宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



祖母と旧知のOG鳳蘭から名前をもらった花組の若手男役スター鳳真由
新人公演「ファントム」(12日=兵庫・宝塚大劇場)に主演する。
入団7年目。
新人公演最終年に、昨年3月の「虞美人」以来、2度目の主役を務める。
がむしゃらな初主演から経験を積み、心身ケアにも余念がない。
独自ブレンドの漢方薬を武器に、雲の上の大先輩・鳳蘭の背を追う。
東京宝塚劇場は8月25日。

outori mayuka

「ファントム」の新人公演について熱く語る鳳真由。
祖母の代から宝塚ファン。
母のおなかにいるときから、舞台を見てきた。
すでに胎児の時点で「私もファンだったかも」と笑う。
祖母は鳳蘭の大ファンで、旧知でもあったため、名前に「鳳」の字をもらった。

新人公演最終年の7年目。
若手から中堅への過渡期になる。
今作「ファントム」は、花組新トップ蘭寿とむのお披露目公演。
新人公演主演は2度目だが、前回とは違った緊張感がある。

そうです! あんまり言わないでくださいよ~。初主演のときは、けいこの最初から、1人で空回りしていた面もあって...。みんなと呼吸を合わせて、真ん中にいることが大切だと学んだので、今回は気負わず、センターにいられたら

今作は、オペラ座の地下に住むファントムが、美声のクリスティーヌを一流の歌い手へと導く過程で、恋を知り、苦悩する様を描く。
苦手意識のあった歌へ取り組む集中力も高い。

全部、音域が広く(低音から高音まで)私の地声の最高から最低ぐらいの音域なんです。みなさん、軽々と歌っていらっしゃるんですけど、いざ譜面と向き合うと、すごく難しい

これまで歩んできた道程から、小さな自信も芽生えた
5月には、花組2番手壮一帆のディナーショーにも出演。
歌唱力を磨くチャンスを多くもらっている。

与えられるものが大きくなってますが、公演に向かって進むおけいこ期間をもらえたのが、何よりも大きい。これが出来たんだから、次も大丈夫って自信になって、どんどん歌が好きになってきてます

とりわけ、低音練習に時間をさいた。
高音ならテンションを上げ、低い音は下げるよう指導された。

歌っているとテンションが上がっちゃう。抑えて、平常心で歌えるように。(低音は)胸を響かせるイメージで、ほおの位置を下げたら、低い声が響くと教えていただいたので、体に分からせるように

帰宅後、指導を反すうする。学んだことを血肉へ変えるため、1日もおろそかに出来ない。
とはいえ、突っ走るだけではいけないと分かってきた。
がむしゃらであるがゆえ、下級生のころは無理をしがちで、発熱し、倒れることもあった。

忙しくても、ちゃんと食べて、しっかり寝る。のどがイガイガすると『あ(風邪が)くるな』って分かるようになって、そんなときは、お薬飲んで、お肉食べて、すぐ寝ます

疲労が残っていると、けいこの吸収力も落ちる。
お部屋でも冷房はつけないように。疲れは最大の敵ですから」。
疲れた10時間より、元気な1時間のけいこの方がプラスになる。
そして、秘密兵器が漢方薬。複数を常備している。

体に優しいかなって思い、最近ハマっているんです。免疫力アップの配合のものはいつも飲んでいます。体調が悪いときのために、のど用、鼻用も。(行きつけの薬店で)症状を伝えて、自分用にブレンドしてもらっているんです

着々と歩みを進めるそのはるか先には、あこがれの大先輩、鳳蘭がいる。

「(鳳蘭は)ファントムの新公主演を、すごく喜んでくださった。その場にいらっしゃるだけで圧倒される。舞台だとさらに輝きがすごくて、大きな大劇場が小さく感じる。不思議なパワーがある。その(パワーの)かけらでも出せたら、というのが私の夢です

年々強く感じる名前の重み。名に恥じないためにも、精進の手は緩めない。

歌でもお芝居でも、一言発しただけで、いろいろな感情が見える声を出せる役者になりたい。感情が高まると肩で呼吸してしまい、深みが足りなくなる。冷静に意識できるように
今作、「いい声してるだろ」というセリフがある。その「いい声」を出すのが目標。
キャリアを重ね、精神面の強さ、たくましさも出てきた。

あはは。そうですね。心がけていることは、後ろ振り向かず...。あれ? 違う? 過去の失敗を考えるより、過去にしてきたことを信じる方がいい
経験という名の財産が、明るい未来へつながると信じている。
※この記事の著作権は配信元に帰属します

~「鳳真由」出演の本公演「ファントム」のチケット情報はこちらでどうぞ~



スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。