宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ




磯野 千尋いその ちひろ

宝塚歌劇団・専科に所属する男役。
元花組組長。
愛知県名古屋市、大阪府立桜塚高等学校出身。
愛称「ソルーナ」
弟は振付家の中尾謙之(なかお けんじ)

略歴
1974年、60期生として宝塚歌劇団に入団。
星・花組合同公演『清く正しく美しく/虞美人』で初舞台を踏む。
同期生に元花組トップスターの大浦みずき
女優で元月組トップスターの剣幸
元雪組トップ娘役で現在主婦の遥くらら、らがいる。
その後花組に配属される。
ダンスの得意な男役として、長く活躍。
1991年、花組副組長に就任。
1993年、専科に異動。1997年、花組に組長として組替え。
2000年、再び専科に異動。
現在は各組に特別出演し、幅広い役をこなせる高い演技力を持つ男役として活躍している。

主な出演作
花組所属時代
1976年8月、『うつしよ紅葉』/『ノバ・ボサ・ノバ』新人公演:ピエロ(本役:錦乃花代)
1978年2月、『風と共に去りぬ』新人公演:北軍の伍長(本役:央いおり)
1979年1月、『遥かなるドナウ』(新宿コマ劇場)新人公演:グスタフ大僧正(本役:麻月鞠緒)/ウェルナー(本役:清川はやみ)/『エコーズ』
1979年3月、『花影記』/『紅はこべ』新人公演:プリンス・オブ・ウェールズ(本役:麻月鞠緒)/ヘンスティングス(本役:室町あかね)
1979年5月、『ヴェロニック』(西武劇場)エドモン
1979年11月、『舞え舞え蝸牛』新人公演:弁少将藤原信綱(本役:但馬久美)/『ビューティフル・シティ』
1980年5月、『花小袖』新人公演:笛丸(本役:汐見里佳)/『プレンティフル・ジョイ』
1980年11月、『友よこの胸に熱き涙を』新人公演:オットー(本役:但馬久美)/『ザ・スピリット』
1981年8月、『YOU・ME』(バウ)
1983年8月、『マイ・シャイニング・アワー』(バウ)Mr.ペイ
1984年2月、『琥珀色の雨にぬれて』ピエール/『ジュテーム』
1984年8月、『名探偵はひとりぼっち』ブルームーン/『ラ・ラ・フローラ』
1985年6月、『ジャパン・ファンタジー』/『ドリームズ・オブ・タカラヅカ』(ハワイ)
1985年9月、『テンダー・グリーン』ソーリー/『アンドロジェニー』
1986年6月、『真紅なる海に祈りを』アグリッパ/『ヒーローズ』
1987年4月、『真紅なる海に祈りを』アグリッパ/『ヒーローズ』(全国ツアー)
1987年8月、『あの日薔薇一輪』ジョージ・サルート/『ザ・レビュースコープ』
1988年3月、『キス・ミー・ケイト』ラルフ
1988年9月、『宝塚をどり讃歌 88』/『フォーエバー!タカラヅカ』
1989年1月、『会議は踊る』フォン・シュリバー護衛長官/『ザ・ゲーム』
1989年2月、『硬派・坂本竜馬!』(バウ)近藤勇
1989年6月、『ロマノフの宝石』シュライバー/『ジダン・デ・ジタン』
1989年9月、『春ふたたび』/『ザ・レビュースコープ 89』(全国ツアー)佐衛門
1990年2月、『ロマノフの宝石』シュライバー/『ジダン・デ・ジタン』(中日劇場)
1990年3月、『ベルサイユのばら - フェルゼン編 - 』プロヴァンス伯爵
1990年5月、『美しき野獣』(バウ・東京特別・名古屋特別)トレーナー/指揮者
1990年9月、『秋…冬への前奏曲』アドロン/『ザ・ショーケース』
1991年1月、『春の風を君に…』遜/『ザ・フラッシュ』
1991年6月、『ヴェネチアの紋章』大使ピエトロ・ゼン/『ジャンクション24』
1991年9月、『ベルサイユのばら 』(全国ツアー)プロヴァンス伯爵
1992年1月、『ドニエプルの赤い罌栗』(バウ)シフ
1992年2月、『白扇花集』/『スパルタカス』ルベリウス
1992年4月、『小さな花がひらいた』大六/『ジャンクション24』(全国ツアー)
1993年2月、『メランコリック・ジゴロ』ベルチェ/『ラ・ノーバ』
1993年4月、『ル・グラン・モーヌ -失われし日々-』(バウ)ガナシュ
1993年8月、『ベイ・シティ・ブルース』キング・ハーヴェイ/『イッツ・ア・ラブストーリー』
1994年2月、『ベイ・シティ・ブルース』キング・ハーヴェイ/『イッツ・ア・ラブストーリー』(中日)

