宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


汀 夏子みぎわ なつこ

本名:宮本 順子
別名:ジュンコ、ジュンちゃん
生年月日:1946年12月21日
出生地:大阪府大阪市
国籍:日本
民族:日本人
血液型:O
職業:女優
ジャンル:舞台
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

略歴
1962年 宝塚音楽学校に入学。
同期に女優の鳳蘭(1970年~1979年に星組主演スター)。
朝みち子(1986年~1990年に月組組長)。
元政治家でタレントの但馬久美(1983年~1986年に花組組長)
同じくタレントの八方まつみ(1968年~1970年に雪組主演娘役スター
1970年~1974年に星組主演娘役スター・後の大原ますみ)
竹生沙由里(1970年~1972年ごろまで花組主演娘役スター)らがいる。

1964年 宝塚音楽学校を首席で卒業。同年、宝塚歌劇団に50期生として入団。『花のふるさと物語』で初舞台。
1965年 雪組配属。初舞台からわずか10か月後に『港に浮いた青いトランク』で準主役に抜擢される。
1968年 「一寸法師」で初主演。
1970年 「バレアナの微笑み」で主演。 1年上級生の郷ちぐさと共に雪組トップスターとなる。
1972年 郷の退団に伴い雪組トップスター単独就任。
1975年 雪組版『ベルサイユのばら』にオスカル役で出演。
アンドレに抜擢された麻実れいと共に雪組版ベルばらを大成功に導き、榛名由梨・安奈淳・鳳とともに「ベルばら四強」の異名をとった。
汀トップ時代の代表作には『ベルばら』の他に、『星影の人』(沖田総司)、『風と共に去りぬ』(汀・スカーレット、麻実・レット・バトラー)、『丘の上のジョニー』、『あかねさす紫の花』(汀・大海人皇子、麻実・中大兄皇子)などが存在する。
『ベルばら』直後に上演された『星影の人』では、上演劇場の新宿コマ劇場は連日超満員で当劇場の観客動員新記録を樹立するなど、1970年代後半の宝塚歌劇を牽引する存在となった。
1980年 8月1日 研17(入団17年目)にして東京公演『去りゆきし君がために』千秋楽をもって退団。

