宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


山城はるかやましろはるか

本名:亀掛川智子(きけがわ・さとこ)
宝塚歌劇団卒業生(元雪組・星組男役スター)で現在振付家
東京都出身。 
愛称は「キケ」(本名の姓より)
在団中の公称身長165センチ
出身校は川村学園

略歴
1973年、初舞台。
同期生にいずれも女優の大地真央(1982年~1985年に月組トップスター、俳優・松平健元夫人)
平みち(1985年~1988年に雪組トップスター)
姿晴香(1982年~1983年に星組娘役トップスター)
ミュージカルスタジオ主宰の四季乃花恵(笹本玲奈の母)がいる。
現役ではいずれも専科所属で光あけみ
1993年~1996年に星組組長の一樹千尋
1991年~1996年に花組組長の未沙のえるがいる。

最初の配属は雪組。
新人公演では当時のトップスター汀夏子の役を演じるなど期待され、新人公演卒業後は汀・麻実れいトップのもと雪組をもりたてる男役の一人として活躍。
1982年に星組へ移動。瀬戸内美八、峰さを理に次ぐスターとして活躍し、瀬戸内退団後は星組2番手として活躍した。
1984年、「我が愛は山の彼方に」のチャムガ役を最後に2番手男役のまま退団。
退団後は講師などダンス指導者に転進、一時期ブティック店長や秘書となり芸能と距離を置いた生業についていた時期もあったが、再びダンス指導者に復帰、近年は日本テレビ,フジテレビの番組や劇団21世紀FOX公演の振付(2003年度公演)も行った。

出演作品
1973年 「花かげろう」(初舞台) 初舞台から1年間バンビーズのメンバーとして宝塚の番組に出演。
1975年 「ベルサイユのばら」(本公演)小公子(新人公演)オスカル
1978年 「風と共に去りぬ」(新人公演)スカーレット・オハラ
1978年 「あかねさす紫の花 」(本公演)大友皇子(新人公演・東京)中大兄皇子
1979年 「アップル・ツリー」(バウ公演)イブ
1981年 「彷徨のレクイエム」アレクセイ皇子
1982年 「ジャワの踊り子」私 ※この公演を最後に星組へ異動
1982年 「心中・恋の大和路」(バウホール再演)与平
1983年 「オルフェウスの窓 」モーリッツ・キッペンベルグ
1984年 「ラプソディー・イン・ブルー」(バウ公演)ポール ※バウホール公演初主演
1984年 「回転木馬」(バウ公演)ビリー
1984年 「我が愛は山の彼方に」チャムガ(退団)



スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。