宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



宝塚退団後の出演
舞台
1986年
3月 「プリンセス・モリー」 - モリー・トビン(日生劇場)
4月 - 5月 「大地真央リサイタル」(東京パルコ劇場、大阪サンケイホール)
7月 「野田秀樹の十二夜」 - ヴァイオラ、セバスチャン(二役)(日生劇場)
1987年
3月 - 4月 「風と共に去りぬ」 - スカーレット(帝国劇場)
6月 - 7月 「大地真央リサイタル」(東京パルコ劇場、愛知文化講堂、大阪サンケイホール)
10月 「王子と踊り子」 - メアリー(青山劇場)
1988年
5月 - 6月 「羅因伝説」(新橋演舞場)
7月 - 8月 「大地真央リサイタル」(東京パルコ劇場、大阪サンケイホール、愛知厚生年金会館)
1989年
1月 - 2月 「カルメン」 - カルメン(青山劇場)
6月 「スーパーオペラ・海光」(横浜アリーナ)
8月 「エニシング・ゴーズ」 - リノ・スウィーニー(日生劇場)
10月 - 11月 「大地真央リサイタル」(東京パルコ劇場,大阪サンケイホール)
1990年
3月 - 4月 「マイ・フェア・レディ」 - イライザ(帝国劇場)(この公演のイライザ役に対し第十五回菊田一夫演劇賞を受賞)
7月 「エニシング・ゴーズ」(近鉄劇場)
10月 「20世紀号に乗って」(青山劇場)
1991年
7月 「エニシング・ゴーズ」(日生劇場)
8月 「エニシング・ゴーズ」(中日劇場)(この公演の演技に対し名古屋演劇ペンクラブ受賞)
11月 「大地真央リサイタル」(東京、大阪、神戸)
1992年
3月 - 4月 「サウンド・オブ・ミュージック」 - マリア(青山劇場)
9月 日中国交20周年記念公演「チンギス・ハーン わが剣熱砂を染めよ」(北京二十一世紀劇場)(特別出演)
1993年
4月 - 5月 「大地真央舞台生活20周年記念リサイタル」(東京パルコ劇場,大阪サンケイホール)
7月 「マイ・フェア・レディ」(劇場飛天)
11月 「レディ・ビー・グッド!」 - スージー(青山劇場)
1994年
9月 「マイ・フェア・レディ」(帝国劇場)
11月 「恋らんまん」 - 千姫(新橋演舞場)
1995年
4月 「サウンド・オブ・ミュージック」(帝国劇場)
5月 「サウンド・オブ・ミュージック」(中日劇場)
8月 「サウンド・オブ・ミュージック」(劇場飛天)
10月 「アイリーン」 - アイリーン(日生劇場)
1996年
2月 - 4月 「スカーレット」- スカーレット(帝国劇場)(風と共に去りぬの続編の舞台化)
10月 「エニシング・ゴーズ」(青山劇場)
11月 - 12月 全国12ヵ所コンサート「voyage」
1997年
4月 「マイ・フェア・レディ」(帝国劇場)
5月 「マイ・フェア・レディ」(劇場飛天)
9月 - 10月 「クレオパトラ」 - クレオパトラ(日生劇場)
11月 「クレオパトラ」(大阪松竹座)
1998年
3月 - 4月 「サウンド・オブ・ミュージック」(日生劇場)
5月 「アイリーン」(日生劇場)
6月 - 7月 25thリサイタル「Mindage」(名古屋,大阪,東京)
10月 「ローマの休日」 - アン王女(青山劇場)
11月 「ローマの休日」(劇場 飛天)(この公演の演技に対し平成10年度文化庁芸術祭賞の大賞を受賞。第二十四回菊田一夫演劇大賞受賞)
1999年
2月 - 3月 「マイ・フェア・レディ」(帝国劇場)
5月 「ローマの休日」(中日劇場)
7月 「ローマの休日」(博多座)
10月 - 11月 青山劇場 「カルメン」(青山劇場)
12月 - 1月 グランドショー「MAny moons agO」(大阪、福岡、山梨、東京)
2000年
3月 - 4月 「ローマの休日」(帝国劇場)
6月 「ミツコ」クーデンホーフ・ミツコ(新橋演舞場)
8月 「サウンド・オブ・ミュージック」(梅田コマ劇場)
11月 「ワンス・アポン・ア・マットレス」 - ウィニフレッド姫(青山劇場)
12月 大地真央グランドショー「MAny moons agO II」(梅田コマ劇場)
この年に上演した「ローマの休日」「ミツコ」「ワンス・アポン・ア・マットレス」の演技に対し第22回松尾芸能賞・演劇優秀賞を受賞
2001年
1月 大地真央グランドショー「MAny moons agO II」(東京国際フォーラム)
3月 「カルメン」(中日劇場)
7月 - 8月 「風と共に去りぬ」-スカーレット(帝国劇場)(東宝ミュージカル版)
10月 「カルメン」(梅田コマ劇場)
12月 大地真央グランドショー「MAny moons agO III」(梅田コマ劇場)
2002年
1月 大地真央グランドショー「MAny moons agO III」(東京国際フォーラム)
3月 「パナマ・ハッティー」 - ハッティー(帝国劇場)
5月 「マイ・フェア・レディ」(中日劇場)
7月 「マイ・フェア・レディ」(博多座)
10月 「椿姫」 - マルグリット(新橋演舞場)
12月 「風と共に去りぬ」(梅田コマ劇場)
2003年
1月 「風と共に去りぬ」(梅田コマ劇場)
4月 「風と共に去りぬ」(中日劇場)
5月 「風と共に去りぬ」(帝国劇場)
10月 - 11月 「十二夜」 - ヴァイオラ(帝国劇場)
2004年
2月 「椿姫」(松竹座)
5月 「サウンド・オブ・ミュージック」(博多座)
8月 「マイ・フェア・レディ」(梅田コマ劇場)
11月 「マリー・アントワネット」 - マリー・アントワネット(新橋演舞場)(マリー・アントワネットは別作品)
2005年
4月 「トスカ」 - フロリア・トスカ(草月ホール)(同名オペラの原作の戯曲)
4月 「トスカ」(シアタードラマシティ)
5月 「トスカ」(りゅーとぴあ)
8月 「大地真央コンサート2005 Proof of Brightness」(紀尾井ホール)
8月 「大地真央コンサート2005 Proof of Brightness」(いずみホール)
11月 「マイ・フェア・レディ」(帝国劇場)
12月 X'mas ディナーショー(全国4ヶ所)
2006年
5月 「マリー・アントワネット」(松竹座)
8月 「十二夜」(中日劇場)
9月 「十二夜」(波切ホール)
10月 「風と共に去りぬ」(博多座)
12月 「紫式部ものがたり」(日生劇場) - 紫式部、光源氏(二役)
2007年
4月 - 7月 「マイ・フェア・レディ」(全国ツアー)
11月 「女ねずみ小僧」(明治座)
2008年
3月 「紫式部物語」(松竹座)
8月 「紫式部物語」(大阪松竹座)
11月 - 12月 「月の輝く夜に」(ル・テアトル銀座他、神戸、名古屋、岸和田、広島)
2009年
4月 「マイ・フェア・レディ」(帝国劇場)
2010年
9月 「ヘッダ・ガーブレル」(新国立劇場 小ホール)
10月 「マイ・フェア・レディ」(博多座、中日劇場、JBCホール)
2011年
5月 「ガブリエル・シャネル」(日生劇場)

