宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



郷真由加ごうまゆか

本名:才田 富二子(さいだ ふじこ)
元宝塚歌劇団の月組男役スターで、現在は女優。
広島県福山市出身。
出身校福山暁の星女子高校。
宝塚時代の愛称サイコ(本名の姓に由来)。
宝塚時代の公称身長164cm。

来歴・人物
1976年、宝塚音楽学校に入学。
1978年同校卒業後、64期生として宝塚歌劇団に入団。
月組公演『祭りファンタジー/マイ・ラッキー・チャンス』で初舞台を踏む。
同期に女優の秋篠美帆、幸和希、仁科有理、ひびき美都
歌劇団振付家の御織ゆみ乃、元星組男役トップで現音楽学校講師の紫苑ゆうらがいる。
1979年、月組に配属。
1982年、「愛限りなく/情熱のバルセロナ」新人公演で初主演(本役:大地真央)を果たす。

トップスター大地真央退団後、新トップスター剣幸に次ぐ2番手格して桐さと実・涼風真世としのぎを削るが涼風真世が正式2番手に就任後は自らは実力派男役として月組を支えた。
1988年、月組本公演「南の哀愁/ビバ!シバ!」を経て宝塚バウホール公演「サウンド・オブ・ミュージック」を最後に、春風ひとみと共に退団した。

退団後舞台・OGイベントを中心に芸能活動本格進出
一時期芸名を郷まゆかとしていた時期もあったが上記芸名に戻し芸能活動を続ける。

主な舞台歴(宝塚時代)
『スリナガルの黒水仙』 新人公演ヒロイン (本役・五條愛川、1980年)
『愛限りなく/情熱のバルセロナ』 新人公演主演 (本役・大地真央、1982年)
『春の踊り/ムーンライト・ロマンス』 新人公演主演 (本役・大地真央、1983年)
『野菊の詩』<宝塚バウホール>初主演 (1983年)
『ガイズ&ドールズ』 新人公演主演 (本役・大地真央、1984年)
『ハッピー・エンジェル』<宝塚バウホール>桐さと実・涼風真世とトリプル主演 (1985年)
『ロータスの伝説』<宝塚バウホール>主演 (1986年)
『ミー・アンド・マイガール』 ※ジョン卿役(1987年)
『南の哀愁/ビバ! シバ!』 (1988年)
『サウンド・オブ・ミュージック』※トラップ大佐役<宝塚バウホール> (1988年)



スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。