宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



一路 真輝いちろ まき

愛知県名古屋市出身の女優で元宝塚歌劇団雪組トップスター
所属事務所は東宝芸能
宝塚時代の愛称はイチロ、いっちゃん
本名:内野いづみ(旧姓:石川)
生年月日:1965年1月9日
血液型:B
活動内容
1982年:宝塚歌劇団入団、雪組配属
1993年:雪組トップスター就任
1996年:宝塚歌劇団退団、以降舞台で活躍
2006年:結婚・出産のため芸能活動を休止
2010年:コンサートで舞台
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

来歴・人物
宝塚時代 
名古屋市に四人兄弟の第二子として出生(ほかには兄と弟と妹がいる)。
家族は両親と祖母。
1980年、名古屋市立猪高中学校卒業後、宝塚音楽学校入学。
1982年、宝塚歌劇団に入団。
「春の踊り」で初舞台を踏む。68期生。
男役として雪組に配属となる。
芸名の由来は『真実一路』から。
入団当初の芸名は一路万輝。

同期生には初代宙組組長(1998年~2002年)の大峯麻友
星組組長の英真なおき
タレントのあさなぎりん(在団時の芸名は朝凪鈴)など。
音楽学校卒業公演でソロをつとめた歌唱力で早くから注目された。
また娘役としても違和感のない容姿だったことから、当時の雪組トップスター・麻実れいの退団公演「はばたけ黄金の翼よ」(1985年)ではヒロイン・クラリーチェに抜擢された。

娘役として大成できると評判だったが、引き続き男役として経験を積み、麻実の後継として平みちがトップスターとなると男役3番手になる。
しかしその後、実父の不祥事に加え、1987年の病気休演(「宝塚をどり讃歌/サマルカンドの赤いばら」の大劇場公演中自然気胸で入院したため東京公演を休演、その後同年の「梨花王城に舞う/ザ・レビュースコープ」で復帰)など順風満帆とは言えない時期もあったが、努力で実力をつけ、スター路線から脱落することはなかった。
なおこの時期に一路万輝から一路真輝へ改名する。
平の退団後のトップ杜けあきの時代(1989年~1992年)には男役2番手となった。
杜の退団後、1993年「天国と地獄/TAKE OFF」で待望の雪組男役トップスターに就任(相手役は紫とも)。
「雪之丞変化」より相手役に花總まりを迎える。

1996年、「エリザベート」を置き土産に退団。
サヨナラ公演では「男役の限界も越えていく」と評された歌唱力でオーストリア皇妃エリザベートと禁じられた恋に落ちる難役・トートを演じた。
当初評判は今ひとつであったが、公演回数と共に観客の心をつかみ、最終的には(もともと退団公演で入手困難だった)チケットがより入手困難となるなど、その後の「エリザベート」人気の礎を築いた。
またこの作品は女性を中心にハプスブルク帝国ブームを起こし、オーストリア・ウィーンへの観光客増加も惹起するほどのフィーバー振りだった。

宝塚退団後
退団後は「王様と私」「南太平洋」等の名作ミュージカルで主演するほか、ディナーショー・レコードのリリース・テレビドラマと幅広く活躍した。
1998年4月ウイーン・アン・デア・ウイーン劇場にてトートとして歌い、ウイーンの観客の喝采を浴びる。
同年、ローリー・シュトラウスの白血病基金「メロディとメモリー」でニューヨークの舞台でも歌唱。
また、「エリザベート」エリザベート役を長期にわたって演じた。
これは、宝塚時代と合わせ男女の主役を双方を演じた、極めて珍しいケースになる。
2006年5月、エリザベートの相手役だった内野聖陽と婚約を発表。
同7月に一路が妊娠していたことが判明したため、7月末入籍し、8月に公表。
同年10月に女児を出産した。
当初2008年度にも芸能活動再開の予定であったが、2007年契約先・東宝芸能を通し「育児・家庭生活(の徹底)を優先させるため、女優業を無期限付の長期休業する」旨が発表される。
これに伴い事務所公認の公式FCも解散された。
2010年3月5日、6日に開催される「with songs by live @ クリエ」(東京・日比谷シアタークリエ)で約4年ぶりに復帰、2010年12月から上演される「アンナ・カレーニナ」にて本格的に舞台復帰を果たす。