テレビドラマ
池中玄太80キロ 第2シリーズ 第13話 「数字で決めるな!」(1981年6月27日、日本テレビ系)
武蔵坊弁慶(1986年)巴御前役
大河ドラマ「武田信玄」(1988年)里美役
土曜ワイド劇場「花嫁の鮮やかな完全犯罪」(1993年1月23日、テレビ朝日系)
世にも奇妙な物語春の特別編「ある朝パニック」(1994年3月30日、フジテレビ系)
金曜エンタテイメント春の特別企画第三弾「ざけんなヨ!!6・家を買ってみたものの」(1994年4月15日、フジテレビ系)
竜馬がゆく(1997年)坂本乙女役
古畑任三郎 第31話「アリバイの死角」(1999年5月4日、フジテレビ系)犯人・金森晴子役
愛の家〜泣き虫サトと7人の子〜(2003年)五十嵐サト役
大河ドラマ「功名が辻」(2006年)市役
土曜ワイド劇場「犯罪被害者相談室〜癒やしの事件簿〜」(2007年3月31日、朝日放送系)藤井若葉役
MR.BRAIN(2009年)佐々未春役
金曜プレステージ特別企画「刑事・鳴沢了2〜偽りの聖母〜(2011年5月20日、フジテレビ系)小山内清美役
バラエティ番組 [編集]
キミハ・ブレイク 世界の恐怖映像50連発 2009!(2009年1月13日、TBS)チュートリアルとともに司会を務めた
DON!(2010年3月30日 - 2011年3月25日、日本テレビ)火曜日レギュラー
他多数

