宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ




汝鳥 伶なとり れい


宝塚歌劇団・専科に所属する男役。元月組組長。
大阪府、府立吹田高等学校出身。
愛称は「ユウ」

略歴
1971年、57期生として宝塚歌劇団に入団。
花組公演『花は散る散る/ジョイ!』で初舞台を踏む。
同期生に元花組娘役トップスターの北原千琴、専科の京三紗、演出家の謝珠栄(芸名は隼あみり)がいる。
当初の芸名は「汝鳥玲」だった。
1972年、月組に配属。男役として活躍する。
1986年に月組副組長に就任。
1990年には月組組長に就任。
1993年に専科に異動するも、1996年に再び月組組長に就任。
同じ組の組長を2回務めたのは、汝鳥と打吹美砂(元花組組長)だけである。
1997年、再び専科に異動。
現在は各組に特別出演し、ベテラン男役として活躍している。

主な舞台歴
月組所属時代(第1期)
1974年8月、『秋扇抄』/『ベルサイユのばら』新人公演:メルシー伯爵(本役:美山しぐれ)
1975年1月、『春鴬囀』新人公演:老爺友次郎(本役:美山しぐれ)/『ラビング・ユー』
1975年3月、『春の宝塚踊り』/『ラ・ムール・ア・パリ』新人公演:クロード(本役:岬ありさ)
1975年10月、『愛こそわがいのち』新人公演:ラモール公爵(本役:美吉佐久子)、ピラール校長(本役:美山しぐれ)/『イマージュ』
1976年5月、『スパーク&スパーク』/『長靴をはいた猫』新人公演:オノール大王(本役:清川はやみ)
1976年11月、『紙すき恋歌』/『バレンシアの熱い花』新人公演:レオン将軍(本役:水代玉藻)
1977年3月、『風と共に去りぬ』新人公演:ミード博士(本役:大路三千緒)
1977年9月、『わが愛しのマリアンヌ』新人公演:アルバゴン(本役:美吉佐久子)/『ボーイ・ミーツ・ガール』
1978年6月、『風と共に去りぬ』(全国ツアー)ミード博士
1979年4月、『ロミオとジュリエット』(バウ)キャピュレット
1979年6月、『春愁の記』新人公演:法師(本役:水代玉藻)/『ラ・ベルたからづか』
1979年9月、『恋とかもめと六文銭』(バウ)鶴見屋利左衛門
1980年1月、『アンジェリク』クロード・ル・プチ、新人公演:コンテ侯爵(本役:大路三千緒)/『仮面舞踏会』
1980年6月、『スリナガルの黒水仙』ゴーラム/『クラシカル・メニュー』
1981年1月、『ジャンピング!』/『新源氏物語』左大臣
1981年2月、『ディーン』(バウ・東京特別)ジョージ・スティーヴンス
1981年6月、『白鳥の道を越えて』ジョルジョ/『ザ・ビッグ・アップル』
1982年2月、『あしびきの山の雫に』雄君/『ジョリー・シャポー』
1982年3月、『永遠物語』(バウ)熊吉
1982年5月、『白鳥の道を越えて』ロドリーゴ/『ザ・ビッグ・アップル』(全国ツアー)
1982年8月、『シブーレット』(バウ)パングレおばさん
1982年10月、『愛限りなく』/『情熱のバルセロナ』エドワルド大公
1983年3月、『春の踊り』/『ムーンライト・ロマンス』シャルル
1983年6月、『南蛮花更紗』/『ムーンライト・ロマンス』シャルル(全国ツアー)
1983年11月、『翔んでアラビアンナイト』ラーベ、ハジム(2役)/『ハート・ジャック』
1984年1月、『夜霧のモンパルナス』(バウ)ルイ・リボード
1984年5月、『沈丁花の花道』前田甚内/『ザ・レビューⅡ』
1984年9月、『南太平洋』(バウ・全国ツアー)ブランケット大佐
1984年11月、『ガイズ&ドールズ』アーヴァイド・アバーナシー
1985年1月、『愛…ただ愛』(バウ)ルシアン・ループ
1985年5月、『二都物語』アレクサンドル・マネット/『ヒート・ウェーブ』
1985年9月、『スウィート・リトル・ロックンロール』(バウ)ミス・マクリーン
1985年11月、『ときめきの花の伝説』マンフィレーディ公爵/『ザ・スィング』
1986年1月、『夢の彼方に』(バウ)アンナ
1986年11月、『パリ、それは悲しみのソナタ』シュバルツ・ジョバンニ/『ラ・ノスタルジー』
1988年1月、『リラの壁の囚人たち』(バウ・東京特別・名古屋特別)レーモン・ルビック
1988年5月、『南の哀愁』オウラ/『ビバ!シバ!』
1988年11月、『恋と霧笛と銀時計』山川屋久兵衛/『レインボー・シャワー』
1989年1月、『心中・恋の大和路』(バウ)藤屋
1989年5月、『新源氏物語』左大臣/『ザ・ドリーマー』
1990年2月、『大いなる遺産』エイベル・マグウィチ/『ザ・モダーン』
1990年4月、『ロミオとジュリエット』(バウ)キャピュレット
1990年8月、『川霧の橋』源六/『ル・ポアゾン 愛の媚薬』
1990年10月、『天使の微笑み・悪魔の涙』ラインハルト学長/『レッド・ホット・ラブ』(全国ツアー)
1991年3月、『ベルサイユのばら -オスカル編-』ルイ16世
1991年5月、『紫陽の花しずく』(バウ)伊三
1991年9月、『銀の狼』バロー、ピエール(2役)/『ブレイク・ザ・ボーダー』
1992年1月、『珈琲カルナバル』ギリエール・モンテイロ伯爵/『夢・フラグランス』
1992年7月、『PUCK』サー・エドワード・グレイヴィル/『メモリーズ・オブ・ユー』
1993年4月、『グランドホテル』オッテルンシュラーグ/『BROADWAY BOYS』
1993年5月、『ロスト・エンジェル』(バウ)アルバート

