宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



剣幸つるぎ みゆき

本名:赤田 明美(あかだ あけみ)
富山県富山市出身の女優
元宝塚歌劇団月組男役トップスター
出身校富山県立富山工業高等学校
公称身長165センチ
血液型O型
愛称ウタコ(口が大きいことから京唄子に由来)。
趣味は"ものを作ること全般"、特に編み物、料理。

来歴・人物
高校卒業を待ち宝塚音楽学校受験・合格、1974年宝塚歌劇団に入団。
60期生。『虞美人』で初舞台。
工業高校出身という異色の経歴で注目を集めた。
プロダンサーになりたくて、宝塚がどういうところかよく知らず受験した。」と本人は語っている。
芸名は出身地の富山県を代表する山のひとつである剱岳に由来。

同期に元女優の遥くらら(元星・雪娘役トップ)
大浦みずき(元花組男役トップ・2009年11月死去)、
専科の磯野千尋(元花組組長)がいる。月組に配属された。
公称身長のとおり小柄で(1985年以降就任の男役トップでは最も身長が低い)
さらに音楽学校には後ろから2番目の順位で合格という、初舞台当初は目立った存在ではなかったが『ベルばらⅢ』配役変更公演の小公子や『風と共に去りぬ』(初演)新人公演アシュレ役と役付きも着実にランクアップしやがて当時の男役トップにして副組長兼任だった榛名由梨主演『隼別王子の叛乱』で新人公演初主演。

大変な努力家かつ体格などのハンディもありステージに関しては一徹で厳格であったが、オフステージではファンのみならず多くの組子に親切で気遣いを欠かさなかったという(涼風真世、久世星佳、麻路さき、若央りさ、轟悠、真織由季、天海祐希など当時月組組子であったものの談話より)。
1985年、大地真央の後を受け月組のトップスターになる。
相手役には剣が実力を見込んで指名・就任したこだま愛が就き、トップ披露公演は『ときめきの花の伝説/ザ・スィング』。
以降1990年まで当時としては異例の長期である5年半もトップ男役を務めた。
1990年サヨナラ公演『川霧の橋/ル・ポアゾン』東京公演千秋楽付けをもちこだま共々退団。



在団中の舞台
※トップ就任前の代表作
情熱のバルセロナ - スタンダール原作小説『パルムの僧院』より、ラファエロ役
ガイズ&ドールズ - ブロードウェイミュージカル傑作、賭博師ネイサン役
二都物語 - チャールズ・ディケンズ原作の同名小説より,チャールズ・ダーネイことシャルル・ エブレモンド役
永遠物語 - 岩下俊作原作の小説『無法松の一生』より、吉岡敏雄(青年時代以降)役
夜霧のモンパルナス - 薄幸薄命の天才画家アメデオ・モディリアーニの生涯を描いた映画『モンパルナスの灯』のミュージカル化作品、モディリアーニ役(主演)※バウホール公演
南太平洋 - ジェームズ・A・ミッチェナーの小説「南太平洋物語」をリチャード・ロジャースがミュージカル化した傑作、エミール役(主演)※バウホール公演

※トップ時代の代表作
ときめきの花の伝説 - スタンダール原作小説『ヴァニナ・ヴァニニ』より
哀愁 - ロバート・E・シャーウッドの戯曲、ヴィヴィアン・リー主演で映画化されたことでも知られる名作
パリ、それは悲しみのソナタ - 宝塚歌劇団オリジナル作品(作・演出植田紳爾)
楓沙樹はこの作品を観劇して宝塚歌劇を志した。
ミー・アンド・マイガール - ロンドン・NYミュージカルの傑作。ビル役。
南の哀愁 - 内海重典作
心中・恋の大和路 - 近松門左衛門作「冥途の飛脚」より ※バウホール公演
恋と霧笛と銀時計 - 宝塚歌劇団オリジナル作品(作・演出大関弘政)
新源氏物語 - 田辺聖子原作の再演
天使の微笑・悪魔の涙 - ゲーテ原作小説『ファウスト』第一部より
大いなる遺産 - チャールズ・ディケンズ原作の同名小説より
川霧の橋 - 山本周五郎原作『柳橋物語』と『ひとでなし』より
ル・ポアゾン 愛の媚薬 
恋と十手と千両箱-ねずみ小僧異聞- - ねずみ小僧(銀次郎)役
退団後の出演作品

