宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ




峰さを理みね さをり

元宝塚歌劇団星組男役トップスターで、女優。
愛称はミネちゃん。
福井県敦賀市出身
出身校福井県立敦賀高等学校
公称身長169センチ
血液型B型。

略歴
敦賀市のかまぼこ店の娘として生まれる。
1970年、宝塚音楽学校に入学。
1972年、58期生として宝塚歌劇団に入団。
雪組公演『かぐら/ザ・フラワー』で初舞台を踏む。
同期生に現専科の星原美沙緒、邦なつき、女優の寿ひずる、高汐巴がいる。

8月、関西テレビ番組「ザ・タカラヅカ!」に出演するユニット「バンビーズ」の8期生に選ばれる。
同じく選ばれた寿、高汐とともに、翌年3月までほぼ毎週テレビ出演する事となる。
1973年、星組に配属。寿、高汐と同期生トリオとして使われ、注目を浴びる。
9月、『この恋は雲の涯まで』新人公演で主役、源義経を演じる。研2(入団2年目)での新人公演主演は(当時の)新記録だった。
その後も新人公演の主役を、多数勤める。
1983年、瀬戸内美八の後任として、東京公演『アルジェの男/ザ・ストーム』にて星組トップスターに就任。
姿晴香が1作のみ相手役をつとめた。
1984年、南風まいが相手役に。この年後半には湖条れいかも相手役に就任し、異例のダブル娘役トップ体制になる。
1987年、『別離の肖像』にて退団。
退団後は女優として・日本舞踊家「西崎峰」として舞台活動を続けるほか、宝塚歌劇団で日本ものの振付も手がけ後輩たちを熱く指導している。

舞台
星組トップスター時代
『祝いまんだら/プラス・ワン』(1984年)
『我が愛は山の彼方に/ラブ・エキスプレス』(1984年)
『哀しみのコルドバ/ルミエール』(1985年)
『西海に花散れど/ザ・レビューⅢ-シャンテ・ダンセ・ダムール-』(1985年)
『レビュー交響曲』(1986年)
『愛のカンタータ』(1986年)(バウホール公演)
『華麗なるファンタジア/ブギ・ウギ・フォーリーズ』(1986年)
『紫子/ジュビリー・タイム』(1987年)
『別離の肖像』(1987年)
『WHATS THE TITLE…! 』(1987年)(バウホール公演)

主なテレビ出演
『今夜は最高!』(日本テレビ)
『ライオンのごきげんよう』(フジテレビ)
『一枚の写真』(フジテレビ)



スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。