宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



紫苑 ゆうしおん ゆう

本名:渡辺 奈津子(わたなべ なつこ)
兵庫県神戸市灘区出身
元宝塚歌劇団星組トップスター
現宝塚音楽学校講師
身長169センチ
血液型O型
宝塚時代の愛称はシメ
生年月日:1959年3月25日

来歴・人物
タクシードライバーの父と大のヅカファンだった母のもと一人っ子として出生。
高校時代、演劇部の先輩から借りた「ベルサイユのばら」を読み心酔、それがきっかけで宝塚に興味を持つようになる。
お芝居とクラシックバレエが好きでもっと勉強したくて」兵庫県立御影高等学校2学年を修了後、宝塚音楽学校受験・合格。
1978年、同校卒業後、64期生として宝塚歌劇団に入団。
月組公演『祭りファンタジー/マイ・ラッキー・チャンス』で初舞台を踏む。
同期に女優の秋篠美帆、郷真由加、幸和希、仁科有理、夢苑あやめ、ひびき美都、歌劇団振付家の御織ゆみ乃らがいる。

1979年、星組に配属。
(以降、退団まで星組のままで組替えは経験していない。)2期上の日向薫と共に正統派男役スターとして人気を集めた。
1982年、『エーゲ海のブルース』ダニエル役(本公演:瀬戸内美八)で新人公演初主演。
1985年、『カール・ハインリッヒの青春』でバウホール初主演。二番手時代から、ドラキュラ、オスカル等さまざまな役を演じた。
二番手娘役時代の毬藻えりとは芝居・ショーなどで組み、『蒼いくちづけ』『炎のボレロ』などで名コンビ振りを発揮した。
毬藻がトップ娘役に昇格後は、日向・毬藻・紫苑で三角関係の設定の芝居になることが多かった。

1992年、星組トップコンビ日向薫・毬藻えりの退団に伴い、白城あやかとコンビを組んで星組トップに。
『白夜伝説/ワンナイト・ミラージュ』でお披露目。
1993年、新築なった宝塚大劇場のこけら落し公演を任される。
しかし同年、主演する予定であった『うたかたの恋/パパラギ~極彩色のアリア』の稽古中にアキレス腱を断裂、左記の大劇場公演と秋の全国ツアー(『秋…冬への前奏曲~コマロフスキー伯爵編』)全日程の休演を余儀なくされた。
必死のリハビリで東京宝塚劇場公演では復帰、念願のオーストリア皇太子ルドルフを演じた。
1994年、宝塚歌劇80周年記念の年に、『カサノヴァ・夢のかたみ/ラ・カンタータ!』をもって退団。

千秋楽では「私は宝塚が大好きです。私は宝塚が死ぬほど好きです。私は宝塚を心から愛しています。この気持ちだけは誰にも負けません。どんな時でも、どんな目に遭っても、ただ大好きな宝塚に居る。それだけでいつも本当に幸せでした」とあいさつした。
退団後当初は紫苑本人たっての希望で老人福祉の仕事につき、阪神・淡路大震災などを挟み表舞台から遠ざかっていたが、程なく宝塚音楽学校よりオファーを受け同校演劇講師に就任、次世代のスターを育てている。



