宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


オレンジ色に肌を輝やかせ、赤、青、白、黄、ピンク、金色…揺らめく衣裳を纏(まと)ったカリオカたちがサンバのリズムで歌い踊りまくっている。
日比谷の東京宝塚劇場星組公演「ノバ・ボサ・ノバ」
(7月3日まで。ミュージカル『めぐり会いは再び』を併演)。
1971年初演の宝塚屈指のショーだ。

そのセンターに立ち、1、2階席まで超満員の客席の視線を浴びているのが星組トップスター、柚希礼音
「ノバ-」は1999年、柚希が初舞台を踏んだ作品である。
私のデビュー作で全場面覚えています。その時のスターさん、みんな格好よかった。
宝塚ってほんとに面白い作品を作る。すごいなあと初舞台生ながら思いました
」。
入団11年目で、近年では最速のトップになった。
172センチの長身と華麗なダンス力、甘いマスク。大型新人現る! と入団時から騒がれた。

本人はバレリーナを目指し、宝塚に興味はなかった。
周囲の熱心な勧めで受験した結果だ。
音楽学校時代、毎月観劇会があって、だんだん宝塚が好きになってきたなと感じ出したころに『ノバ-』と出合って、宝塚に入ってよかった、と。
『ノバ-』が再演されたら、どんな役でもいい、出たい! といつも思っていました。トップとして出演させていただけるなんて感動です


「ノバ-」が育て、成長させ、現在、5組中最下級生でありながら最古参トップの立場にある。
自覚も風格も出てきた。
ソフトな物言いながら、作品分析など、厳しい姿勢も見せる。

リオのカーニバル3日間に繰り広げられる若き男女の恋と別れ。
「ノバ-」で演じている主役ソールに、今回、柚希流ははっきり示されている。
白人令嬢エストレーラと出会い頭に恋に落ちる。
そこを客席になるほどと思わせる丁寧さで演じているのだ。

エストレーラと最初にすれ違うところで灼熱の恋が芽生えます。そこ、思い入れたっぷりに色濃く作ろうと心掛けました。そうじゃないと最後の別れの悲しみにつながらない。この作品は他の人物もすごくドラマチックに描かれていますので、私たちの恋の悲劇が見落とされがちになりそうで

宝塚ファンからのスターではないだけに、ファンが望む方向性へ自分を近づけ、研鑽しようと努力する。
大半の女性のお客さまに共感されるかどうかがポイントです。美容師さんに今の男性の人気の髪形をお聞きしたり、男性が好きな流行りモノを調べたり…。ファンじゃなかった私がどんどん宝塚を好きになっていったように、お客さまにも宝塚を好きになっていただくためには、演じる私たちが格好良く見せる努力をしなければ

培った、その男役。
実際の男性ファンの反応はどうか? 
この前いただいたファンレターに、男役だけどかわいいからとかいう理由じゃなくて、“男性として憧れています”っていうのがあったんです。不思議感に襲われますけど、面白いですね

実際に好きなタイプの男性は? 
うーん。純粋な方が好き。すごくキザっているのに初心(うぶ)だったり、ギャップがあるところがいいとか…。韓国ドラマにはそういうヒーローが多いですね。宝塚ファンは韓流ドラマを好きな方が多いんですよ。そこ、研究する必要があると思うんです

締めの言葉は、トップの自覚。宝塚100周年へ向かう、心強い牽引者の言葉だった。
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。