宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



小柳 ルミ子こやなぎるみこ

出生名:小柳 留美子
別名:rumico
ルミちゃん
出生:1952年7月2日
学歴:宝塚音楽学校
出身地:日本 福岡県福岡市早良区
ジャンル:歌謡曲
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

来歴
筑紫女学園中学校卒業後、宝塚音楽学校に入学。
以後の2年間は朝9時より夜10時過ぎまで学び、寮の門限である11時擦れ擦れに帰宅する多忙な年月を過ごす。
友人が宝塚音楽学校の先輩にあたる梓みちよの知り合いでその口利きで在学中に渡辺プロダクションに歌手になりたいと願い出る。
渡辺プロは宝塚を首席で卒業したら歌手にしてあげると回答。
見事、1970年(昭和45年)に宝塚音楽学校を首席で卒業。

同期には現専科の萬あきら、女優の麻実れい、東千晃らがいる。歌手デビューが約束されていたが、初舞台だけは踏みなさいとそのまま「夏川るみ」の名で宝塚歌劇団に入団したが、2ヶ月で退団した。
歌手デビューを当初から念頭においており、小柳にとって宝塚は歌や演技の鍛錬を積むためのいわゆる腰掛けであった。

退団した同年、歌手デビューの前に顔を売るためにNHK連続テレビ小説『虹』で女優としてデビュー。
翌1971年(昭和46年)4月25日にはワーナーブラザーズパイオニアの邦楽部門初の歌手として契約。
作曲家平尾昌晃のプロデュースにより「わたしの城下町」で歌手デビューし、160万枚の大ヒットとなる。
同曲は1971年のオリコン年間シングル売上チャートで第1位を記録し、また第13回日本レコード大賞最優秀新人賞も受賞した。

その後にリリースした「お祭りの夜」や「京のにわか雨」「瀬戸の花嫁」(日本歌謡大賞受賞)なども大ヒットし、天地真理・南沙織らとともに『三人娘』と呼ばれ、1970年代前半を代表するアイドルとなった。

その後はアイドルというジャンルを卒業し、持ち前の歌唱力を活かした正統派歌手として「冬の駅」「逢いたくて北国へ」「星の砂」「来夢来人(ライムライト)」「お久しぶりね」などのヒット曲を飛ばした。
その軌跡として、デビューの1971年(昭和46年)から1988年(昭和63年)まで、NHK紅白歌合戦に18年連続出場という実績を残している。

さらに女優としても、1982年『誘拐報道』でキネマ旬報賞助演女優賞、日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、1983年に公開の『白蛇抄』で見せた迫真の演技により、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞する。
順風満帆かに見えたが、元々、ポップスやミュージカルを志向していたルミ子と渡辺プロとは意見の相違があった。
待遇面の不満も含め、渡辺プロダクションからの独立を巡り当時のナベプロに妨害された事から仕事を干される等辛酸を舐める。

しかし、1989年(平成元年)に、13歳年下の無名のダンサーであった大澄賢也と電撃結婚し、結婚後は大澄と共に夫婦でのテレビ出演やステージを精力的に行った。
かつては芸能界のおしどり夫婦とも呼ばれていたものの、2000年(平成12年)に離婚となる。
離婚する条件として、大澄に対して高額の慰謝料を要求したこと、そうでなければ、以前の無名のバックダンサーに戻ることのどちらかの二者選択を迫っていたことが明らかになったが、テレビ朝日系『徹子の部屋』に出演した際に、上記の二者選択発言は、実際は大澄が発言したとも告白している。

「週刊女性」2007年7月10日号の「独占スクープ! 小柳ルミ子との離婚から7年 大澄賢也 慰謝料1億円 実は…「一銭も払ってないッ!」」の中で小柳のマネージャーが「"慰謝料はもらっていない"と、小柳から聞いています。"慰謝料は一銭もいただいていない"と。
でも、もう過去のことです」と語っている。

