宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


大原 ますみおおはら ますみ

本名:蝦原 理代子
別名:八方 まつみ
愛称「エビちゃん」
生年月日:1942年11月17日
出生地:東京都
国籍:日本
職業:女優
ジャンル:舞台、ミュージカル
東京都出身の女優。
元宝塚歌劇団雪組・星組主演娘役スターである。
公称身長161cm。
宝塚時代の愛称はエビちゃん。
宝塚に入団したときの芸名は八方 まつみであった。
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

来歴
1964年、『花のふるさと物語』で宝塚初舞台。50期生。
同期に女優の鳳蘭(1970年 - 1979年に星組主演スター)、同じく女優の汀夏子(1972年 - 1980年に単独体制で雪組主演スター)。
朝みち子(1986年 - 1990年に月組組長)。元政治家でタレントの但馬久美(1983年 - 1986年に花組組長)。
竹生沙由里(1970年 - 1972年ごろまで花組主演娘役スター)らがいる。

1967年、『紫式部』で初ヒロイン。NHKの『新日本紀行』で新人娘役として放映される。
1968年、雪組主演娘役スターに就任。汀夏子の相手役として『一寸法師』に出演し、真帆志ぶきの相手役として『藤花の宴』、『ハムレット』(オフィーリア 役)、『回転木馬』(ジュリー ジョーダン 役)に出演。
1970年、星組に組替えし、同組主演娘役スターに就任。1974年まで鳳蘭、安奈淳とともにゴールデントリオと言われた。同年、『ジプシー伯爵』に出演。
1971年、『星の牧場』、『いのちある限り』、『ノバ・ボサ・ノバ』、『我が愛は山の彼方に』(万姫 役)に出演。いずれもゴールデントリオでの出演である。
1972年、『さすらいの青春』(ソルベーグ 役)、『花の若武者』に出演。
いずれもゴールデントリオでの出演である。
1973年、『ラ・ラ・ファンタシーク』にゴールデントリオで出演し、同年、花組特別出演で『この恋は雲の涯まで』に甲にしきの相手役として出演。
1974年、『虞美人』(虞美人 役)を最後に宝塚を退団。
1985年、勉強のためニューヨーク滞在。その後、一人芝居三部作『ビラは降る』で文化庁芸術祭賞受賞。
2005年、『ヤンレツル三部作』で日本およびチェコ(プラハ他5カ所)で公演し成功をおさめる。

宝塚時代の出演作品
『花のふるさと物語』(雪組)(1964年3月27日 - 5月5日、宝塚大劇場)※初舞台
『紫式部』(雪組)(1966年10月1日 - 10月27日、宝塚大劇場)※初ヒロイン
『トリスタンとイゾルデ』(雪組)(1968年6月29日 - 7月29日、宝塚大劇場)
『一寸法師』『タカラヅカ'68』(雪組)(1968年12月3日 - 12月26日、宝塚大劇場)
『ハムレット』(雪組)(1969年2月1日 - 2月27日、宝塚大劇場) - オフィーリア 役
『回転木馬』(雪組)(1969年5月31日 - 7月3日、宝塚大劇場) - ジュリー ジョーダン 役
『能登の恋歌』『ラブ・パレード』(雪組)(1969年10月2日 - 10月29日、宝塚大劇場)
※怪我で休演し、摩耶明美が代役で出演。その後、最後の一週間だけ出演した。
『タカラヅカEXPO'70』第1部「四季の踊り絵巻」・第2部「ハロー!タカラヅカ」(雪組)(1970年3月14日 - 4月14日、宝塚大劇場)
『僕は君』『ザ・ビッグ・ワン』(星組)(1970年8月1日 - 8月31日、宝塚大劇場)
『ジプシー伯爵』『恋人たち』(星組)(1970年12月2日 - 12月20日、宝塚大劇場)
『星の牧場』『オー!ビューティフル』(星組)(1971年1月30日 - 2月25日、宝塚大劇場)
『いのちある限り』『ノバ・ボサ・ノバ』(星組)(1971年5月29日 - 6月29日、宝塚大劇場)
『我が愛は山の彼方に』『マイ・ブロードウェイ』(星組)(1971年8月27日 - 9月28日、宝塚大劇場) - 万姫 役(『我が愛は山の彼方に』)
『いつの日か逢わん』(星組)(1972年1月1日 - 1月27日、宝塚大劇場)
※途中休演のため、沢かをりが代役を務めた。
『さすらいの青春』(星組)(1972年7月1日 - 7月27日、宝塚大劇場) - ソルベーグ 役
『花の若武者 -弁慶と牛若-』(星組)(1972年11月2日 - 11月30日、宝塚大劇場)
『ミルテの花 -クララ シューマンの恋-』、『シャイニング・ナウ!』(全組合同)(1972年12月2日 - 12月12日、宝塚大劇場)
『花かげろう』、『ラ・ラ・ファンタシーク -あなたに宝石を-』(星組)(1973年3月24日 - 4月25日、宝塚大劇場)
『この恋は雲の涯まで』(花組)(1973年7月28日 - 8月28日、宝塚大劇場) - 静御前 役
『この恋は雲の涯まで』(星組)(1974年8月29日 - 9月27日、宝塚大劇場) - 静御前 役
『ゴールデン・サウンド』(星組)(1974年12月5日 - 12月23日、宝塚大劇場)
『虞美人』(星、花組)(1974年3月23日 - 4月25日、宝塚大劇場) - 虞美人 役 ※退団公演

宝塚退団後の主な出演作品
『この子たちの夏』
『屋根の上のヴァイオリン弾き』
『シンデレラ』
『風と共に去りぬ』
『アルゴはじめての冒険』(小椋桂・作)
『カルメン』(地人会)
『Japan Night』(ラスベガス)
『ジョセフィン』(地人会)
『シェルブールの雨傘』
『慕情』

主なテレビ出演
あこがれ雲 (1975年、関西テレビ)
伝七捕物帳 第117話「紫房の十手が許さねえ!」(1976年、日本テレビ)
月曜ワイド劇場「悪女の手記 硫酸を浴びせた女の悲しい愛」(1987年12月20日、テレビ朝日)
一枚の写真(1987年、フジテレビ)
土曜ワイド劇場(テレビ朝日)
「実年素人探偵とおんな秘書の名推理5・北陸加賀温泉お見合いツアー殺人事件」(1989年12月23日)
「森村誠一の背徳の詩集・愛人、重役秘書、社長令嬢…野望の男の華麗な綱渡り」(1992年6月6日)
命ささえて(1993年、TBS)
月曜ドラマスペシャル「湯けむり仲居純情日記2」(1993年11月1日、TBS)
火曜サスペンス劇場 (日本テレビ)
「小京都ミステリー20 肥後人吉殺人事件」(1997年7月1日)
「1997年殺人捜査」(1997年12月30日) - 島崎美由紀

スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。