宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


岸 香織きし かおり

宝塚歌劇団卒業生で、現在宝塚歌劇団公演編成会議議員。
本名は岸本理恵子(きしもと・りえこ)
大阪府大阪市出身、出身高校大谷高校。
公称身長156センチ
愛称は「キッシャン」(姓に由来)
後輩の大方からはキシモトさんと呼ばれていた。

来歴・人物
1957年、宝塚音楽学校入学。
1959年、45期生として、宝塚歌劇団入団。
『ラブリーロマンス』で初舞台。のちに雪組に配属される。
同期生には、高城珠里(元星組主演男役)
八汐路まり(元月組主演娘役)、藍葉子(野坂昭如夫人、娘は花景美妃・愛耀子)など。
1979年、雪組副組長に就任。
1981年、専科に異動。バイプレーヤーとして活躍する。本来は娘役であったが後年は小柄ながら男役もこなす。
1968年から退団まで、『歌劇』誌に「聞いて頂戴こんな話」を28年間にわたって連載する。
1999年、『夜明けの序曲』の千秋楽付けで定年により宝塚歌劇団を退団。
退団後は公演編成会議議員を務めるとともに、執筆活動も行い現在に至る。

雪組所属時代
1962年1月、『火の鳥』/『絢爛たる休日』新人公演:マーティン社長(本役:久方春代)
1963年8月、『白い天使たちの歌』/『不死鳥のつばさ燃ゆとも』新人公演:志乃(本役:大路三千緒)(東宝)
1964年7月、『宝寿』三郎冠者/『クレオパトラ』(東宝)
1964年12月、『海に生きる』作次の仲間/『ブロードウェイ・テンペスト』ネープルズ
1965年7月、『奥の細道』/『グッドバイ海賊』テイン
1965年9月、『伊豆の頼朝』/『ゴールデン・シャドウ』新人公演:フランク(本役:大路三千緒)
1966年4月、『瞳に咲く花』婆や/『羽衣物語』(宝塚新芸劇場)
1966年4月、『春風とバイオリン』村長の娘/『南蛮屏風』
1967年4月、『おてもやん』銀次/『世界はひとつ』
1967年9月、『花のオランダ坂』役人1/『シャンゴ』
1968年8月、『トリスタンとイゾルデ』リダン/『愛と夢とパーティ』
1968年12月、『一寸法師』新人公演:帝(本役:大路三千路)/『タカラヅカ 68』
1969年2月、『祭』/『ハムレット』墓掘り、新人公演:宰相ポローニアス(本役:大路三千路)
1969年5月、『回転木馬』バスコム
1970年5月、『春ふたたび』村長・佐衛門、新人公演:やす(本役:大路三千路)/『フォリー・タカラジェンヌ』
1971年1月、『紅梅白梅』仁田四郎/『シンガーズ・シンガー』
1971年4月、『ペーター一世の青春』ウイドウ・ブラウン/『ジョイ!』
1971年8月、『ペーター一世の青春』ウイドウ・ブラウン/『ノバ・ボサ・ノバ』(東宝)
1971年9月、『江戸ッ子三銃士』蘭々/『サンライズ・アゲイン』
1972年3月、『かぐら』音頭取り/『ザ・フラワー』
1972年6月、『星のふる街』オヤジ/『ジューン・ブライド』
1972年10月、『落ち葉のしらべ』おとよ/『ノバ・ボサ・ノバ』
1973年4月、『花吹雪』庄屋粂八、酒井主膳/『愛のラブソディ』(東宝)
1973年12月、『たけくらべ』三五郎/『ラブ・ラバー』キッシャーナ
1974年5月、『若獅子よ立髪を振れ』沼間慎太郎/『インスピレーション』
1974年10月、『竹』長老/『ロマン・ロマンチック』
1974年11月、『紅椿雪に咲く -義士外伝・毛利小平太-』堀部弥兵衛/『ファンキー・ジャンプ』
1975年2月、『フィレンツェに燃える』執事カルロ/『ザ・スター』
1975年8月、『ベルサイユのばら -アンドレとオスカル編-』ランバール夫人
1976年1月、『白鷺の詩』/『ムッシュ・パピヨン』トリケ
1976年6月、『星影の人』山崎丞/『Non, Non, No』
1977年2月、『鶯歌春』李栄遜/『マンハッタン・ラブ』
1977年7月、『あかねさす紫の花』鏡王/『ザ・レビュー』
1978年1月、『風と共に去りぬ』エルシング夫人
1978年6月、『丘の上のジョニー』ルイザ/『センセーション!』
1978年9月、『宝塚ファンタジー・ベルサイユのばら』(全国ツアー)フローレル
1979年1月、『春風の招待』マドレーヌ/『ハロー!ホリデー』
1979年5月、『春風の招待』マドレーヌ/『ファンキー・ジャンプ』(全国ツアー)
1979年8月、『朝霧に消えた人』安藤内膳 /『オールマン・リバー』
1980年2月、『去りゆきし君がため』アントニオ
1980年10月、『花の舞拍子』/『青き薔薇の軍神』バルカロール
1981年5月、『彷徨のレクイエム』ストルイピン、イザベル
1981年11月、『かもめ翔ぶ海』島田悠蔵/『サン・オリエント・サン』

専科所属時代
1982年8月、『夜明けの序曲』(花組)三上繁
1983年11月、『翔んでアラビアン・ナイト』(月組)ペロメー
1984年6月、『我が愛の山の彼方に』(星組)永順
1984年8月、『名探偵はひとりぼっち』(花組)テリプル・ルチアーノ
1985年6月、『愛のカレードスコープ』(雪組)ソニヤ
1986年1月、『微風のマドリガル』(花組)モレーノ・コスタ
1987年6月、『別離の肖像』(星組)ドン・カルロ
1989年9月、『ベルサイユのばら -フェルゼンとマリー・アントワネット編-』(星組)モンゼット侯爵/モンゼット侯爵夫人
1990年8月、『花のもとにて春』(雪組:バウ)藤原秀衡
1991年2月、『小さな花がひらいた』(花組:バウ・東京特別・全国ツアー)伊吉
1991年8月、『華麗なるギャツビー』(雪組)ヘンリー・ギャッツ
1992年5月、『恋人たちの神話』(雪組:バウ)門松教授
1992年9月、『グランサッソの百合』(星組:東京特別・名古屋特別)ジョバンニ
1993年3月、『忠臣蔵 -花に散り雪に散り-』(雪組:東宝)小野寺十内
1994年2月、『若き日の唄は忘れじ』(星組)石栗弥左衛門
1994年8月、『カサノヴァ・夢のかたみ』(星組)デュルフェ侯爵夫人/尼僧
1997年2月、『失われた楽園 -ハリウッド・バビロン』(花組)サミュエル・ヘリンジャー
1997年8月、『ザッツ・レビュー』(花組)瀬川牡丹
1997年10月、『白い朝』(花組:バウ・東京特別)与平/さぬき屋伊平
1999年1月、『夜明けの序曲』(花組)三上繁 *退団公演

著書
『虹色の記憶 タカラヅカわたしの歩んだ40年』(中央公論新社 2000)
『妖精たちの舞台ウラ』(毎日新聞社 2002)



スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。