宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ




高汐 巴たかしお ともえ

本名:嶋田 美子(しまだ よしこ)
女優、元宝塚歌劇団花組トップスター。
京都府京都市
成蹊学園出身血液型AB型。
愛称の「ペイ」は林家三平 (初代)のギャグよし子さんに由来。

略歴
1972年、58期生として宝塚歌劇団に入団。
雪組公演『かぐら/ザ・フラワー』で初舞台を踏む。
同期生に現専科の星原美沙緒、邦なつき、女優の寿ひずる、峰さを理、がいる。
8月、関西テレビ番組「ザ・タカラヅカ!」に出演するユニット「バンビーズ」の8期生に選ばれる。
同じく選ばれた峰、寿とともに、翌年3月までほぼ毎週テレビ出演する事となる。

1973年、星組に配属。峰、寿と同期生トリオとして使われ、注目を浴びる。
1975年、雪組に異動。
1978年、『ヴェロニック』でバウホール公演初主演を務める。
1979年、、『春風の招待』の新人公演で初主演を務める。
1980年、花組へ異動。松あきら、順みつきのダブルトップの下で活躍。
1982年、雪組へ異動。寿ひずると入れ替わる形で雪組2番手に昇進。
1983年、花組へ異動。順みつきの後を受け、『紅葉愁情/メイフラワー』にて花組トップスターに就任。
1987年、『あの日薔薇一輪/ザ・レビュースコープ』にて退団。
退団後も女優として舞台やライブなどで活動している。

宝塚歌劇団時代の主な舞台歴
星組所属時代
1974年6月、『清く正しく美しく』/『虞美人』新人公演:樊曾(本役:但馬久美)(東宝)
1974年7月、『アルジェの男』新人公演:ジャック(本役:但馬久美)/『ジュジュ -第7銀河系のメルヘン-』
1974年10月、『ブリガドーン』チャーリー・ダルリンプル[1]

雪組所属時代
1975年4月、『フィレンツェに燃える』新人公演:オテロ(本役:麻実れい)/『ザ・スター』
1975年9月、『ザ・タカラヅカ』(ヨーロッパ公演)
1976年6月、『星影の人』高木剛、新人公演:土方歳三(本役:麻実れい)/『Non, Non, No』
1977年2月、『鶯歌春』遼国武将チャガタイ、王鳳陽(本役:麻実れい)/『マンハッタン・ラブ』
1977年7月、『あかねさす紫の花』矢坂部連倉目、新人公演:中大兄皇子(本役:麻実れい)/『ザ・レビュー』
1978年1月、『風と共に去りぬ』新人公演:レッド・バトラー(本役:麻実れい)
1978年6月、『丘の上のジョニー』新人公演:兄アラン(本役:麻実れい)/『センセーション!』
1978年8月、『ヴェロニック』(バウ)フロレスタン *バウホール初主演
1978年10月、『いのちある限り』(バウ)松嶋竜之助
1979年1月、『春風の招待』新人公演:ギスターブ、ジョルジュ(本役:汀夏子)/『ハロー!ホリデー』 *新人公演初主演
1979年8月、『朝霧に消えた人』 堀部安兵衛、新人公演:立花尚二郎(本役:汀夏子)/『オールマン・リバー』
1980年2月、『去りゆきし君がために』カルロス

花組所属時代
1980年9月、『アナトール』(バウ)警察官
1980年11月、『友よこの胸に熱き涙を』アラン/『ザ・スピリット』
1981年2月、『恋の特ダネ』(バウ)ロバート *バウホール主演
1981年5月、『ミステリー・ラブ』(バウ)フリー *バウホール主演
1981年10月、『エストリレータ』マルコ/『ジュエリー・メルヘン』
1982年1月、『ボン・ボヤージュ』(バウ)ビリー *バウホール主演
1982年3月、『春の踊り』/『アルカディアよ永遠に』エミリオ
1982年6月、『エストリレータ』マルコ/『ファースト・ラブ』(全国ツアー)
1982年8月、『夜明けの序曲』高浪定二郎

雪組2番手時代
1982年11月、『パリ変奏曲』ポール・ベルモント/『ゴールデン・ドリーム』
1983年2月、『ジャワの踊り子』(中日)オースマン

花組2番手時代
1983年5月、『霧深きエルベのほとり』フロリアン・ザイデル/『オペラ・トロピカル』(全国ツアー)
1983年8月、『マイ・シャイニング・アワー』(バウ) *バウホール主演

花組トップスター時代
1983年9月、『紅葉愁情』狩野菊信/『メイフラワー』ジャック・エバンス
1984年2月、『琥珀色の雨にぬれて』クロード・ドゥ・ベルナール公爵/『ジュテーム』
1984年4月、『朱に恋うる調べ』菊信/『メイフラワー』ジャック・エバンス(全国ツアー)
1984年8月、『名探偵はひとりぼっち』ディビッド・パーサー/『ラ・ラ・フローラ』
1985年3月、『愛あれば命は永遠に』ナポレオン・ボナパルト
1985年6月、『ジャパン・ファンタジー』/『ドリームズ・オブ・タカラヅカ』(ハワイ公演)
1985年9月、『テンダー・グリーン』ソーン/『アンドロジェニー』
1986年1月、『微風のマドリガル』ミゲル・コスタ/『メモリアール・ド・パリ』
1986年6月、『真紅なる海に祈りを』マーク・アントニー/『ヒーローズ』
1986年9月、『微風のマドリガル』ミゲル・コスタ/『メモリアール・ド・パリ』(全国ツアー)
1987年1月、『タッチ・ミー』(バウ・東京特別)
1987年2月、『遥かなる旅路の果てに』ビクトール・カールロビッチ・サビーニン/『ショー・アップ・ショー』
1987年4月、『真紅なる海に祈りを』マーク・アントニー/『ヒーローズ』(全国ツアー)
1987年8月、『あの日薔薇一輪』ロベール・グランジェ/『ザ・レビュースコープ』 *退団公演
1987年10月、『琥珀色の雨にぬれて』クロード・ドゥ・ベルナール公爵/『ヒーローズ』(全国ツアー)

主なテレビ出演
徹子の部屋(テレビ朝日)
一枚の写真(フジテレビ)


スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。