宝塚時代の舞台歴
1964年
3月27日~5月5日『花のふるさと物語』(初舞台)(雪組)(宝塚大劇場)
6月2日~6月28日『レビュー・オブ・レビューズ』(専・月・星合同)(宝塚大劇場)
9月2日~9月29日『狐貉狸さん』コーラス、『世界は一日』ワルツの男ほか(花組)(宝塚大劇場)
12月3日~12月27日『海に生きる』歌う男ほか、『ブロードウェイ・テンペスト』(雪組)(宝塚大劇場)
1965年
1月29日~2月28日『楊妃と梅妃』竜船岐、『港に浮いた青いトランク』次郎(雪組)(宝塚大劇場)
7月1日~8月2日『奥の細道』歌う武士ほか、『グッドバイ海賊』海賊(星・雪合同)(宝塚大劇場)
9月2日~9月30日『伊豆の頼朝』佐々木高綱、『ゴールデン・シャドウ』トニー(雪組)(宝塚大劇場)
1966年
3月2日~3月23日『藍と白と紅』太刀踊りほか、『ああそは彼の人か』踊る紳士(雪組)(宝塚大劇場)
4月28日~5月31日『南蛮屏風』秋彦、『春風とバイオリン』ハンス(雪組)(宝塚大劇場)
10月1日~10月27日『紫式部』後冷泉天皇、『ラブ・ラブ・ラブ』歌うトリオ(雪組)(宝塚大劇場)
1967年
3月2日~3月23日『忘れじの歌』ビリー、『タカラジェンヌに乾杯!』(雪組)(宝塚大劇場)
4月28日~5月31日『おてもやん』勘太、『世界はひとつ』ギターの男ほか(雪組)(宝塚大劇場)
9月1日~9月28日『花のオランダ坂』丈吉、『シャンゴ』踊る男ほか(雪組)(宝塚大劇場)
1968年
3月1日~3月26日『藤花の宴』百合麿、『シャンゴ』歌う男ほか(雪組)(宝塚大劇場)
6月29日~7月29日『トリスタンとイゾルデ』吟遊詩人、『愛と夢とパーティ』令息(雪組)(宝塚大劇場)
12月3日~12月26日『一寸法師』一寸法師、『タカラヅカ’68』王子ほか(雪組)(宝塚大劇場)
1969年
2月1日~2月27日『祭』祭りの男ほか、『ハムレット』ギルデンスターン(雪組)(宝塚大劇場)
5月31日~7月3日『回転木馬』イノック・ジュニア(雪組)(宝塚大劇場)
10月2日~10月29日『能登の恋歌』留吉、『ラブ・パレード』士官(雪組)(宝塚大劇場)
1970年
3月14日~4月14日『四季の踊り絵巻』踊る若衆ほか、『ハロー!タカラヅカ』歌う男(雪組特出)(宝塚大劇場)
5月28日~7月1日『春ふたたび』与五、『フォリー・タカラジェンヌ』青年(雪組)(宝塚大劇場)
10月2日~10月27日『パレアナの微笑み』ジミー(雪組)(宝塚大劇場)
1971年
1月1日~1月28日『紅梅白梅』曽我五郎、『シンガーズ・シンガー』歌う男(雪組)(宝塚大劇場)
4月28日~5月27日『ペーター一世の青春』ペーター・イワノフ、『ジョイ!』歌う紳士ほか(雪組)(宝塚大劇場)
9月30日~10月28日『江戸っ子三銃士』大川新兵衛、『サンライズ・アゲイン』若者(雪組)(宝塚大劇場)
1972年
3月25日~4月26日『かぐら』火の命ほか、『ザ・フラワー』少年ほか(雪組)(宝塚大劇場)
6月1日~6月29日『星のふる街』西行、『ジューン・ブライド』歌う花婿(雪組)(宝塚大劇場)
10月3日~10月31日『落葉のしらべ』参吉、『ノバ・ボサ・ノバ』オーロ(雪組)(宝塚大劇場)
12月2日~12月12日『シャイニング・ナウ!』(四組合同)(宝塚大劇場)
1973年
2月1日~2月27日『れんげ草』新六、『愛のラプソディ』青年ほか(雪組)(宝塚大劇場)
6月30日~7月26日『竹』三高生、太郎べほか、『カンテ・グランデ』マノロ(雪組)(宝塚大劇場)
11月1日~12月2日『たけくらべ』信如、『ラブ・ラバー』ジュンチャーノ(雪組)(宝塚大劇場)
1974年
2月28日~3月21日『花聟くらべ』太郎冠者、『ロマン・ロマンチック』ルンペン(雪組)(宝塚大劇場)
5月28日~6月25日『若獅子よ立髪を振れ』岡本浩太郎、『インスピレーション』パピリヨン(雪組)(宝塚大劇場)
11月29日~12月15日『ファンキー・ジャンプ』歌手ほか(雪組)(宝塚大劇場)
1975年
2月1日~2月27日『フィレンツェに燃える』アントニオ、『ザ・スター』歌う男ほか(雪組)(宝塚大劇場)
8月13日~9月30日『ベルサイユのばら』オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェ(雪組)(宝塚大劇場)
1976年
1月1日~2月17日『白鷺の詩』橘光信、『ムッシュ・パピヨン』カルロス(雪組)(宝塚大劇場)
6月25日~8月10日『星影の人』沖田総司、『Non、Non、Non』ナイーブ(雪組)(宝塚大劇場)
1977年
2月18日~3月23日『鶯歌春』趙永徳、『マンハッタン・ラグ』(雪組)(宝塚大劇場)
7月1日~8月9日『あかねさす紫の花』大海人皇子、『ザ・レビュー』夢人ほか(雪組)(宝塚大劇場)
1978年
1月1日~2月14日『風と共に去りぬ』スカーレット・オハラ(雪組)(宝塚大劇場)
6月30日~8月8日『丘の上のジョニー』ジョニー、『センセーション!』歌手ほか(雪組)(宝塚大劇場)
1979年
1月1日~2月13日『春風の招待』ギスターブ、ジョルジュ、『ハロー!ホリデー』ザ・ボーイ(雪組)(宝塚大劇場)
8月10日~9月25日『朝霧に消えた人』立花尚二郎、『オールマン・リバー』水兵ほか(雪組)(宝塚大劇場)
1980年
2月15日~3月25日『去りゆきし君がために』ジュリオ(雪組)(宝塚大劇場)
4月5日~4月13日『スター・ザ・サンシャイン』(雪組)(宝塚大劇場)

退団後の活動
退団後は、コンサートやディナーショーを中心に、テレビ、ラジオ、講演などで幅広く活躍している。
ただし近年は活躍の場を舞台に特化する傾向にあるようだ。

テレビ番組
吉宗評判記 暴れん坊将軍 第61話「春の嵐に散った恋」(1979年、ANB)
桃太郎侍 第223話「娘剣法一番勝負」(1981年、NTV)
銭形平次(CX)第888話「ああ十手ひとすじ!!八百八十八番大手柄 さらば我らの平次よ永遠に」 - お夏
ママたちが戦争を始めた!(1985年、NTV)
水曜シリーズドラマ「存在の深き眠り」(1986年、NHK)
月曜ドラマランド「原宿初恋探偵社」(1987年、CX)
男と女のミステリー「女が家を買うとき」(1988年、CX)
木曜ゴールデンドラマ「女優時代」(1988年、YTV)
金田一耕助の傑作推理 死神の矢(1989年、TBS)
女が会社を作るとき(1989年、CBC) - 主演
さすらい刑事旅情編II 第22話「湯けむり別府・女風呂に消えた完全犯罪」(1990年、ANB)
火曜サスペンス劇場「顔のない告発者」(1990年9月、NTV系・アズバーズ)
大岡越前 第13部 第13話「母は凶賊さみだれお仙」(1993年2月8日、TBS / C.A.L) - お久
ぼくらの勇気 未満都市 第10話「最後の勇気」(1997年、NTV)
新・部長刑事 アーバンポリス24 第342話「神戸・北野坂の女」(1998年、ABC)
お登勢(2001年、NHK)
笑っていいとも!(テレフォンショッキング・ゲスト、フジテレビ)
徹子の部屋(テレビ朝日)
ライオンのごきげんよう(フジテレビ)
一枚の写真(フジテレビ)
スタジオパークからこんにちは(NHK)


スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。