宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


羽山紀代美はやま きよみ

宝塚歌劇団の元星組娘役で現在は歌劇団振付家。
大阪市出身。

略歴
1961年、宝塚歌劇団に入団。
月組公演『春の踊り/サルタンバンク』で初舞台を踏む。47期生。
同期生に女優の初風諄や若みゆき(現・鳩山幸/鳩山由紀夫夫人)がいる。
翌年、星組に配属。
1973年に退団するまでダンスの得意な娘役として活躍。
退団を申し出た際、ダンスの技術を惜しむ歌劇団サイドから、振付家として後進の指導に当たることをすすめられた。
その後喜多弘に師事。
1975年、月組公演『恋こそわが命/イマージュ』で振付家としてデビュー。
以来、数多くの作品を手がける。また歌劇団のレッスン講師としても活躍。
1998年、歌劇団卒業生としては初の歌劇団理事に就任。
2005年、振付家30周年を記念して、「ゴールデン・ステップス -1975~2005-」が上演される。
轟悠、湖月わたる、朝海ひかる、瀬奈じゅんを中心に、現役選抜メンバーにより数々の名場面が再現された。
2006年、長年の宝塚歌劇における振付の功績が認められ、第32回菊田一夫演劇賞・特別賞を受賞した。

振付作品
1983年:『オルフェウスの窓-イザーク編-』
1985年:『ヒート・ウェーブ』
1986年:『メモアール・ド・パリ』、『スカイ・ハイ・スカイ』、『三つのワルツ』、『パリ、それは悲しみのソナタ』
1987年:『ショー・アップ・ショー』、『ザ・レビュースコープ』
1988年:『ビバ!シバ!』、『ダイナモ!』、『フォーエバー・タカラヅカ』
1989年:『ザ・ゲーム!』
1990年:『ベルサイユのばら』、『パラダイス・トロピカーナ』
1991年:『ジャンクション24』、『紫禁城の落日』
1993年:『パパラギ』
1994年:『ラ・カンタータ!』
1995年:『国境のない地図』、『バロック千一夜』
1996年:『パッション・ブルー』
2001年:『夢は世界を翔けめぐる』、『Jazz Mania』
2002年:『With a Song in my Heart』
2003年:『薔薇の封印-バンパイア・レクイエム-』
2004年:『タカラヅカ・グローリー』
2005年:『ASIAN WINDS! -アジアの風-』
2006年:『NEVER SAY GOODBYE-ある愛の軌跡-』
2007年:『シークレット・ハンター』
2011年:『Le Paradis!!-聖なる時間(とき)-』、『ONE』、『ノバ・ボサ・ノバ』、『めぐり会いは再び』


スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。