ドキュメンタリー番組
いのちの響(TBS)

映画
エンジェル 僕の歌は君の歌(1992年) - 神係爽子
日本沈没(2006年) - 鷹森沙織
映画 クロサギ(2008年) - さくらママ(染谷綾子)

吹き替え
ナルニア国物語/第1章: ライオンと魔女(2006年) - 白い魔女
ナルニア国物語/第2章: カスピアン王子の角笛(2008年) - 白い魔女
ナルニア国物語/第3章: アスラン王と魔法の島(2011年) - 白い魔女

CM
宝酒造 紹興酒(1986年)「氷を浮かべて、上海ロック」が話題になる。
興和 アノンコーワ(1988年)
日本生命 女性向け保険CM・ナイスデイ(1988年)地方の理容店で働く女性という設定でCMに登場。
ステファニー化粧品 企業CM(2002年 - 2003年)現在CMは放送されていないが、今も同社のイメージキャラクターをつとめている。
キリンビバレッジ 上海冷茶(2004年)
近未來通信 adomo
サントリーフーズ BOSS・ファーストクラス(2009年)

CD(レコード
発売年月日 「タイトル」 レコ-ド会社
(アルバムの場合は収録曲名)
1975年3月 「悲しみのアイドル/私生活」 日本コロムビア
1975年10月 「みずうみ/最後のおねがい」 日本コロムビア
1977年1月 「霧のシベール」 日本コロムビア
1980年3月 「マイ・ジュエリー・ラブ/南風」 ビクター
1980年4月 アルバム「SHE'S A LADY」ビクター
マイ・ジュエリー・ラブ
ジュ・テーム
センチメンタル・アベニュー
そっとひととき
レディ・ペルシャ
シャドー・ゲーム
アプローズ
ラブ・イズ・イリュージョン
南風
クリスタル・レビュー
1980年10月 「ポートピア’81がやってくる」 ビクター
ポートピア’81音頭
1980年4月 アルバム「LOST LOVE」ビクター
あなたにはTeen-Age-Girl
Judy Judy Judy
To Know Him Is To Love
Baby It's You
Stand By Me
It's My Party
Love How You Love Me
I'm Sorry
Summer Kisses Winter
パーティーはおしまい
1982年3月 「またね/Strange Affair」 ビクター
1985年2月 アルバム「MAO 〜 Sing for You」ビクター
SING FOR YOU
ロマンス
SO NICE DAY
ゆるやかな愛が・・
YOU'RE SO SEXY
黒猫と私
アスファルトはフリー
漂流記
RIMBAUD (ランボウ)
SING FOR YOU ビクター
1985年2月 「NEXT DOOR / 海をみつめて / SO NICE DAY / アスファルトはフリー」ビクター
1988年6月21日 「蒼い地球の女/ワンダフルライフ」 ポニーキャニオン
1988年7月21日 アルバム「ラ・ドゥリオン」ポニーキャニオン
プロフィール
さっきまで愛していた
蒼い地球の女
真夜中のライオン
上海ミストレス
やりかけの恋
Farewell
1988年8月21日 「真夜中のライオン/ARIA」 ポニーキャニオン
1998年4月21日 「今宵満月/シングルモード」 日本コロムビア
1998年6月20日 アルバム「Mindage」日本コロムビア
今宵満月
リズム・イズム
女神の毒牙
Sentimental Love Song
星の器
ヒロインの条件
何だったの
暗くなるまでこの恋を
抱擁
ララバイ 日本コロムビア
2000年12月1日 「パートナーシップ / 失恋」 日本コロムビア
2003年4月23日 アルバム「Proof of Brightness」 ビクター
私のお気に入り
夜明けまで踊り明かそう
ファッシネイティング・リズム
エニシング・ゴーズ&あなたに夢中
オール・ザット・ジャズ
はじめての恋

ブエノスアイレス
ザ・パーフェクト・イヤー
リトゥン・イン・ザ・スターズ
孤独の森
シーズンズ・オブ・ラブ

~大地真央 宝塚時代の作品へ~
スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。