舞台・コンサート
1991年
「心を繋ぐ六ペンス」ヘレン(帝国劇場) 
サマーディナーショー
「カラミティ・ジェーン」カラミティ・ジェーン(博品館劇場 他)
「西遊記」三蔵法師(梅田コマ劇場)
クリスマスディナーショー
1992年
チャリティクルージング
「剣幸リサイタル~リトル・クッキー・ストーリー」(シアターアプル、テレピアホール、サンケイホール)
「ガリレオ物語」マリア・ジュリア(2役)(東京芸術劇場中ホール 他)
「ミスター・アーサー」リンダ(シアタードラマシティ杮落とし)
クリスマスディナーショー
1993年
「蜘蛛の巣」クラリサ(サンシャイン劇場)※菊田一夫演劇賞受賞
「ラヴ・レターズ」(パルコ劇場)
「ハイ・スピリッツ」マダム・アーカティ(東京、岐阜、富山、大阪)
チャリティディナーショーイングァム
「ウィアー・ザ・ワールド」(ロマン舎公演)
「ドンナ・ジョアンナ」ドンナ・ジョアンナ(アートスフィア)
クリスマスディナーショー
1994年
「羨ましい女たち」雨宮雪子(三越劇場)
「ラスト・チャンス・キャバレー」モーム・ビシュー(シアターコクーン)
「ヴェニスの商人」ポーシャ(サンシャイン劇場)
「お姉妹にならないお話」(ロマン舎公演)
「スサノオ」アマテラス(南座)
「ラヴ・レターズ」(再演)(パルコ劇場)
「魅惑の宵」ジュリー(銀座セゾン劇場)
クリスマスディナーショー
1995年
「ノーマル・ハート/ディスティニー・オブ・ミー」(朗読劇)
「異邦人」ウォルディーン(シアタードラマシティ)
ドラマチックジョイントコンサート
クリスマスディナーショー
1996年
「グッバイガール」ポーラ(パルコ劇場)
「剣幸ロマンチックショー スマイル!」(宝塚バウホール 他)
「サド侯爵夫人」サド侯爵夫人・ルネ(吹田メイシアター)
「紳士は金髪がお好き」ローレライ(博品館劇場)
クリスマスディナーショー
1997年
「リア王」リーガン(シアタードラマシティ 他)
グランカトル(かめありリリオホール)
「ドアをあけると…」ルーエラ(パルコ劇場)
「剣幸ドラマチックコンサートvol.1 ノーマ・ジーンとマリリン・モンロー」(博品館劇場)
坂本九トリビュートコンサート
「ジャン・コクトーの“声”」(六行会ホール)
「ピアニスト」クララ・シューマン(青山劇場 他)
クリスマスディナーショー
1998年
「グッバイガール(再演)」ポーラ(パルコ劇場)
「ノーマ・ジーンとマリリン・モンロー(再演)」(博品館劇場)
「陽ざかりの女たち」スザンヌ(新神戸オリエンタル劇場紀伊國屋ホール)
「うた会vol.1」(青山円形劇場 他)
クリスマスディナーショー
1999年
「花も嵐も」梢(帝国劇場、中日劇場)
「お気に召すまま」オーランドー/ウィリアム(博品館劇場)
「少年H」もと子(新国立劇場中劇場、シアタードラマシティ)
「剣幸プライベートアクトうた会vol.2おおきな木」(HEP HALL 他)
クリスマスディナーショー
2000年
「シラノ・ド・ベルジュラック」ロクサアヌ(紀伊國屋サザンシアター 他)
「剣幸ドラマチックコンサートvol.2 TWINS」(博品館劇場)
「剣幸プライベートアクトうた会vol.3 小さな旅立ち」(青山円形劇場 他)
クリスマスディナーショー
2001年
「40カラット」アンヌ(アートスフィア 他)
「スヌーピー!!! ザ・ミュージカル」ルーシー(横浜21世紀座)
浦辺日佐夫 夢と現 ダンスの世界
「宮部みゆきの世界」(朗読)(東京FMホール)
「うた会~アクト・歌・朗読でつづる空間ドラマvol.4 おもいだしてごらん」(博品館劇場)
2002年
「剣幸ドラマチックコンサートvol.2 TWINS」(再演)(博品館劇場)
「國語元年」秋山加津(紀伊國屋ホール)
「スヌーピー!!! ザ・ミュージカル」(再演)ルーシー(博品館劇場)
「女心は夢ごころ」お絹(名鉄ホール)
2003年
「うた会~アクト・歌・朗読でつづる空間ドラマvol.5 あなたと夜と音楽と?」(博品館劇場)
「兄おとうと」吉野玉乃(紀伊國屋ホール 他)
2004年
「うた会~アクト・歌・朗読でつづる空間ドラマvol.6 永遠に美しく?」(博品館劇場)
「曲がり角の向こうには」イヴ(新神戸オリエンタル劇場、紀伊國屋ホール)
「カーネギーの日本人」九条華子(東京芸術劇場中ホール)
「Dramatic Readingモノローグ」(横浜赤レンガ倉庫1号館)
2005年
剣幸ディナーコンサート
「國語元年」(再演)秋山加津(紀伊國屋ホール 他)
剣幸kohibumi concert
「サド侯爵夫人」モントルイユ夫人(東京国立博物館)
「劇的リーディング~生きもの編」(シアター1010)
2006年
「兄おとうと」(再演)吉野玉乃(紀伊國屋ホール 他)
「テネシー・ワルツ」美空ひばり(明治座 他)
「わが闘争」耀子(シアター・グリーン)
「トゥループレゼント」王妃(シアター・キャタック公演)
2007年
「カーネギーの日本人」(再演)九条華子※東京芸術劇場ミュージカル月間個人優秀賞受賞
「ハムレット」ガートルード(兵庫県立芸術文化センター中ホール)
「蝶々さん」コレル夫人 (シアター1010 他)
2008年
宝塚歌劇月組公演「ME AND MY GIRL」前夜祭(宝塚大劇場)
「剣幸kohibumi concert」(代々木上原ムジカーザ)
ブロードウェイミュージカルショー「SHOWTUNE」(天王洲銀河劇場、兵庫県立芸術文化センター中ホール)
2009年
「兄おとうと」(再々演)吉野玉乃(紀伊國屋サザンシアター 他)※
ミニミュージカル「隣人」(リーガロイヤルホテル東京、リーガロイヤルホテル大阪)
「kohibumi concert 2009」(兵庫県立芸術文化センター中ホール、シベールアリーナ)
「この森で、天使はバスを降りた」ハンナ(シアタークリエ)※読売演劇大賞優秀女優賞受賞
「モスラを待って」千影(ピッコロシアター大ホール、可児市文化創造センター小ホール、あうるすぽっと)
2010年
「ファニー・ガール」ブライス夫人(赤坂ACTシアター、梅田芸術劇場メインホール)
ドラマチックレビュー「ノーマ・ジーンとマリリン・モンロー」マリリン・モンロー(赤坂レッドシアター)
「kohibumi concert 2010」(兵庫県立芸術文化センター中ホール、代々木上原ムジカーザ)
「伯爵夫人の相続人」(リーガロイヤルホテル東京)
燐光群「現代能楽集チェーホフ」(池袋あうるすぽっと)
劇団NLT「テーブルに13人」マドレーヌ(博品館劇場)
「井上ひさし」追悼こまつ座第91回公演「水の手紙」「少年口伝隊」・ゲスト出演(紀伊國屋サザンシアター)(11月)
2011年
「蝶々さん」(再演)コレル夫人(シアター1010、八潮メセナ、藤沢市民会館 他)(2、3月)
「回転木馬」ネティ・ファウラー(オーバードホール)(3月)
小曽根真プロデュース「井上ひさしに捧ぐ」(Bunkamuraオーチャードホール)」(5月)
恋文コンサート2011「kohibumi in MUSICASA」(代々木上原ムジカーザ、兵庫県立芸術文化センター中ホール、富山市民プラザ)(6・8・11月予定)
オペレッタ「こうもり」イーダ(兵庫県立芸術文化センター大ホール)(7月予定)
「伯爵夫人の相続人」(再演)(リーガロイヤルホテル東京)(8月予定)
「イロアセル」(新国立劇場小劇場)(10月、11月予定)
2012年
「ハロー・ドーリー!」ドーリー(オーバードホール)(2月予定)
神戸飛翔 <はばたき>の坂(仮題)(兵庫県立芸術文化センター阪急 中ホール)(4月末~5月中旬の間に上演予定)

