宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



峰丘 奈知みねおか なち

元宝塚歌劇団・花組の娘役。
山梨県中巨摩郡
山梨英和高校出身
身長160cm
愛称は「しいちゃん」



来歴
1978年、66期生として宝塚音楽学校に入学。
1980年、宝塚歌劇団に入団。
「フェスタ・フェスタ」で初舞台。のちに花組に配属される。
同期生には、安寿ミラ(元花組トップスター)
こだま愛(元月組トップ娘役)、梢真奈美、毬谷友子、洲悠花などがいる
1981年、『エストレリータ』にて新人公演初ヒロインに抜擢される。
1982年、『イブにスローダンスを』でバウホール公演初ヒロインに抜擢される。
1992年12月、『心の旅路』『ファンシー・タッチ』の千秋楽付けをもって、宝塚歌劇団を退団。

主な舞台歴
1981年2月、『恋の特ダネ』(バウ)ジャネット
1981年5月、『ミステリー・ラブ』(バウ)パミラ
1981年10月、『エストリレータ』新人公演:シェイラ(本役:若葉ひろみ)/『ジュエリー・メルヘン』 *新人公演初ヒロイン
1982年1月、『ボン・ボヤージュ!』(バウ)新人公演:ドロシー(本役:若葉ひろみ) *新人公演ヒロイン
1982年3月、『春の踊り』/『アルカディアよ永遠に』新人公演:王女サラ(本役:姿晴香)
1982年6月、『イブにスローダンスを』(バウ)キャサリン、ジョアンナ *バウホール公演初ヒロイン
1982年8月、『夜明けの序曲』新人公演:貞(本役:若葉ひろみ) *新人公演ヒロイン
1983年2月、『霧深きエルベのほとり』ベティ、新人公演:シュザンヌ(本役:ひびき美都)/『オペラ・トロピカル』
1983年4月、『ヴェニス、獅子たちの夢』(バウ)ジュリアーナ
1983年8月、『マイ・シャイニング・アワー』(バウ)
1984年2月、『琥珀色の雨にぬれて』マオ/『ジュテーム』
1985年3月、『愛あれば命は永遠に』新人公演:ジョルジュ嬢(本役:美野真奈)
1985年6月、『ジャパン・ファンタジー』/『ドリームズ・オブ・タカラヅカ』(第5回ハワイ公演)
1985年9月、『テンダー・グリーン』ファー、新人公演:エイブル(本役:美野真奈)/『アンドロジェニー』
1986年1月、『微風のマドリガル』アンゼリカ、新人公演:ドンニャ・ルクレシア(本役:美野真奈)『メモリアール・ド・パリ』
1986年6月、『真紅なる海に祈りを』オプチーナ、新人公演:チャーミアン(本役:ひびき美都)/『ヒーローズ』
1987年2月、『遥かなる旅路の果てに』アネット/『ショー・アップ・ショー』
1987年4月、『ドリームズ・オブ・ドリームズ』(バウ)
1987年8月、『あの日薔薇一輪』シンディ/『ザ・レビュースコープ』
1987年10月、『琥珀色の雨にぬれて』エヴァ/『ヒーローズ』(全国ツアー)
1988年2月、『ベルベット・カラー』(バウ)ナナ
1988年3月、『キス・ミー・ケイト』ドロシー
1988年5月、『タイム・アダージオ』(バウ・東京特別)アンナ・マリア
1988年9月、『宝塚をどり讃歌'88』/『フォーエバー!タカラヅカ』エトワール
1988年11月、『第5回バウホール・コンサート ソング&ポートレイト』(バウ)
1989年1月、『会議は踊る』エヴァ・コナルスキー伯爵夫人/『ザ・ゲーム』
1989年6月、『ロマノフの宝石』マリア/『ジダン・デ・ジタン』
1989年10月、『TAKARAZUKA』(『宝塚をどり讃歌』/『フォーエバー!タカラヅカ』)(ニューヨーク公演)
1990年2月、『ロマノフの宝石』マリア/『ジダン・デ・ジタン』(中日劇場)
1990年3月、『ベルサイユのばら - フェルゼン編 - 』ロザリー
1990年9月、『秋…冬への前奏曲』ララ・アンデルセン/『ザ・ショーケース』
1991年1月、『春の風を君に…』金蓮/『ザ・フラッシュ』エトワール
1991年6月、『ヴェネチアの紋章』レミーネ/『ジャンクション24』
1991年9月、『ベルサイユのばら - フェルゼン編 - 』(全国ツアー)ロザリー
1992年2月、『白扇花集』/『スパルタカス』ベラ
1992年8月、『心の旅路』エルシィ/『ファンシー・タッチ』エトワール 退団公演
1992年10月、『フラワー・ドラム・ソング』(バウ)リンダ・ロウ 



スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。