宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



安奈 淳あんな・じゅん

本名:富岡 美樹
別名:オト、ミキ
生年月日:1947年7月29日
出生地:大阪府
国籍:日本
血液型:B
職業:女優
ジャンル:舞台
大阪府箕面市(※一部出身地が池田市となっているものも存在する)生まれの女優。
宝塚歌劇団の元星組・花組男役トップスター。
出身校梅花学園
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

略歴
1965年宝塚歌劇団に入団。51期生。
同期に華かおり(MBSの河田直也アナウンサーの母)
高宮沙千(元雪組トップ娘役)がいる。
1966年星組に配属。
一時期雪組にいたが再び星組に戻る。

1970年鳳蘭と共に、星組男役トップに。
相手役の娘役トップ大原ますみを加えて「ゴールデントリオ」と称された。
1973年『浮舟と薫の君』の薫の君で、本公演の初主演だった。
1974年花組へ組替、退団した甲にしきの後任として花組男役トップスターになる。
1975年『ベルサイユのばら』オスカル役を演じ、第1期ベルばらブームを築く。
月組の榛名由梨・星組の鳳・雪組の汀夏子とともに「ベルばら四強」と呼ばれた。
なお1975~76年までの2年弱、月組から組替えとなった榛名と男役ダブルトップ体制であった。
1978年宝塚バウホールのこけら落とし公演『ホフマン物語』で主演。
同年『風と共に去りぬ(スカーレット篇)』を最後に退団。

退団後は東宝演劇部に所属し、舞台、テレビに活躍の場を広げた。
1993年、芸名を安南 潤(読み同じ)に改名していたが、1998年に上記芸名に戻している。
2000年、膠原病の一種であるSLEで倒れ、長期の療養生活を余儀なくされた。
2002年に『風と共に去りぬ』の演技指導で社会復帰への準備開始。
その後は少しずつ舞台復帰し、コンサートやディナーショーで活躍している。
2005年の花組公演『エンター・ザ・レビュー』では歌唱指導をつとめた。
2011年、『DREAM TRAIL ~宝塚伝説~』の大阪公演期間中に怪我をしたため、途中休演を余議なくされた。



宝塚時代の舞台歴
初舞台・雪組時代
1965年
3月3日 - 3月23日『われら花を愛す』『エスカイヤ・ガールズ』(初舞台)(宝塚大劇場)
9月2日 - 9月30日『ゴールデン・シャドウ』ギターの男(宝塚大劇場)
1966年
4月28日 - 5月31日『南蛮屏風』『春風とバイオリン』新人公演:ハンス(宝塚大劇場)
1967年
9月1日 - 9月28日『花のオランダ坂』『シャンゴ』(宝塚大劇場)

星組時代
1968年
6月1日 - 6月27日『ヤング・メイト』『追憶のアンデス』デノーマス(宝塚大劇場)
1969年
3月27日 - 4月24日『シルクロード』沙悟浄/テムジンの弟ハウチン/放浪の王子アラト(宝塚大劇場)
12月2日 - 12月21日『安寿と厨子王』公卿藤原師道。新人公演:厨師王(初主演)。『タカラヅカ’69』(宝塚大劇場)
1970年
5月8日 - 5月26日『恋に朽ちなん』大江道輔、新人公演:藤原清隆。『ハロー!タカラヅカ』(宝塚大劇場)

