宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



美月 ノアみつき ノア

女優、元宝塚歌劇団花組の娘役。
宝塚歌劇団での芸名は、美月 亜優(みつき あゆ)
大阪府豊中市出身
161cm
愛称は「ゆかし」「ゆかり」

略歴
1981年、69期生として宝塚音楽学校へ入学。
同期生に元星組トップスターの麻路さき、元月組トップスターの久世星佳
元雪組トップスターの高嶺ふぶき、元雪組トップ娘役の神奈美帆
元花組男役スターの海峡ひろき、元月組男役スターの若央りさ、元月組・宙組組長の出雲綾らがいる。

1983年4月、月組『春の踊り/ムーンライト・ロマンス』にて初舞台を踏み、後に雪組に配属される。
1985年、『愛のカレードスコープ』で新人公演初ヒロインを務める。
1986年、『ヴァレンチノ』でバウホール公演初ヒロインを務める。
1989年、ニューヨーク公演に参加する。
1992年、花組に組替え。
1997年、『失われた楽園 -ハリウッド・バビロン-』/『サザンクロス・レビュー』の千秋楽付けをもち宝塚歌劇団を退団。
千秋楽には、同じ公演で退団した海峡ひろきと共にサヨナラショーが催された。
退団後は、芸名を美月 ノアと変更し、舞台を中心に活動した。

宝塚時代の主な舞台
雪組所属時代
1983年8月、『ブルー・ジャスミン』新人公演:アナベラ(本役:北いずみ)/『ハッピーエンド物語』
1984年3月、『風と共に去りぬ』新人公演:メラニー・ハミルトン(本役:鳩笛真希)
1984年9月、『千太郎纏しぐれ』新人公演:八重(本役:美風りざ)/『フル・ビート』
1985年1月、『花夢幻』/『はばたけ黄金の翼よ』新人公演:カタリーナ(本役:鳩笛真希)
1985年6月、『愛のカレードスコープ』新人公演:クリスティーナ(本役:神奈美帆)/『アンド・ナウ!』 *新人公演初ヒロイン
1986年4月、『ヴァレンチノ』(バウ)ジューン・マシス *バウホール初ヒロイン
1986年8月、『三つのワルツ』新人公演:シャルロッテ・ピクラー(本役:神奈美帆) *新人公演ヒロイン
1986年10月、『恋のチェッカー・フラッグ』(バウ)カプラン
1987年3月、『宝塚をどり讃歌』/『サマルカンドの赤いばら』新人公演:ハビーバ
1987年5月、『リプライズ!』(バウ・東京特別)
1987年9月、『梨花 王城に舞う』小宝、新人公演:麗妃(本役:仁科有理)/『ザ・レビュースコープ』
1988年1月、『風と共に去りぬ』新人公演:スカーレットⅡ(本役:一路真輝)
1988年7月、『たまゆらの記』新人公演:元正帝(本役:真咲佳子)/『ダイナモ!』
1989年2月、『ムッシュ・ド・巴里』ミス・タバリー、新人公演:マーガレット・ド・ランカスター王妃(本役:仁科有理)/『ラ・パッション!』
1989年8月、『ベルサイユのばら - アンドレとオスカル編- 』ポリニャック伯爵夫人
1989年10月、『宝塚をどり賛歌』/『タカラヅカ・フォエバー』(ニューヨーク公演)
1990年1月、『天守に花匂い立つ』時姫/『ブライト・ディライト・タイム』
1990年6月、『黄昏色のハーフムーン』ロレッタ/『パラダイス・トロピカーナ』
1990年8月、『微笑みをもう一度』(バウ)
1991年8月、『華麗なるギャツビー』マートル/『ラバーズ・コンチェルト』
1991年10月、『スポットライト・マジック』(バウ)

花組所属時代
1992年2月、『白扇花集』/『スパルタカス』ポーシャ
1992年8月、『心の旅路』カーラ/『ファンシー・タッチ』
1992年10月、『It's my party』(バウ)
1993年2月、『メランコリック・ジゴロ -あぶない相続人-』レジーナ/『ラ・ノーバ』
1993年8月、『ベイシティ・ブルース』グロリア/『イッツ・ア・ラブ・ストーリー』
1993年10月、『ワン・タッチ・オブ・ヴィーナス』(東京特別・バウ)サリー
1994年3月、『ブラック・ジャック 危険な賭け』ベリンダ/『火の鳥』
1994年5月、『たけくらべ』(東京特別・名古屋特別)大巻
1994年9月、『冬の嵐、ペテルブルグに死す』アンナ・フェドトヴナ伯爵夫人/『ハイパー・ステージ!』
1995年1月、『哀しみのコルドバ』リサ/『メガ・ヴィジョン -はてしなき幻想-』
1995年2月、『LAST DANCE』(バウ・東京特別)マダム・サティ
1995年4月、『エデンの東』ケイト/『ダンディズム!』
1995年9月、『チャンピオン! -蘇る伝説-』(バウ)ヴィクトリア・カザレス
1996年6月、『ハウ・トゥー・サクシード -努力しないで出世する方法-』ミス・ジョーンズ
1996年12月、『RYOMA -硬派・坂本竜馬!Ⅱ-』(シアタードラマシティ)お登勢
1997年2月、『失われた楽園 -ハリウッド・バビロン-』マーガレット・ロス/『サザンクロス・レビュー』 *退団公演
1997年4月、『君に恋してラビリンス!』(バウ)アンナ

宝塚退団後の主な出演作
舞台
『カンパニー -結婚しない男-』(1999年)
『スタート!』(2001年)


スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。