宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


鳳 蘭おおとり らん

本名:荘田 蘭(以前は荘 芝蘭)
別名「ツレちゃん
生年月日:1946年1月22日
出生地:兵庫県神戸市
国籍:日本(以前は中国籍)
血液型:A
職業:女優
ジャンル:舞台
宝塚歌劇団の元星組トップスターで、ミュージカル女優。
もともとは中国籍で、本名は 荘芝蘭(ツエン・ツーレイ/ジュアン・ジーラン/Zhuāng zhīlán)であったが、現在は日本国籍を取得し、現在は荘田蘭 (しょうだ・らん)である。
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

宝塚時代の略歴
神戸中華同文学校卒業後、1962年に宝塚音楽学校に入学。
同期生に女優の汀夏子(1972年 - 1980年に単独体制で雪組主演スター)
朝みち子(1986年 - 1990年に月組組長)
元政治家でタレントの但馬久美(1983年 - 1986年に花組組長)
同じくタレントの八方まつみ(1968年 - 1970年に雪組主演娘役スター、1970年 - 1974年に星組主演娘役スター・後の大原ますみ)
竹生沙由里(1970年 - 1972年ごろまで花組主演娘役スター)らがいる。

1964年に宝塚歌劇団に50期生として入団。
『花のふるさと物語』で初舞台。
1970年、『僕は君』で安奈淳とともに星組トップスター就任。
1974年には、安奈が花組組替・同組でトップ就任のため、それ以降は単独トップとなった。
1976年の『ベルサイユのばら III』にはフェルゼン役で出演。
1977年の『風と共に去りぬ』のレット・バトラー役、1978年の『誰がために鐘は鳴る』のロバート・ジョーダン役など大役を次々に演じた。
専科に移動した後、1979年『白夜わが愛』を最後に退団。

宝塚退団後の活動
退団後は、ミュージカルを中心に活躍。
私生活では、1980年に結婚し、二女をもうけるも、1986年に離婚、以降は独身を通している。
なお、次女・荘田由紀は2008年より文学座準座員となり、外部出演もこなすなど芸能界に本格進出を果たした。
2001年からは、宝塚歌劇団卒業生公演である狸シリーズの中心をつとめるなど、精力的に活動している。
2005年、紫綬褒章を受章。
北京料理に造詣を持ち、関西圏を中心に展開しているフランチャイズの「北京料理 萬楽」のオーナーをつとめている。
2008年からは自ら主宰する、プロ育成クラスのあるバレエやダンスのスタジオを開校。
2010年、「COCO」「雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた」の演技で第51回毎日芸術賞を受賞。
同年、宝塚歌劇団の親会社である阪急電鉄開業100周年親善大使に選ばれる。
退団後もまだまだ目立ち、元宝塚スターNO.1の座はゆるぎない。



