシア
1992年12月、『ジャンプ・フォー・ジョイ』(シアタードラマシティ)
1993年4月、『グランドホテル/BROADWAY BOYS』エリザヴェッタ・グルーシンスカヤ *退団公演

テレビ出演
将軍の隠密!影十八 第10話「再会・黒い疑惑の花舞台!」(1996年、テレビ朝日 / 東映)



スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。