1994年(平成6年)、日本テレビ系連続ドラマ『家なき子』に安達祐実演じる主人公・相沢すずを執拗に苛める伯母・園田京子役で出演(ドラマでは序盤の3週のみ出演。その後、映画版にも登場)、小柳本人にとっては初の苛め役であった。
インタビューでは「絶対に弱みを見せないで頑張りましたね」と安達を評価したこともある。

2000年(平成12年)、日本テレビ系列にて松本幸四郎主演で放送されていたドラマ『明日を抱きしめて』にて、主要キャストとして出演していた三田佳子が息子の不祥事の心労から降板。急遽、三田とも親しい小柳に白羽の矢が立てられた。

2002年(平成14年)、歌手名をrumicoに、女優名を小柳ルミ子とした。
同年リリースされた島津亜矢のシングル「夜桜挽花」とアルバム『彩 -AYA-』のトータルプロデュースを手がける。
2007年(平成19年)7月22日、27歳年下の俳優・石橋正高との婚約を発表。
前年の2006年12月12日に亡くなったルミ子の母親の喪が明けてから籍を入れる予定であった。
しかし、入籍直前の2007年11月27日、テレビ朝日系『スーパーモーニング』にて、石橋に対して結婚への疑問を抱き始めたとのことで、結果石橋との同居及び婚約も解消したことを告白。
「甘えられる事に疲れた」と話しているが、実際には交際が世に知れ渡る1ヶ月前には破局していたとのこと。
2010年(平成22年)7月2日には芸能生活40周年記念パーティーとバースデーパーティを兼ねて盛大に開催された。小柳の友人、親友などの芸能人や関係者が700人集まった。各界に人脈があり交友関係が大変幅広い。



人物
霊感も強く、旅先でのホテルなどで体験した心霊体験は『ごきげんよう』などのテレビ番組で度々、披露している。
さらに涙もろい性格でもあり、『NHK歌謡コンサート』など歌番組での歌唱時に、感極まって思わず涙ぐむシーンをよく見せている。
麻雀を得意にしており、フジテレビ系の番組『THEわれめDEポン』で、風間杜夫、阿藤快、長門裕之という実力派相手に小四喜を自摸和したことがある。
「東」・「南」・「西」は小柳が副露して「北」の単騎待ち状態だったが、その前に「北」が既に2枚捨てられて残り1枚という厳しい状況だった。

出演
テレビ番組
セイシュンの食卓(1992年 - 1994年、テレビ朝日)
うつみ&ルミ子の思い出ボロボロ(1999年 - 2000年、フジテレビ)
あの人は今!? ヒーロー&ヒロイン 伝説の101人(2002年1月10日、日本テレビ) - パネラー
あの人は今!? テレビ生誕50年 世紀のヒロイン50人(2003年10月2日、日本テレビ) - パネラー

