宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



洲 悠花しま ゆうか

本名:松本 純子(まつもと じゅんこ )
元宝塚歌劇団星組娘役スター
現在は主婦
大阪府堺市出身
公称身長160cm
帝塚山学院卒業
血液型A型
愛称はじゅんべ

略歴
1980年宝塚歌劇団入団。
初舞台は『恋の冒険者たち/フェスタ・フェスタ』66期生
同期生に安寿ミラ、こだま愛、毬谷友子、梢真奈美、花愛望都、峰丘奈知、千珠晄など。
宝塚歌劇団では2年先輩にあたる愛川麻貴は、帝塚山学院の同期生。

星組本公演のエトワールの座を出雲綾、美々杏里と競い、日向薫がトップスターの時代から重要な役で星組を支えた。
また、後任の紫苑ゆうがトップスターに就任すると、娘役トップスター白城あやかに匹敵する「別格娘役」のポジションにつき、『白夜伝説』のシルビア、『うたかたの恋』のステファニー皇太子妃など個性的な役で活躍した。また、新宝塚大劇場杮落し公演の「PARFUM DE PARIS」にも出演した。
1994年、宝塚大劇場公演『若き日の唄は忘れじ/ジャンプ・オリエント!』にて退団。

本来は宝塚大劇場公演『うたかたの恋/パパラギ』で結婚退団予定であったが、怪我で大劇場公演を休演した紫苑ゆうの復帰を待ち延期、次回作『若き日の唄は忘れじ/ジャンプ・オリエント!』大劇場公演で退団した
さよならショーでは紫苑とデュエットダンスを踊った。



主な舞台歴
1983年
『オルフェウスの窓』アルラウネ(新人公演 本役:桐生のぼる)
『アルジェの男/ザ・ストーム』エリザベート(新人公演 本役:南風まい)
1984年
『祝いまんだら/プラス・ワン』プリンセス(新人公演 本役:南風まい)
『我が愛は山の彼方に/ラブ・エキスプレス』ジェリメ(新人公演 本役:南風まい)
1985年
『哀しみのコルドバ/ルミエール』アンフェリータ(新人公演 本役:南風まい)
『西海に花散れど』小雪(新人公演 本役:湖条れいか)
1986年
『レビュー交響楽』オードリー(新人公演 本役:湖条れいか)
1987年
『紫子/ジュビリー・タイム』宮乃
『別離の肖像』グレタ
1988年
『炎のボレロ』ミランダ
『戦争と平和』アンナ・シュレール
1989年
『誓いの首飾り』(バウホール)マーリャ・ニコラーイヴナ
NY公演参加
『ベルサイユのばら』(東京公演)ロザリー
『シャンテ・シャンテ・シャンテ』(バウホール)
1990年
『メイフラワー/宝塚レビュー'90』イザベラ・ランドール
『アポロンの迷宮/ジーザス・ディアマンテ~夢の王の夢~』イヴェット・ルノー/エトワール
『シティライト・メロディ』(バウホール)ポーラ・カレン
1991年
『恋人たちの肖像/ナルシス・ノアール』イルマ・シュターレイ夫人
『紫禁城の落日』柳場俊子
『グランサッソの百合』(バウホール)ステラ・オルテペロ
1992年
『FANTASTIC “N”』(バウホール)
『白夜伝説/ワンナイト・ミラージュ』シルビア
1993年
『うたかたの恋/パパラギ』ステファニー皇太子妃
『ライト&シャドウ』(バウホール)セシル
1994年
『若き日の唄は忘れじ/ジャンプ・オリエント!』留伊/春の女神


スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。