在団中の舞台
新人公演
1983年 『うたかたの恋』ジャン(本役・平みち)
『ブルー・ジャスミン』カシム王子(本役・麻実れい)
1984年 『風と共に去りぬ』アシュレ(本役・平みち)
『千太郎纏しぐれ』卯之吉(本役・平みち)
1985年 『はばたけ黄金の翼よ』ドルチェS(本役・麻実れい)
『愛のカレードスコープ』ビクトール(本役・平みち)
1986年 『大江山花伝』茨木童子(本役・平みち)
『三つのワルツ』ルドルフほか(本役・平みち)
1987年 『サマルカンドの赤いばら』ハッサン(本役・平みち)
1988年 『風と共に去りぬ』レット・バトラー(本役・平みち、杜けあき)
『たまゆらの記』安宿王(本役・平みち)

本公演(宝塚大劇場公演)
1982年3月~5月 『春の踊り』(初舞台)
5月~6月 『ジャワの踊り子』
11月~12月 『パリ変奏曲』『ゴールデン・ドリーム』
1983年5月~6月 『うたかたの恋』『グラン・エレガンス』
8月~9月 『ブルー・ジャスミン』『ハッピーエンド物語』
1984年3月~5月 『風と共に去りぬ』
9月~11月 『千太郎纏しぐれ』『フル・ビート』
1985年1月~2月 『花夢幻』『はばたけ黄金の翼よ』クラリーチェ・デル・カンポ
6月~8月 『愛のカレードスコープ』ジム。『アンド・ナウ!』シンガー、ブルースの少年ほか
1986年2月~3月 『大江山花伝』坂田公時。『スカイ・ハイ・スカイ』プリンセスバードほか
8月~9月 『三つのワルツ』
1987年3月~5月 『宝塚をどり讃歌』『サマルカンドの赤いばら』羊飼いの王子
9月~11月 『梨花、王城に舞う』『ザ・レビュースコープ』
1988年1月~2月 『風と共に去りぬ』スカーレットII
7月~8月 『たまゆらの記』藤原槇人。『ダイナモ!』
1989年2月~3月 『ムッシュ・ド・巴里』ロベール / アンリ。『ラ・パッション!』妖精の王子ほか
8月~9月 『ベルサイユのばら-アンドレとオスカル編-』オスカル
同年『ベルサイユのばら』星組公演へ特別出演
1990年1月~2月 『天守に花匂い立つ』加納小次郎清高。『ブライト・ディライト・タイム』ギャングほか
6月~8月 『黄昏色のハーフムーン』ピート。『パラダイス・トロピカーナ』花の精Sほか
1991年2月~3月 『花扇抄』公達Sほか。『恋さわぎ』三郎丸。『スイート・タイフーン』バードの男ほか
8月~9月 『華麗なるギャツビー』ニック・キャラウェイ。『ラバーズ・コンチェルト』警備員ほか
1992年3月~5月 『この恋は雲の涯まで』藤原忠衡 / 張栄勲
10月~11月『忠臣蔵〜花に散り雪に散り〜』浅野内匠頭 / 岡野金衛門
1993年1月~2月 『宝寿頌』。『PARFUM DE PARIS』歌う蝶の男、パリジャンほか(星組特別出演)
5月~6月『天国と地獄』ロバート / オッフェンバック。『TAKE OFF』コマンドゥSほか
10月~12月『ブルボンの封印』ジェームズ / ルイ14世。『コート・ダジュール』フィリップ
1994年5月~6月 『風と共に去りぬ』スカーレット・オハラ
11月~12月『雪之丞変化』中村雪之丞。『サジタリウス』アルビレオ、星人男Sほか
1995年5月~6月 『JFK』ジョン・F・ケネディ。『バロック千一夜』ライヤー、テオほか
11月~12月『あかねさす紫の花』大海人皇子。『マ・ベル・エトワール』リチャード、トキオほか
1996年2月~3月 『エリザベート』トート