ドラマ
虹(1970年 NHK)
おさな妻(1970年 東京12チャンネル)
家光が行く(1972年 日本テレビ)
どてらい男(1975年 関西テレビ)
大江戸捜査網(1975年 テレビ東京)第172話「盗まれた花嫁」
金のなる樹は誰のもの(1976年 NETテレビ)
バケタン家族(1976年 NETテレビ)
いちばん星(1977年 NHK)
あした泣く(1978年 TBS)
水戸黄門 第10部 第2話「女度胸の鉄火肌・神奈川」(1979年 TBS) - お竜 役
青春諸君!夏(1980年 TBS)
お化けのサンバ(1980年 テレビ東京)
春まっしぐら!(1981年 TBS)
ある日突然恋だった(1982年 TBS)
望郷 美しき妻の別れ(1983年 フジテレビ)
火曜サスペンス劇場 松本清張スペシャル・一年半待て(1984年5月22日、日本テレビ) - 主演。須村さと子 役
ザ・ドラマチックナイト 松本清張の地方紙を買う女(1987年10月23日、フジテレビ) - 主演。
火曜スーパーワイド 和久峻三の京都ドラマ うちは祇園のゲイシャ弁護士え(1988年6月28日、朝日放送) - 主演。弁護士 藤波静香 役
※挿入歌は小柳ルミ子「シルクな心」
1990年代後半から2000年代前半にかけて、土曜ワイド劇場枠で『京都の芸者弁護士事件簿』シリーズとして制作された。主演は小柳と同様に宝塚出身の涼風真世。
火曜サスペンス劇場 過去からの声(1988年7月12日、日本テレビ) - 主演。探偵 片桐久美子 役
火曜サスペンス劇場 湾岸に消えた女(1989年2月28日、日本テレビ) - 主演。探偵 片桐久美子 役
※「過去からの声」と同じシリーズ。原作はスー・グラフトン。
代表取締役刑事 第30話「長いお別れ」(1991年 テレビ朝日)
裸の大将放浪記 第52話「母子おくんち太鼓・唐津編」(1992年 関西テレビ)
月曜ドラマスペシャル 松本清張作家活動40周年記念・迷走地図(1992年3月30日 TBS) - 織部佐登子 役
琉球の風(1993年 NHK)
鍵(1993年 テレビ朝日)
家なき子(1994年 日本テレビ) - 第2〜4話のみ。園田京子 役
愛とは決して後悔しないこと(1996年 TBS)
冬の蛍(1997年 NHK)
くれなゐ (テレビドラマ)(1998年 読売テレビ)
土曜ワイド劇場 ジャンボ宝くじ1億5千万円が当たった女!連続殺人(1998年1月17日、朝日放送) - 主演 福原富子 役
※小柳ルミ子として衣裳協力もしている
金曜エンタテイメント 主夫デカと猛妻鑑識官の夫婦事件帳(1999年5月7日、フジテレビ) - 志摩勇次の妻 真紀子 役
※「おもろい夫婦事件帖」のパイロット版
火曜サスペンス劇場 外科医・有森冴子II 告知(2000年10月3日、日本テレビ)
明日を抱きしめて(2000年 読売テレビ)
金曜エンタテイメント おもろい夫婦事件帖(1)(2001年1月19日、フジテレビ) - 志摩勇次の妻 真紀子 役
金曜エンタテイメント おもろい夫婦事件帖(2)(2001年6月29日、フジテレビ) - 志摩勇次の妻 真紀子 役
金田一少年の事件簿(第3シリーズ) 黒死蝶殺人事件(2001年8月4日・8月11日 日本テレビ) - 斑目紫紋の妻 緑 役
女と愛とミステリー 悪の仮面(2001年9月12日、テレビ東京) - 熊谷虎雄の妻 香織 役
女と愛とミステリー 骨壺を抱く二人の女(2001年10月31日、テレビ東京) - 藤田朋子とのダブル主演。陶芸家 葛原彩子 役
火曜サスペンス劇場 だます女だまされる女5(2003年2月25日、日本テレビ) - 宮口遥子 役
こころ(2003年 NHK)
仔犬のワルツ(2004年 日本テレビ) - 東都音楽大学教授 志賀華子 役
特命係長・只野仁リターンズ 女弁護士の秘密を暴け!!(2004年12月22日、テレビ朝日) - 弁護士 里美映子 役
復讐のダイヤモンド(2006年3月18日、テレビ朝日) - 池田美佐子 役
土曜ドラマ 魂萌え!(2006年、NHK総合)
火曜ドラマゴールド 検事霞夕子SP 悪徳女代議士は許さない(2006年11月7日、日本テレビ) - 元女優の参議院議員 柏木美輪 役
不倫調査員・片山由美9 黒髪人形・尼寺殺人事件(2007年9月19日 テレビ東京) - 清庵庵主・日本画家 花岡清泉 役
白と黒(2008年、東海テレビ) - 会員制サロン「青の館」主宰 大貫彩乃 役
ほか

映画
誘拐報道(1982年・東映)
白蛇抄(1983年・東映)
塀の中の懲りない面々(1987年・松竹)
家なき子 劇場版(1994年・東宝)
陽炎 II KAGERO(1996年・松竹)
TOMOKO もっとも危険な女(1999年・東映)



スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。