主な舞台歴
1978年
『祭りファンタジー/マイ・ラッキー・チャンス』<初舞台>
1980年
『三銃士』<宝塚テレビロマン> アトス
1981年
『小さな花がひらいた/ラ・ビ・アン・ローズ』 じっ平/新人公演:菊二(本役:大浦みずき/朝香じゅん)
『暁のロンバルディア―愛が甦るとき』<バウホール> シャノン
『海鳴りにもののふの詩が/クレッシェンド!』 新人公演:早瀬藤九郎(本役:峰さを理)
1982年
『ミル星人パピーの冒険/魅惑』 新人公演:ジェラール(本役:峰さを理)
『忘れじの歌』<バウホール>
『エーゲ海のブルース/ザ・ストーム』 フレデリク/新人公演:ダニエル(本役:瀬戸内美八) ※新人公演初主演
『心中・恋の大和路』<バウホール> 庄介
1983年
『こぶし咲く春/ラブ・コネクション』 桜井岩之助/新人公演:佐太郎(本役:瀬戸内美八)
『オルフェウスの窓』 ジェラール/新人公演:イザーク(本役:瀬戸内美八)
『アルジェの男/ザ・ストーム』<東京公演> フェリックス/新人公演:ジュリアン・クレール(本役:峰さを理)
1984年
『祝いまんだら/プラスワン』 サゴジョークJr. 他/新人公演:シンディオ 他(本役:峰さを理)
『我が愛は山の彼方に/ラブ・エキスプレス』 竜林/新人公演:朴秀民(本役:峰さを理) 
1985年
『哀しみのコルドバ/ルミエール』 フェリーペ・マルティン大尉 (新人公演:大輝ゆう)
『我が愛は山の彼方に/ラブ・エキスプレス』<地方公演> チャムガ
『西海に花散れど―平資盛日記抄/ザ・レビューⅢ―シャンテ・ダンセ・ダムール』 平忠房 (新人公演:燁明)
『カール・ハインリッヒの青春』<バウ主演> カール・ハインリッヒ (相手役:花愛望都) ※バウ初主演
1986年
『レビュー交響楽』 トニー・バーク (新人公演:愛甲充/英真なおき)
『愛のカンタータ―愛に生き、歌に生き』<バウホール> マリー・ローランサン 他
『華麗なるファンタジア/ブギ・ウギ・フォーリーズ』ジャン・ジャック伯爵 (新人公演:海峡ひろき)
1987年
『紫子/ジュビリー・タイム!』 金井定嗣 (新人公演:大輝ゆう)
『蒼いくちづけ―ドラキュラ伯爵の恋』<バウ主演>ドラキュラ伯爵 (相手役:毬藻えり)
『別離の肖像』 ヨルゲン・ペルソン 他 (新人公演:大輝ゆう)
1988年
『炎のボレロ/TOO HOT!』 ジェラール・クレマン大尉 (相手役:毬藻えり/新人公演:大輝ゆう)
『華麗なるファンタジア/タカラヅカ・フォーリーズ』<地方公演> マクシミリアン男爵
『戦争と平和』 ニコライ・ロストフ (相手役:毬藻えり/新人公演:大輝ゆう)
1989年
『春の踊り~恋の花歌舞伎~/ディガ・ディガ・ドゥ』 アーサー・キャメロ (役替公演:麻路さき/新人公演:大輝ゆう)
『誓いの首飾り』<バウ主演>ドミトリー・パーロイッチ・サーニン (相手役:青山雪菜・洲悠花)
『ベルサイユのばら・アンドレとオスカル編』<雪組公演特別出演> ハンス・アクセル・フォン・フェルゼン (相手役:仁科有理/新人公演:海峡ひろき)
『TAKARAZUKA(宝塚をどり賛歌/タカラヅカ・フォーエバー)』<ニューヨーク公演>
『シャンテ・シャンテ・シャンテ』<バウ月星合同公演>
1990年
『ベルサイユのばら・フェルゼンとマリーアントワネット編』<東京公演>オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェ (新人公演:大輝ゆう)
『ベルサイユのばら・フェルゼン編』<花組公演特別出演> オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェ (新人公演:汐風幸)
『メイフラワー/宝塚レビュー'90』 ロバート・トロンプ (新人公演:絵麻緒ゆう)
『シティライト・メロディ』<バウ主演> モーリス (相手役:洲悠花)
『アポロンの迷宮/ジーザス・ディアマンテ~夢の王の夢~』 マルセル・ド・モンテスキュー侯爵/夢の王 他 (新人公演:絵麻緒ゆう)
1991年
『恋人たちの肖像/ナルシス・ノアール』 クリストフ2世 (相手役:白城あやか/新人公演:神田智)
『グランサッソの百合』<バウ主演>アントニオ・ルチアーノ (相手役:白城あやか)
『紫禁城の落日』 愛新覚羅溥傑 (相手役:白城あやか/新人公演:絵麻緒ゆう)
1992年
『白夜伝説/ワンナイト・ミラージュ』<トップお披露目公演> オーディン (以降の相手役はすべて白城あやか/新人公演:絵麻緒ゆう)
1993年
『宝寿頌/PARFUM DE PARIS』<新宝塚大劇場こけら落とし公演> (新人公演:絵麻緒ゆう)
『うたかたの恋/パパラギ―極彩色のアリア』<東京公演>ルドルフ/パパラギ (新人公演:絵麻緒ゆう)
『ラ・トルメンタ~愛の嵐~』<バウ主演> ベルナルド・カルデナス
1994年
『若き日の唄は忘れじ/ジャンプ・オリエント!』 牧文四郎 (新人公演:湖月わたる/神田智)
『うたかたの恋/パパラギ―極彩色のアリア』<地方公演> ルドルフ/パパラギ
『カサノヴァ・夢のかたみ/ラ・カンタータ! 』<退団公演> ジャコモ・カサノヴァ (新人公演:湖月わたる)
『Shion~愛の祈り~』<バウリサイタル>シオン
※『カサノヴァ・夢のかたみ/ラ・カンタータ!』宝塚・東京公演それぞれの前楽と千秋楽の公演終了後に『紫苑ゆうサヨナラショー』が行われた。
黒きバラ(『ベルサイユのばら』より、フィナーレナンバーの再現。)
心はいつも(『パパラギ―極彩色のアリア』より、白城あやかとのデュエットダンスの再現。)
蒼いくちづけ/ノスフェラチュ(『蒼いくちづけ―ドラキュラ伯爵の恋』より、扮装・歌の再現。)
マラゲーニャ(『ラ・トルメンタ―愛の嵐』より、群舞の再現。)
≪主題歌メドレー≫
うたかたの恋(『うたかたの恋』より)
炎のボレロ・ジェラールとモニカのテーマ(『炎のボレロ』より)
もしかして恋(『誓いの首飾り』より)
風が運ぶ夢(『グランサッソの百合』より)
恋の笹舟(『若き日の唄は忘れじ』より)
愛の伝説(『白夜伝説』より)
光の中で【宝塚】(作詞:公文健、作曲:寺田瀧雄 紫苑の為に作られた楽曲。)
ラストソング【東京】(『Shion~愛の祈り~』より)