星組トップスター(鳳蘭とダブルトップ体制)~花組トップスター(単独体制)時代
1970年
8月1日 - 8月31日『僕は君』パット。『ザ・ビッグ・ワン』(宝塚大劇場)
12月2日 - 12月20日『ジプシー伯爵』フランツ中尉。『恋人たち』(宝塚大劇場)
1971年
1月30日 - 2月25日『星の牧場』蜂飼いのクラリネット。新人公演:モミイチ。『オー!ビューティフル』(宝塚大劇場)
5月29日 - 6月29日『いのちある限り』『ノバ・ボサ・ノバ』ルーア神父(宝塚大劇場)
8月27日 - 9月28日『我が愛は山の彼方に』武将チャムガ。『マイ・ブロード・ウェイ』(宝塚大劇場)
1972年
1月1日 - 1月27日『いつの日か逢わん』『愛のコンチェルト-ある小さな星のお話-』(宝塚大劇場)
7月1日 - 7月27日『美しき日本』『さすらいの青春』(宝塚大劇場)
11月2日 - 11月30日『花の若武者』-弁慶と牛若- 牛若。『アラベスク』(宝塚大劇場)
12月2日 - 12月12日『ミルテの花-クララシューマンの恋-』『シャイニング・ナウ!』(全組合同)(宝塚大劇場)
1973年
3月24日 - 4月25日『花かげろう』茨木童子。『ラ・ラ・ファンタシーク』エメラルドの女王、スター・サファイア(宝塚大劇場)
8月29日 - 9月27日『この恋は雲の涯まで』忠衡/ケレイト(宝塚大劇場)
12月5日 - 12月23日『浮舟と薫の君』薫の君(トップとしての本公演・初主演)。『ゴールデン・サウンド』(宝塚大劇場)
1974年
2月28日 - 3月21日『ロマン・ロマンチック』汀夏子とルンペン夫婦(雪組特出)(宝塚大劇場)
4月26日 - 5月23日『虞美人』(花組特出)(宝塚大劇場)
9月28日 - 10月29日『アン・ドウ・トロワ』-ファンタジア・タカラヅカ-(花組特出)(宝塚大劇場)

花組トップスター(榛名由梨とダブルトップ体制)時代
1975年
3月1日 - 3月25日『夢みる恋人たち』レオ。『ボン・バランス』(宝塚大劇場)
7月3日 - 8月12日『ベルサイユのばら』-アンドレとオスカル- オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェ(宝塚大劇場)
1976年
2月19日 - 3月23日『あかねさす紫の花』大海人皇子。『ビューティフル・ピープル』(宝塚大劇場)

花組トップスター(単独体制)時代
1976年
8月12日 - 9月28日『うつしよ紅葉』織田信長。『ノバ・ボサ・ノバ』ソール(宝塚大劇場)
1977年
1月1日 - 2月15日『朱雀門の鬼』花麻呂。『ル・ピエロ』カンディード(宝塚大劇場)
8月11日 - 9月27日『宝舞抄』ピンカートン。『ザ・レビュー』夢人(宝塚大劇場)
1978年
1月1日 - 2月14日『風と共に去りぬ』スカーレット・オハラ(宝塚大劇場)
4月1日 - 4月23日『ホフマン物語』(宝塚バウホール)
5月26日 - 5月30日『サヨナラにリボンをかけて』(宝塚バウホール)

宝塚退団後の舞台
『南太平洋』
『屋根の上のバイオリン弾き』
『王様と私』
『サウンド・オブ・ミュージック』
『銀座浪漫派物語』(2009年) *主演
『DREAM TRAIL ~宝塚伝説~』(2011年)
『イヴ・モンタン ~彼を憎んだ女と男~』(2011年)
『姉妹たちの庭で』(2011年)

テレビドラマ
黄金の日日 第47,48話(1978年、NHK)
御宿かわせみ 第1話「水郷から来た女」(1980年、NHK)
土曜ワイド劇場
「松本清張の地方紙を買う女」(1981年、ANB系)※主演
「温泉(秘)大作戦3」(2006年、ABC系) - 佐久間環 役
影の軍団 幕末編 第8話「闇にきらめく遊女の群れ」(1985年、KTV系)
大都会25時 千草警察事件ファイル 第4話「よみがえる殺意! 復讐はタンゴにのって」(1987年、ANB系)
火曜サスペンス劇場(NTV系)
「艶歌恋歌殺人譜」(1988年、近代映画協会)
「三十年目の同窓会」(1991年5月、東北新社)
「望遠鏡の中の女」(1992年11月、IVSテレビ制作) - 岸本友子 役



スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。