主な舞台
宝塚時代
初舞台・星組時代
初舞台『花のふるさと物語』(雪組)(1964年3月27日 - 5月5日)(宝塚大劇場公演)
『エスカイヤ・ガールス/リュシエンヌの鐘』(星組)(1965年3月25日 - 4月29日)(宝塚大劇場公演)
『奥の細道/グッドバイ海賊』(星・雪合同)(1965年7月1日 - 8月2日)(宝塚大劇場公演)
『なよたけの恋/ラ・グラナダ』(星組)(1965年10月30日 - 11月30日)(宝塚大劇場公演)
『ラ・グラナダ』(踊るジプシー 役)
『日本の祭/夜霧の城の恋の物語』(星組)(1966年1月1日 - 1月31日)(宝塚大劇場公演)
『日本の祭』(さくら祭の花槍の男 役)
『夜霧の城の恋の物語』(忘却の村の男 役)
『京の川/三人花聟/2人が出会うとき』(星組)(1966年7月1日 - 7月28日)(宝塚大劇場公演)
『砂丘/わが歌 君がため』(星組)(1966年10月29日 - 11月30日)(宝塚大劇場公演)
『わが歌 君がため』(踊る男 役)
『花風流/世界はひとつ』(星組)(1967年3月25日 - 4月26日)(宝塚大劇場公演)
『花風流』(山三 役)
『さよなら僕の青春/ワン・ボーイ』(星組)(1967年8月1日 - 8月30日)(宝塚大劇場公演)
『さよなら僕の青春』(ヨハン 役)
『夢の中の少女/若者達のバラード』(星組)(1967年12月3日 - 12月26日)(新芸劇場公演)
『若者達のバラード』(ローマの青年 役)
『赤毛のあまっこ/虹を追って』(星組)(1968年2月2日 - 2月27日)(宝塚大劇場公演)
『虹を追って』(アメリカ大使 役)
『ヤング・メイト/追憶のアンデス』(星組)(1968年6月1日 - 6月27日)(宝塚大劇場公演)
『ヤング・メイト』(青年 役)
『千姫/7(セブン)』(星組)(1968年10月1日 - 10月30日)(宝塚大劇場公演)
『7(セブン)』(踊る女 役)
『シルクロード』(星組)(1969年3月27日 - 4月24日)(三蔵法師、インドのシバの神 役)(宝塚大劇場公演)
『椎葉の夕笛/セ・ラ・ビィ』(星組)(1969年9月4日 - 9月30日)(宝塚大劇場公演)
『椎葉の夕笛』(紅葉祭の童 役)
『ラブ・パレード』(雪組)(1969年10月2日 - 10月29日)(宝塚大劇場公演)
『安寿と厨子王/タカラヅカ'69』(星組)(1969年12月2日 - 12月21日)(宝塚大劇場公演)
『タカラヅカ'69』(吟遊詩人 役)
『恋に朽ちなん/ハロー!タカラヅカ』(星組)(1970年5月8日 - 5月26日)(宝塚大劇場公演)
『恋に朽ちなん』(舞人春信 役)

星組トップスター時代
安奈淳とダブルトップ体制・トップ娘役大原ますみとのコンビ
『僕は君/ザ・ビッグ・ワン』(星組)(1970年8月1日 - 8月31日)(宝塚大劇場公演)※トップお披露目
『僕は君』(ボブ 役)
『ジプシー伯爵/恋人たち』(星組)(1970年12月2日 - 12月20日)(宝塚大劇場公演)
『ジプシー伯爵』(ヘルマン 役)
『恋人たち』(エミリオ 役ほか)
『星の牧場/オー!ビューティフル』(星組)(1971年1月30日 - 2月25日)(宝塚大劇場公演)
『星の牧場』(モミイチ役)
『いのちある限り/ノバ・ボサ・ノバ -盗まれたカルナバル-』(星組)(1971年5月29日 - 6月29日)(宝塚大劇場公演)
『いのちある限り』(松嶋新次郎 役)
『ノバ・ボサ・ノバ』(オーロ 役)
『我が愛は山の彼方に/マイ・ブロードウェイ』(星組)(1971年8月27日 - 9月28日)(宝塚大劇場公演)
『我が愛は山の彼方に』(武将朴秀民 役)
『いつの日か逢わん/愛のコンチェルト -ある小さな星のお話-』(星組)(1972年1月1日 - 1月27日)(宝塚大劇場公演)
『いつの日か逢わん』(宇根東吾 役)
『愛のコンチェルト -ある小さな星のお話-』(森の王子 役)
『美しき日本/さすらいの青春』(星組)(1972年7月1日 - 7月27日)(宝塚大劇場公演)
『美しき日本』(雪王 役ほか)
『さすらいの青春』(ペールギュント 役)
『花の若武者 -弁慶と牛若-/アラベスク』(星組)(1972年11月2日 - 11月30日)(宝塚大劇場公演)
『花の若武者 -弁慶と牛若-』(鬼若(弁慶) 役)
『アラベスク』(ピエロ、旅する若者 役ほか)
『シャイニング・ナウ!』(全組合同公演)(1972年12月2日 - 12月12日)(宝塚大劇場公演)
『パレード・タカラヅカ』(花組特別出演)(1973年1月1日 - 1月30日)(宝塚大劇場公演)
『花かげろう/ラ・ラ・ファンタシーク -あなたに宝石を-』(星組)(1973年3月24日 - 4月25日)(宝塚大劇場公演)
『花かげろう』(主天童子 役)
『ラ・ラ・ファンタシーク -あなたに宝石を-』(ダイヤモンドの女王 役)
『この恋は雲の涯まで』(星組)(1973年8月29日 - 9月27日)(源義経(ジンギスカン) 役)(宝塚大劇場公演)
『ゴールデン・サウンド』(星組)(1973年12月5日 - 12月23日)(雪の青年、バラの紳士 役ほか)(宝塚大劇場公演)
『清く正しく美しく/虞美人』(星・花合同)(1974年3月23日 - 4月25日)(宝塚大劇場公演)
『虞美人』(項羽役)

