宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



宝 純子たから じゅんこ
元宝塚歌劇団花組組長。
東京都文京区、東京都立竹早高等学校出身。
身長は164cm
愛称は「レモン

略歴
1970年、57期生として宝塚歌劇団に入団。
雪組公演『四季の踊り絵巻/ハロー! タカラヅカ』で初舞台を踏む。
同期生に麻実れい(元雪組トップスター)、東千晃(元雪組・星組トップ娘役)
萬あきら、世れんか、条はるきなどがいる。
のちに花組に配属。

1975年、ヨーロッパ公演メンバーに選抜される。
1976年、『あかねさす紫の花』の新人公演で初主演を果たす。
1978年、中南米公演メンバーに選抜される。
1983年、花組の副組長に就任。
1986年、花組組長に就任。
1989年、ニューヨーク公演のメンバーに選抜される。
1990年、『ベルサイユのばら - フェルゼン編 - 』の東京公演をもって宝塚歌劇団を退団。

主な舞台歴
1972年9月、『炎の天草灘』新人公演:右吉(本役:室町あかね)/『ポップ・ニュース』
1972年11月、『浜千鳥』新人公演:国頭村長/『ポップ・ニュース』(東宝)
1974年1月、『花のお嬢吉三』新人公演:お坊吉三(本役:瀬戸内美八)
1975年7月、『ベルサイユのばら -アンドレとオスカル編-』新人公演:アラン(本役:汐見里佳)
1975年9月、『ザ・タカラヅカ』/『ビート・オン・タカラヅカ』(ヨーロッパ公演)
1976年2月、『あかねさす紫の花』新人公演:中大兄皇子(本役:榛名由梨)/『ビューティフル・ピープル』 *新人公演初主演
1976年8月、『うつしよ紅葉』新人公演:織田信長(本役:安奈淳)/『ノバ・ボサ・ノバ』ブリーザ *新人公演主演
1977年1月、『朱雀門の鬼』雲丸/『ル・ピエロ』
1977年3月、『うつしよ桜』森蘭丸/『ノバ・ボサ・ノバ』(中日劇場)
1977年6月、『うつしよ桜』同監物/『ビバ タカラジェンヌ』(全国ツアー)
1977年10月、『うつしよ桜』森蘭丸/『ファンタジー・ベルサイユのばら』(全国ツアー)
1978年2月、『風と共に去りぬ』新人公演:スカーレット・オハラ(本役:安奈淳) *新人公演主演
1978年4月、『ホフマン物語』(バウ)新人公演:悪魔4
1978年5月、『安奈淳フェアウェル・コンサート』(バウ)
1978年8月、『ヴェロニック』(バウ・東京特別)セラファン
1978年10月、『ザ・タカラヅカ』(中南米公演)
1979年3月、『花影記』/『紅はこべ』モンゴメリー
1980年3月、『舞え舞え蝸牛』源忠親/『ビューティフル・ジョイ』
1980年5月、『花小袖』藤左、新人公演:名古屋山三郎(本役:春日野八千代)/『プレンティフル・ジョイ』 *新人公演主演
1980年9月、『アナトール』(バウ)ブリディディック
1980年11月、『友よこの胸に熱き涙を』ピエール/『ザ・スピリット』
1981年7月、『I LOVE MUSIC』(東宝)
1981年8月、『YOU・ME』(バウ)
1981年10月、『エストリレータ』バスコ/『ジュエリー・メルヘン』
1982年3月、『春の踊り』/『アルカディアよ永遠に』哲人(アルキメデス)他
1982年6月、『エストリレータ』ラザール/『ファースト・ラブ』(全国ツアー)
1982年8月、『夜明けの序曲』藤川岩之助
1993年2月、『霧深きエルベのほとり』ポール/『オペラ・トロピカル』
1983年4月、『ヴェニス、獅子たちの夢』(バウ)ヴェルナー・ヘンドリッヒ
1983年9月、『紅葉愁情』太郷次/『メイフラワー』
1984年2月、『琥珀色の雨にぬれて』ミッシェル・ドゥ・プレール伯爵/『ジュテーム』
1984年4月、『朱に恋うる調べ』/『メイフラワー』フレッチャー(全国ツアー)
1984年8月、『名探偵はひとりぼっち』レオン/『ラ・ラ・フローラ』
1985年3月、『愛あれば命は永遠に』タリアン夫人
1985年6月、『ジャパン・ファンタジー』/『ドリームズ・オブ・タカラヅカ』(バウ)
1985年9月、『テンダー・グリーン』フィール/『アンドロジェニー』
1986年1月、『微風のマドリガル』ドン・ペドロ/『メモリアール・ド・パリ』
1986年5月、『散る花よ、風の囁きを聞け』(バウ)土方歳三
1986年6月、『真紅なる海に祈りを』レピダス/『ヒーローズ』
1987年2月、『遥かなる旅路の果てに』オリビエ・ローラン/『ショー・アップ・ショー』
1987年8月、『あの日薔薇一輪』レイモン・マンダレー/『ザ・レビュースコープ』
1987年10月、『琥珀色の雨にぬれて』ジョルジュ・ドゥ・ボーモン伯爵/『ヒーローズ』(全国ツアー)
1988年3月、『キス・ミー・ケイト』ハリー/バプティスタ
1988年9月、『宝塚をどり讃歌 88』/『春ふたたび』左衛門/『フォーエバー!タカラヅカ』
1989年2月、『硬派・坂本竜馬!』(バウ)勝海舟
1989年4月、『会議は踊る』カロリーナ・セベーニュ公爵夫人/『ザ・ゲーム』(東宝)
1989年6月、『ロマノフの宝石』ワルター伯爵/『ジダン・デ・ジタン』
1989年10月、『宝塚をどり賛歌』/『タカラヅカ・フォーエバー』(ニューヨーク公演)
1990年3月、『ベルサイユのばら - フェルゼン編 - 』ルイ十六世 *退団公演


スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。