宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



英真 なおきえま なおき

宝塚歌劇団・星組の組長(男役)
兵庫県宝塚市出身
身長165cm
血液型O型
愛称じゅんこ(本名より)

略歴
1982年、花組『春の踊り』『アルカディアよ永遠に』で初舞台
入団時の成績は4番。68期生。
同期生に元雪組トップ男役・一路真輝(俳優・内野聖陽夫人)
元宙組組長・大峯麻友、タレントのあさなぎりん(宝塚時代の芸名は朝凪鈴)らがいる。
1982年、星組に配属。
1991年、宝塚歌劇団年度賞 努力賞 受賞
1996年、星組副組長に就任。組長は夏美よう。
2000年、星組組長に就任。副組長は万里柚美。

人物像
研一(入団一年目)で星組に配属以降組替えがない。
元星組トップ娘役の白城あやかと誕生日・血液型が同じ。
『タカラヅカMOOK タカラヅカIII 星組特集』では組内投票で「ゲラNo.1」「ネアカNo.1」「涙もろいNo.1」という項目でランクイン。
笑わせることも好きで、星組の宴会芸集団、英真・エージェンシーの初代社長である。
初代社長 英真なおき
2代目 稔幸
3代目 にしき愛
4代目 美々杏里&舞路はるか
現在は涼紫央が社長。

主な出演舞台作品
稔幸トップ時代
WEST SIDE STORY(1999):シュランク刑事役

香寿たつきトップ時代
花の業平—忍の乱れ—(2001):藤原良相役(右大臣、良房の弟)
夢は世界を翔けめぐる(2001)
ベルサイユのばら2001~オスカルとアンドレ編~(2001):プロバンス伯爵役(ルイ16世の弟)
風と共に去りぬ(2001):マミー役(スカーレットの乳母)
花吹雪 恋吹雪(2001):杉谷善次役(延暦寺の僧侶、元伊賀忍者)
サザンクロス・レビューII (2001)
プラハの春(2002) シュテンツェル役(カレル大学言語学講師)
LUCKY STAR! (2002)
中国公演 蝶・恋/サザンクロス・レビュー・イン・チャイナ(2002)
ガラスの風景(2002):スペンサー・シモンズ役(実業家、ヒロイン・ローラの父)
バビロン—浮遊する摩天楼—(2002)
恋天狗(2003):竹庵役(医者)
おーい春風さん(2003):親方/虚無僧役
湖月わたるトップ時代 [編集]
蝶・恋(ディエ・リエン)—燃え尽きるとも—(2003):良清役(ヒロイン霧音の伯父)
サザンクロス・レビューIII (2003)
王家に捧ぐ歌—オペラ「アイーダ」より—(2003):ネセル役(エジプトの神官)
巌流—散りゆきし花の舞—(2004):鐘巻自斎役(小次郎の育ての親、兵法者)
1914/愛(2004):アナトール役(伯爵家の執事長)
タカラヅカ絢爛—灼熱のカリビアン・ナイト—(2004)
花舞う長安—玄宗と楊貴妃—(2004):仙人役(玄宗皇帝のお付の道士)
ロマンチカ宝塚’04 —ドルチェ・ヴィータ!—(2006)
王家に捧ぐ歌—オペラ「アイーダ」より—(2005):ネセル役(エジプトの神官)
長崎しぐれ坂(2006):水牛役(唐人屋敷内の居酒屋の亭主)
ソウル・オブ・シバ!—夢のシューズを履いた舞神—(2006)
韓国公演 ベルサイユのばら/ソウル・オブ・シバ!(2005)
ベルサイユのばら—フェルゼンとマリー・アントワネット編—(2006):フランス国王ルイ16世役
COPACABANA(2006):グラディス・マーフィー役(元コパガールのたばこ売り)
愛するには短すぎる(2006):エドワード・スノードン役(愛人を連れて乗船した事業家)
ネオ・ダンディズム—男の美学—(2006)

安蘭けいトップ時代
Hallelujah GOGO!(2007年)
さくら/シークレット・ハンター(2007年)
エル・アルコン-鷹-(2007年)グレゴリー(ティリアンが船にしかけた偽親書ではめられ殺害される豪商)・サンタクルス(スペインの海軍提督)役
レビューオルキス-蘭の星-(2007年)
赤と黒(2008年)
THE SCARLET PIMPERNEL(2008年):サン・シール侯爵役、プリンス・オブ・ウェールズ役
My dear New Orleans -愛する我が街-(2009年):エマ役
ア ビヤント(2009年):シェリール役

柚希礼音トップ時代
太王四神記(2009年):ヒョンゴ(コムル村の村長)/ソスリム王(ヤン王の兄)
ハプスブルクの宝剣(2010年):モシェ・ロートシルト(エリヤーフーの父)
全国ツアー公演「激情 -ホセとカルメン-/BOLERO -ある愛-」(2010年):ダンカイレ
梅田芸術劇場、博多座公演「ロミオとジュリエット」(2010年):ロレンス神父
宝塚花の踊り絵巻-秋の踊り-/愛と青春の旅だち(2010年):バイロン(ザックの父)


スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。