専科所属時代(第1期)
1993年8月、『FILM MAKING』(星組:バウ・東京特別)オスカー・スポティスウッド
1993年11月、『夢の10セント銀貨』(月組:バウ・東京特別・名古屋特別)バート・グラン
1994年1月、『二人だけの戦場』(雪組:バウ・東京特別・名古屋特別)シュトロゼック
1994年6月、『エールの残照』(月組)ジョセフ
1995年6月、『エデンの東』(花組)アダム・トラクス
1996年2月、『ME AND MY GIRL』(月組:中日)ジョン・トレメイン卿
1996年10月、『アナジ』(雪組:バウ・東京特別)松浦隆信

月組所属時代(第2期)

1996年12月、『バロンの末裔』ジョージ/『グランド・ベルフォリー』
1997年6月、『EL DORADO』ロドーリゴ
1997年9月、『チェーザレ・ボルジア -野望の軌跡-』アレッサンドロ6世/『プレスティージュ』(全国ツアー)

専科所属時代(第2期)
1997年12月、『春櫻賦』(雪組)謝名利山
1998年6月、『心中・恋の大和路』(雪組:バウ・東京特別)藤屋
1998年7月、『永遠物語』(月組:バウ・東京特別)熊吉
1999年6月、『ロミオとジュリエット 99』(花組:バウ)ロレンス神父
1999年11月、『バッカスと呼ばれた男』(雪組)アトス
2000年4月、『ささら笹舟 -明智光秀の光と影-』(雪組:バウ)溝尾庄兵衛
2000年6月、『凱旋門』(雪組)シュナイダー
2001年1月、『花の業平 -忍ぶの乱れ-』(星組)藤原良房
2001年3月、『ベルサイユのばら2001 -オスカルとアンドレ編-』(星組)ジャルジェ将軍
2001年7月、『ミケランジェロ -神になろうとした男-』(花組)ユリウス2世
2002年4月、『風と共に去りぬ』(日生)ジェラルド・オハラ
2002年7月、『鳳凰伝 -カラフとトゥランドット-』(宙組)ティムール王
2002年8月、『専科エンカレッジ スペシャル』(バウ)
2003年1月、『春麗の淡き光に -朱天童子異聞-』(雪組)藤原兼家
2003年5月、『野風の笛』徳川家康/『レビュー誕生 -夢を創る仲間たち-』(花組)
2004年2月、『1914/愛』(星組)フレデ親父
2004年9月、『花供養』(雪組:日生)春日局
2005年1月、『くらわんか』(花組:バウ)甚兵衛
2005年4月、『さすらいの果てに』(雪組:バウ)ルイス・ブライトン、フレミング医師(2役)
2005年6月、『霧のミラノ』(雪組)マッシモ・バレッティ
2006年1月、『ベルサイユのばら -フェルゼンとマリー・アントワネット編-』(星組)ブイエ将軍
2006年6月、『やらずの雨』(雪組:バウ)甚兵衛
2006年8月、『UNDERSTUDY』(宙組:バウ)ケビン・ハサウェイ
2007年2月、『星影の人』(雪組:中日)近藤勇
2007年3月、『シークレット・ハンター』フランシス国王(星組)
2007年11月、『THE SECOND LIFE』(宙組:バウ)ドン・ヴィセント、神様(2役)
2008年2月、『黎明の風 -侍ジェントルマン 白洲次郎の挑戦- 』(宙組)吉田茂
2008年9月、『グレート・ギャツビー』(月組:日生)警視総監、ヘンリー・C・ギャッツ(2役)
2009年2月、『My dear New Orleans -愛する我が街-』(星組)スティーヴン牧師
2009年7月、『ロシアン・ブルー -魔女への鉄槌-』ミハイル・ゲロヴァニ/『RIO DE BRAVO!!』
2009年11月、『雪景色』(雪組:バウ・東京特別)甚兵衛、源助、門脇刑部太夫(3役)
2010年2月、『ソルフェリーノの夜明け』(雪組)ルニード・ベネディック
2010年9月、『ジプシー男爵 -Der Zigeuner Baron-』(月組)ジュパン
2011年2月、『メイちゃんの執事 -私(わたくし)の命に代えてお守りします-』(星組:バウ・東京特別)本郷金太郎
2011年7月、『ハウ・トゥー・サクシード -努力しないで出世する方法-』(雪組:梅田芸術劇場)




スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。