TV
フジテレビ「一枚の写真」(1987年)
テレビ朝日「暴れん坊将軍」第3シリーズ 第7話「運命のめぐりあい」(1988年)
テレビ朝日「はぐれ刑事純情派」(1991年)
日本テレビ 「長七郎江戸日記」第3シリーズ 第34話「艶姿、剣舞い」(1991年7月23日)
テレビ朝日 「名奉行 遠山の金さん」(1991年)
NHK トーキョー国盗り物語」レギュラー(1993年)
  〃  「ミュージカル ウエストエンド情報」リポーター (1993年)
TBS「追跡のオホーツク」徳田刑事シリーズ(1994年)
NTV 火曜サスペンス劇場「女監察医室生亜季子17・薬殺」(1994年)
KTV 「裸の大将」(1995年)
テレビ愛知「パパはエステティシャン」レギュラー(1998年)
NHK 「柳橋慕情」(2000年)
  〃  「世界で一番の春~カナダ・マドレーヌ島」リポーター(2000年)
NHK 「五瓣の椿」(2001年)
テレビ朝日土曜ワイド劇場「広域捜査官・楠錬三郎」(2003年)           
 〃    「牟田刑事官・事件ファイル」(2003年)
TBS月曜ドラマスペシャル 「検事・沢木正夫」(2003年)
テレビ朝日土曜ワイド劇場  「温泉マル秘大作戦」(2003年)
NHK朝の連続テレビ小説「わかば」(2004年)
TBS月曜ドラマスペシャル 「検事・沢木正夫2」(2005年)
東海テレビ「美しい罠」レギュラー (2006年)
東海テレビ「金色の翼」レギュラー (2007年)
TAKARAZUKA SKY STAGE「T-style#11」(2008年)
テレビ東京「逃亡者おりんスペシャル~紅蓮の巻」風月(2008年)
NHK 「ホリデーインタビュー」(2009年)
読売テレビ系「カミングアウトバラエティ!! 秘密のケンミンSHOW」(2009年)
読売テレビ系「カミングアウトバラエティ!! 秘密のケンミンSHOW」(2010年)
NHK総合「それいけ!民謡 うた祭り」(2011年)