バウ・その他公演
1985年2月 『フロムハート物語』(宝塚バウホール公演)
8月~9月 『黒いチューリップ』(宝塚バウホール公演)コルネリウス・ファン・ド・ベルル
1986年1月 『ショー・ボート』(宝塚バウホール公演)フランク・シュルツ
10月~11月 『恋のチェッカー・フラッグ』(宝塚バウホール公演)ハリー・カーン
1988年2月~3月 『レッド・ヘッド』(宝塚バウホール公演)ジョージ・パペット
9月 『大江山花伝』『ザ・レビュースコープ』(地方公演)
12月 『ツーロンの薔薇』(宝塚バウホール公演)フィリップ・ジャルダン
1989年1月 『ツーロンの薔薇』(宝塚バウホール公演)フィリップ・ジャルダン
『シャンテ・シャンテ・シャンテ』ゲスト出演
1991年4月~5月 『微笑みの国』(宝塚バウホール公演)スー・ホン王子
1992年12月 『ジャンプ・フォー・ジョイ』(シアタードラマシティ公演)
1994年1月 『二人だけの戦場』(シアタードラマシティ公演)ティエリー・シンクレア
1995年1月 『アリア-夢唄』(シアタードラマシティ公演)
※その他、在団中に、花王 ビオレ・クレンジングフォーム(1990年)のCMに出演したことがある。



女優としての活動
舞台
ニューイヤーポップス'99 ニューヨークポップスオーケストラ
I's first
I's second
One Road
王様と私
南太平洋
エリザベート(東宝版・エリザベート役)
キス・ミー・ケイト
イーストウィックの魔女たち
娘よ
モーツァルト!
DIVA2001
DIVA2004
MITSUKO(ハイライト)
アンナ・カレーニナ
リタルダンド (2011年7月出演予定)
女たちの忠臣蔵 (2012年) *予定
テレビドラマ
番茶も出花(TBS)
渡る世間は鬼ばかり(TBS)
毛利元就(NHK大河ドラマ) - 雪の方 役
Over Time-オーバー・タイム(フジテレビ)
警部補・佃次郎9(日本テレビ)
娘よ(TBS)
ゆうれい貸します(NHK金曜時代劇)
科捜研の女(テレビ朝日)
君が人生の時(TBS)
スチュワーデス刑事(フジテレビ)
親子弁護士の探偵帖3(TBS)
弁護士・七尾響子(テレビ朝日)
50億を相続する女(テレビ朝日)
ラジオ
NISSAY 一路真輝の小さな物語(TOKYO FM)
NISSAY 一路真輝のALL TIME HITS(TOKYO FM)
CD
シングル
「雨上がりの星空」
「DOOR」
「さくら」
「月の詠唱(アリア)」
アルバム
「Angel Voice 一路真輝の世界」(1996年)
「I's」
「最後のダンス」
「A Dream of Aria」
「My Faborite 2001」
「王様と私」ライヴ
「南太平洋」ライヴ
「エリザベート」スタジオ録音版
「エリザベート」ライヴ(2001年版)
「エリザベート」ハイライト(2004年版)
「モーツァルト!」(ハイライト)
「アンナ・カレーニナ」スタジオ録音版
DVD
「DIVA2001」
「DIVA2004」
「アンナ・カレーニナ」
受賞歴
1996年 菊田一夫演劇賞受賞
1998年 第6回「橋田賞新人賞」受賞
2004年 読売演劇大賞「女優賞」受賞





スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。