退団後
1999年12月4日、宝塚大劇場において阪神・淡路大震災のチャリティー公演として『紫苑ゆう First & Last リサイタル』を開催。
監修:岡田敬二/演出:石田昌也/音楽:吉崎憲治/振付:藍エリナ
共演:白城あやか
2000年からは、年に一度だけ開催される『再会』と銘打ったディナーショーを行なっている。
2003年10月10日、『吉崎憲治オリジナルコンサート TAKARAZUKA FOREVER』に出演。
2009年6月15日、『宝塚歌劇95周年記念・「歌劇」通巻1000号記念スペシャル「百年への道」』に出演。
2009年10月30日~11月3日、宝塚バウホールにおいて『再会』10周年を記念して『紫苑ゆうリサイタル True Love』を開催。
作・演出:谷正純/音楽:吉崎憲治/振付:御織ゆみ乃、安寿ミラ
共演:未央一/コーラス(録音):仙堂花歩、花城アリア、舞城のどか、姿樹えり緒
2010年7月23日、『没後10周年記念 寺田瀧雄メモリアルコンサート~歌い継がれて~』に出演。
2010年11月集英社より発売された『ベルサイユのばらカルタ』の読み札CDを担当。
2011年1~2月『TAKARAZUKA WAY TO 100th ANNIVERSARY DREAM TRAIL ~宝塚伝説~』にゲスト出演。
私生活では退団・音楽学校講師職就任を経て独身を通している。

テレビ出演
一枚の写真(1988年、フジテレビ)
クイズダービー(1990年、TBS)
料理天国(1992年、TBS)
象印クイズヒントでピント(テレビ朝日)
もっと過激にパラダイス(NHKBS2)
タカラヅカ花の指定席(関西テレビ)
ラジオ出演
オー!マイアイドル(ラジオ大阪)
ビバ!タカラジェンヌ(ラジオ関西)
今日は一日○○三昧「今日は一日“タカラヅカ”三昧」(2009年12月23日、NHK-FM)



スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。