宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



神奈美帆かんなみほ

本名:鈴木 康江<すずき・やすえ>
元宝塚歌劇団雪組娘役トップスターで現在は主婦。
大阪府吹田市出身
身長161センチ
血液型B型
宝塚時代の愛称はやっちゃん

略歴
1981年4月 大阪府立北千里高等学校一年修了時宝塚音楽学校受験・合格。
1983年3月 同校を卒業。
69期生として宝塚歌劇団に入団。
月組公演『春の踊り/ムーンライト・ロマンス』で初舞台を踏む。
同期に麻路さき・久世星佳・高嶺ふぶき・出雲綾・若央りさ・美月ノア・海峡ひろき・ちあきしんなど。
同年、花組に配属。
1985年4月 雪組に異動。
トップ昇格する平みちの相手役に抜擢される。
新人公演においてトップ娘役の役を演じる経験がないまま、入団3年目でのトップ娘役就任は黒木瞳につぐ(当時)スピード出世であった。
1985年7月『愛のカレードスコープ/アンド・ナウ』でトップ就任。
1988年7月 退団を発表。
11月 『たまゆらの記/ダイナモ!』の東京公演で退団。



主な舞台歴
1983年
『春の踊り-南蛮花更紗-/ムーンライト・ロマンス』(初舞台)
『紅葉愁情/メイフラワー』新人公演:ジュリー(本役:ひびき美都)
1984年
『琥珀色の雨にぬれて/ジュテーム』新人公演:ジュヌヴィエーヴ(本役:梢真奈美)
『名探偵はひとりぼっち/ラ・ラ・フローラ』新人公演:キャロライン(本役:秋篠美帆)
1985年
『愛あれば命は永遠に』
『愛のカレードスコープ/アンド・ナウ!』(トップお披露目)
『はばたけ黄金の翼よ/フル・ビート』(地方公演)
1986年
『ショーボート』(バウホール)
『大江山花伝/スカイ・ハイ・スカイ』
『三つのワルツ』
1987年
『宝塚をどり賛歌/サマルカンドの赤いばら』
『梨花 王城に舞う/ザ・レビュースコープ』
1988年
『風と共に去りぬ』
『レッドヘッド』(バウホール)
『たまゆらの記/ダイナモ!』(退団公演)

高校時代
大阪府立北千里高等学校1年生在学中から、その卓越した歌唱力は秀でており、音楽の授業のみならず、教室でもその美声を披露することもよくあった。
北千里高等学校は宝塚音楽学校合格と同時に退学する。

退団後
退団後、婚家の計らいで高校卒業資格を取得後、短期大学へ進学・卒業。
「小林一三の名言『タカラジェンヌは良妻賢母たれ』の言葉どおりの女性でありたい」と、結婚し完全引退した。出産後は家庭に専念していた。
しかし、ここ数年は、稀にだがOGイベント出演・TAKARAZUKA SKY STAGEをはじめとする衛星放送等の宝塚歌劇関連番組・宝塚歌劇団関連の刊行物へのインタビューに応じるなどしている。



スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。