宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


八汐路 まりやしおじ まり

元宝塚歌劇団月組主演娘役
野里元治(園芸店「陽春園」3代目主人)夫人である。
和歌山県出身。
宝塚時代の公称身長は159cm。
宝塚時代の愛称は「ベンちゃん」

略歴
1957年、宝塚音楽学校に入学。
1959年、宝塚音楽学校を卒業し、45期生として雪組公演『ラブリー・ロマンス』で宝塚歌劇団の初舞台を踏む。
1970年、宝塚歌劇団を退団。

宝塚時代の主な舞台出演
『三銃士』(月組)(1961年9月2日 - 9月29日、宝塚大劇場)
『踊珠曼茶羅』『レ・ガールス -魅せられし女性論-』(月組)(1962年3月1日 - 3月22日、宝塚大劇場)
『皇太子の勲章』(月組)(1962年11月1日 - 11月28日、宝塚大劇場)
『トランペット・オルフェ』(月組)(1963年3月1日 - 3月24日、宝塚大劇場)
『九月の宵の幻想曲(ファンタジア)』『一人ぼっちのハネムーン』(月組)(1963年9月3日 - 9月29日、宝塚大劇場)
『南の哀愁』(月組)(1964年3月3日 - 3月25日、宝塚大劇場)
『レビュー・オブ・レビューズ』(星・月組合同)(1964年6月2日 - 6月28日、宝塚大劇場)
『ユンタ』(月組)(1964年8月4日 - 8月31日、宝塚大劇場)
『ボン・ビアン・パリ』(月組)(1965年1月1日 - 1月25日、宝塚大劇場)
『スペードの女王』(月組)(1965年5月1日 - 5月31日、宝塚大劇場)
『ローレライ』『永遠のスーザン』(月組)(1966年9月2日 - 9月29日、宝塚大劇場)
『霧深きエルベのほとり』(月組)(1967年1月28日 - 2月28日、宝塚大劇場)
『オクラホマ!』(月・星組)(1967年7月1日 - 7月30日、宝塚大劇場)
『アディオ・アモーレ』『ワンダフル・タウン』(月組)(1967年10月31日 - 11月30日、宝塚大劇場)
『ハイ・ブライト』(月組)(1968年1月1日 - 1月30日、宝塚大劇場)
『ラプソディ -ハンガリア物語-』(月組)(1968年4月27日 - 5月30日、宝塚大劇場)
『ウエストサイド物語』(月・雪組)(1968年8月1日 - 9月1日、宝塚大劇場)
『ウエストサイド物語』(月・雪組)(1969年3月1日 - 3月25日、宝塚大劇場)
『怒濤の果て』『アリア・イン・ジャズ』(月組)(1969年7月5日 - 8月5日、宝塚大劇場)
『嵐が丘』(月組)(1969年10月31日 - 11月29日、宝塚大劇場)
『タカラヅカEXPO' 70』(月組)(1970年4月15日 - 5月6日、宝塚大劇場)
『鴎よ波濤を越えて』『青春のプレリュード』(月組)(1970年9月2日 - 9月30日、宝塚大劇場)


スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。