宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



鳳城 ひろきほうじょうひろき

兵庫県宝塚市出身の女優、地方議会議員である。
本名、山本 敬子。
旧姓、酒井。
同期生には、北原千琴や大久保利通の孫の大久保佳子らがいる。

略歴
1969年 - 松蔭高等学校卒業後、宝塚音楽学校に入学する。
1971年4月 - 宝塚歌劇団入団し初舞台を踏む。57期生。
1972年4月 - 雪組に配属。男役として活躍する。
1972年6月 - 「星の降る街」(アリの街のマリア)オーディションによる新人公演で、トップスター郷ちぐさの三等天使を演じる。
1973年2月 - 「愛のラプソディー」で、一年上の麻実れい、麻里央さちと共にジャンボトリオとして新人での活躍。
1975年9月~1976年1月迄 - 旧ソビエト・パリの長期海外公演に最下級生として参加。
1976年6月 - 「星影の人」新人公演で、土方歳三(本役:麻実れい)を演じる。
1977年2月 - 中国物「鶯歌春」新人公演で、主役趙永徳(本役:汀夏子)を演じる。
1977年7月 - 「あかねさす紫の花」で、本公演の有間皇子、新人公演の大海人皇子(本役:汀夏子)を演じる。
1978年8月 - バウホールでのフランス人演出家によるオペレッタ「ヴェロニック」続演でコクナール(本役:みさとけい)を演じる。
1978年10月 - バウホール『いのちある限り』続演で主役の新次郎(星組:鳳蘭)を演じる。
2007年4月 - 兵庫県議会議員の秘書を経て、統一地方選挙に於いて当選し、宝塚市議会議員となる。



スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。