宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



幸 和希こう かずき

本名:冨吉 和恵(とみよし かずえ)
元宝塚歌劇団の花組男役スターで、現在は女優
旧芸名は、柊和希(ひいらぎ かずき)
大阪府茨木市出身
出身校茨木市立南中学
宝塚時代の愛称は「かずき、かっちゃん」
公称身長164cm
血液型B型

来歴・人物
1976年中学校を卒業後、宝塚音楽学校に入学。
1978年同校卒業後、64期生として宝塚歌劇団に入団。
月組公演『祭りファンタジー/マイ・ラッキー・チャンス』で初舞台を踏む。
1979年、月組に配属、1982年、花組へ組換え。
同期に秋篠美帆、郷真由加、仁科有理、ひびき美都、御織ゆみ乃、福麻むつ美(旧・翼悠貴)
元星組男役トップで現音楽学校講師の紫苑ゆうらがいる。
若手男役スターとして、主にトップスター高汐巴時代の花組を盛り上げた。
ユニークな文才の持ち主で、歌劇団発行の月刊誌「歌劇」「宝塚グラフ」に連載を持っていた。
1988年に退団後は、テレビドラマで越路吹雪の役を演じるなど、女優に転身した。
現在は主に舞台女優として活躍中。

主な舞台歴(宝塚時代)
月組時代
1980年1月、『アンジェリク』新人公演:アルベール(本役:正規煌<現・麻咲梨乃>)
1981年7月、『白鳥の道を越えて』第2回新人公演:ギスカール(本役:大地真央)
1982年2月、『あしびきの山の雫に』志貴皇子

花組時代
1982年9月、『夜明けの序曲』新人公演:高浪定二郎(本役:高汐巴)
1983年3月、『霧深きエルベのほとり』新人公演:フロリアン(本役:平みち)
1983年4月、『ヴェニス、獅子たちの夢』(バウ)エドモン・ガローネ
1983年10月、『メイフラワー』新人公演:ジャック・エバンス(本役:高汐巴)
1984年3月、『琥珀色の雨にぬれて』新人公演:クロード(本役:高汐巴)
1984年4月、『ロジャースビル物語』(バウ)マイケル
1984年8月、『名探偵はひとりぼっち』アール
1985年3月、『愛あれば命は永遠に』ウージェーヌ
1985年6月、『ジャパン・ファンタジー』/『ドリームズ・オブ・タカラヅカ』(第5回ハワイ公演)
1985年9月、『テンダー・グリーン』フェイズ
1986年1月、『微風のマドリガル』ロドリーゴ
1986年3月、『不思議なカーニバル』(バウ)ポール・バナー*バウホール公演初主演
1986年4月、『メモアール・ド・パリ』オレンジ泥棒(大劇場時:瀬川佳英)
1986年6月、『真紅なる海に祈りを』ベンテリアス
1987年1月、『タッチ・ミー』(バウ)
1987年2月、『遥かなる旅路の果てに』アンドレイ・シャムラーエフ
1987年3月、『第2回バウコンサート-スプリング!スプリング!スプリング!-』(バウ)
1987年8月、『あの日薔薇一輪』リチャード
1987年10月、『琥珀色の雨にぬれて』(地方)アルベール、『ヒーローズ』ジェフ(大劇場時:大浦みずき)
1987年12月、『あの日薔薇一輪』フランク(大劇場時:瀬川佳英)/『ザ・レヴュースコープ』歌舞の歌手(大劇場時:大浦みずき)
1988年3月、『キス・ミー・ケイト』ホーテンシオー*退団公演




スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。