宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


白峰 万里子しらみね まりこ

宝塚歌劇団45期生。香川県坂出市出身。
45期(1959年入団→1966年退団)
初舞台は、1959年「ラブリーロマンス」
1964年(昭和39年)宝塚歌劇団年度賞において声楽賞受賞

特徴の列挙
愛称として、音楽学校時代は山崎の姓からヤマちゃんと呼ばれていたが芸名が付くころには、肌の色が黒かったので黒ちゃんと呼ばれ始めるが、後に意味は不明だがブローニーとも呼ばれていた。
芸名は、讃岐出身なので地元で有名な白峰山、白峰寺、白峰神社など土地の山と神社の名に因んで父が名付けたもの。

新人時代に先輩であった滝川末子(2代目)から「あなた、讃岐出身なの?」と声を掛けられ、「なぜ出身地をご存知なのだろう。」と不思議に思っていた。
後に滝川末子の芸名の由来は、百人一首の崇徳院の
「瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の われても末に あはむとぞ思う」
からであること、崇徳院が讃岐国に流刑に処され、白峰に祀られたことを知ってようやく理解する事となる。
入学前、歌が得意だったので歌手を目指していたのは事実だが、歌手になれば市川雷蔵とも出会うことが出来るかも知れないと考えていた。

当時、市川雷蔵が既に結婚している事を知らなかったので、かなり本気で結婚を考えていたらしい。
音楽学校時代から劇場の近くにあるお好み焼き屋によく出入りをしていた。そこで青年実業家で後の夫と出会うことになる。

収録作品
『宝塚歌劇〜戦前編』 - コロムビアミュージックエンタテインメント、221分、1993年3月1日発売。ASIN B00005ELS9
ディスク:1
2曲目 桜大名(笹潤子,白峰万里子,社千代,一条ゆかり)
4曲目 金平めがね(白峰万里子)
5曲目 お夏笠物狂(笹潤子,白峰万里子,社千代,一条ゆかり)
8曲目 榎の僧正(笹潤子,白峰万里子,社千代,一条ゆかり)
宝塚グランドフォーリ-ズ「ショウイズオン」主題歌 - 宝塚シングルレコードカタログ/コロンビア、1960年10月発売。SA-485
「虹のカクテル」淀かほる / 八汐路まり・白峰万里子・笹潤子
「ショウイズオン」真木弥生 / 八潮路まり・白峰万里子・笹潤子


スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。