単独体制・固定娘役トップスター不在
『アルジェの男/ジュジュ -第7銀河系のメルヘン-』(星組)(1974年7月26日 - 8月27日)(宝塚大劇場公演)
『アルジェの男』(ジュリアン・クレール 役)
『ジュジュ -第7銀河系のメルヘン-』(ジュジュ 役)
『ブリガドーン』(星組)(1974年10月31日 - 11月27日)(トミー・オールブライト 役)(宝塚大劇場公演)
『屋根裏の妖精たち/マイ・ハイ・スイング』(星組)(1975年5月14日 - 7月1日)(宝塚大劇場公演)
『屋根裏の妖精たち』(ニール 役)
『イマージュ』(月組特別出演)(1975年10月2日 - 11月11日)(宝塚大劇場公演)
パリ公演(1975年12月12日 - 1976年1月11日)(パレドコングレ劇場公演)
『ベルサイユのばら III』(星組)(1976年3月25日 - 5月12日)(ハンス・アクセル・フォン・フェルセン 役)(宝塚大劇場公演)
『ベルサイユのばら III』(月組特別出演)(1976年8月5日 - 8月30日)(ハンス・アクセル・フォン・フェルセン 役)(東京宝塚劇場公演)
『夕陽のジプシー/ハッピー・トゥモロー』(星組)(1976年10月1日 - 11月9日)(宝塚大劇場公演)
『夕陽のジプシー』(ナノッシュ 役)
『ハッピー・トゥモロー』(男の子 役)

単独体制・トップ娘役遥くららとのコンビ
『風と共に去りぬ』(星組)(1977年5月12日 - 6月28日)(レット・バトラー 役)(宝塚大劇場公演)
『テームズの霧に別れを/セ・マニフィーク』(星組)(1977年11月11日 - 12月18日)(宝塚大劇場公演)
『テームズの霧に別れを』(ロバート・クレメンタイン 役)
『セ・マニフィーク』(サロメ 役ほか)
『風と共に去りぬ』(星組)(1978年1月11日 - 2月5日)(レット・バトラー 役)(全国ツアー)
『風と共に去りぬ(スカーレット編)』(花組特別出演)(1978年2月16日 - 3月22日)(レット・バトラー 役(榛名由梨、麻月鞠緒と役替りで))(宝塚大劇場公演)  
『誰がために鐘は鳴る』(星組)(1978年5月12日 - 6月27日)(ロバート・ジョーダン役)(宝塚大劇場公演)
『いのちある限り』(星組)(1978年9月15日 - 10月1日)(新次郎 役)(宝塚バウホール公演)
『布施明 IN TAKARAZUKA』-愛と夢と涙-(1978年9月22日・23日)
『宝花集/セ・シャルマン!』(星組)(1978年11月10日 - 12月25日)(宝塚大劇場公演)
『宝花集』(ボレロの男 役ほか)
『セ・シャルマン!』(バレンティノ 役ほか)
『鳳蘭プチコンサート』(1979年1月3日 - 1月7日)(宝塚バウホール公演)

専科時代
『白夜わが愛 -朱鷺の墓より-』(星組)(1979年5月11日 - 6月26日)(イワーノフ 役)(宝塚大劇場公演)※退団公演

~鳳 蘭 宝塚退団後の活動へ~


スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。