エピソード
宝塚音楽学校の入学試験で特技をやってくださいと言われ、側転をやった。
音楽学校の入学式にギリギリで到着してしまい、案内された席に慌ててついたものの後ろから2番目(入学試験の順位でもある)でほとんど目立たなかったという。
下級生時代、幾度となく野川由美子と人違いされた。これには剣・野川両者の顔立ち・生活圏が関西地方にあったこと(剣=宝塚歌劇団所属、野川=夫が当時関西テレビ放送勤務だった)背景もあった。

大の魚嫌いで有名
一番嫌いなものはちりめんで「死骸の山」だと本人談。
また『心中・恋の大和路』で劇中タイのお頭つきが出てくるシーンについて、スタッフに頭をさげて小道具のタイを蒲鉾に変えてもらったといういきさつを持つ。
『心中~』初演(1979年、星組バウ公演)の際、梅川役を貰うも(横浜市出身ゆえ)関西弁の台詞に苦労していた同期・遥に関西弁の指導を買って出た。
「富山弁は関西弁とアクセント等が似通っていたのと、苦心する遥を見かねて"立候補"した」(剣本人談話)とのこと。

1988年、榛名の退団公演『戦争と平和』(星組・宝塚大劇場公演)でのサヨナラショーの際、女役の扮装をした剣が登場し榛名とデュエットダンスを踊る、という"サプライズ"があった。他組の現役男役トップが、しかも女役として特別出演という異例さとともに、永年月組の先輩後輩で新人公演で榛名の役をもらったりするなど大いに恩義があった榛名への剣からの"粋な恩返し"というべき逸話である。
2009年12月2日に行われた宝塚60期生同期であった大浦みずき(同年11月14日逝去)のお別れ会の弔辞は三浦朱門、阿川佐和子、植田紳爾、剣が担当した。



スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。