専科所属時代(第1期)
1994年11月、『燃える愛の翼 -ミ・アモール-』(星組・バウ、東京特別、名古屋特別)ガルデス
1995年3月、『国境のない地図』(星組)カウフマン
1996年3月、『HURROCANE』(花組・バウ、東京特別、名古屋特別)ドナルド
1996年12月、『RYOMA -硬派・坂本竜馬!Ⅱ-』(花組・ドラマシティ、東京特別)近藤勇、山内容堂
1997年9月、『Elegy 哀歌』(星組・バウ)グルマン王

花組組長時代
1998年2月、『ザッツ・レビュー』(中日)松方権之進
1998年3月、『ヴェロニック』(バウ、東京特別)ルストー
1998年8月、『SPEAKEASY』ウォーカー牧師/『スナイパー -恋の狙撃者-』(東宝)
1998年10月、『春ふたたび』左衛門/『サザンクロス・レビュー』(全国ツアー)
1999年1月、『夜明けの序曲』ジョージ・モルガン
1999年3月、『冬物語』(バウ)彦三郎
1999年6月、『ロミオとジュリエット 99』(バウ)キャピュレット
1999年8月、『タンゴ・アルゼンチーノ』ロベール/『ザ・レビュー 99』
2000年2月、『タンゴ・アルゼンチーノ』ロベール/『ザ・レビュー Ⅳ』(中日)
2000年4月、『源氏物語 あさきゆめみし』桐壺帝/『ザ・ビューティーズ!』
2000年9月、『トム・ジョーンズの華麗なる冒険』(バウ、東京特別)オールワジィ

専科所属時代(第2期)
2001年3月、『プロヴァンスの碧い空』(月組・東京特別)アレキサンドル・モォヴァル
2001年4月、『マノン』(花組・バウ、東京特別)オリベイラ伯爵
2001年10月、『血と砂』(月組・バウ、東京特別)ペスカデロ
2002年4月、『カステル・ミラージュ』(宙組・全国ツアー)アントニオ
2002年10月、『エリザベート』(花組)グリュンネ伯爵
2003年3月、『恋天狗』(雪組・バウ)庄屋
2003年6月、『アメリカン・パイ』(雪組・バウ、東京特別)マスター
2003年10月、『白昼の稲妻』(宙組)シモン
2004年4月、『愛しき人よ』(月組・バウ、東京特別)オリバー・ヒッツフェルト
2004年9月、『花供養』(雪組・日生劇場)公覚尼
2005年2月、『エリザベート』(月組)グリュンネ伯爵
2005年9月、『龍星』(星組・ドラマシティ、東京特別)李宰相
2006年2月、『想夫恋(そうふれん) -言の葉もなき、君の心-』(月組・バウ)藤原隆季
2006年3月、『NEVER SAY GOODBY -ある愛の軌跡-』(宙組)コマロフ
2006年12月、『ヘイズ・コード』(星組・ドラマシティ、東京特別)サミュエル・マカドゥ
2007年5月、『エリザベート』(雪組)ツェップス
2007年9月、『専科 エンカレッジコンサート』(バウ)
2007年10月、『シルバー・ローズ・クロニクル』(雪組・ドラマシティ、東京特別)テリー・モートン
2007年12月、『HOLLYWOOD LOVER』(月組・バウ、東京特別)ウォルター・ローガン
2008年3月、『赤と黒』(星組・ドラマシティ、東京特別、名古屋特別)ピラール校長
2008年9月、『グレート・ギャツビー』(月組・日生劇場)ジョージ・ウィルソン
2008年11月、『夢の浮橋』夕霧/『Apasionado!!』(月組)
2009年3月、『二人の貴公子』(月組・バウ)ペイリトオス
2009年6月、『太王四神記』(星組)ヨン・ガリョ
2009年11月、『カサブランカ』(宙組)フェラーリ
2010年3月、『Je Chante(ジュ シャント) -終わりなき喝采-』(宙組・バウ)アンリ・ヴァルナ
2010年10月、『愛と青春の旅だち』(星組)校長 
2011年3月、『記者と皇帝』(宙組・東京特別、バウ)ジョシュア・ノートン
2011年4月、『ニジンスキー〜奇跡の舞神〜』(バウ・東京特別)レオン・バクスト 


スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。