宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


松本 悠里まつもと ゆり

宝塚歌劇団・専科に所属する娘役(劇団理事)
神奈川県鎌倉市出身。
1956年、宝塚音楽学校に入学。1957年に初舞台を踏む。44期生。
芸名は日本舞踊の流派である松本流の名取名に由来する。
舞の名手であり数々の作品にも出演、春日野八千代と共に「宝塚舞踊会」など祝賀公演などに参加している。
同期に千波静(ダンスを得意としていた人気男役。元プロテニスプレーヤー・松岡修造の母)・今西正子(宝塚音楽学校教頭)らがいる。

主な舞台作品
雪組時代
『春の踊り<花の歌舞伎/花のエキスプレス>』(1957年)*初舞台
『宝塚おどり絵巻』/『世界への招待』(1965年・パリ公演)
『おてもやん』/『世界はひとつ』(1967年)
『トリスタンとイゾルデ』/『シャンゴ』(1968年)
『祭』/『ハムレット』(1969年)
『いろはにほへと』/『ラブ・パレード』(1970年・新宿コマ劇場)
『四季の踊り絵巻』/『ハロー!タカラヅカ』(1970年)
『雪女』/『パレアナの微笑み』(1970年)
『紅梅白梅』(1973年)
『宝塚名曲選』(1973年)
『竹』(1974年・新宿コマ劇場)
専科時代
『春の宝塚踊り』(1975年・月組)
『ファンタジー・タカラヅカ』(1975年・ヨーロッパ公演)
『星影の人』(1976年・雪組)
『星影の人』(1977年・雪組・全国ツアー)*福岡公演のみ
『宝舞抄』(1977年・花組)
『祭りファンタジー』(1978年・月組)
『ザ・タカラヅカ』(1978・中南米公演)
『白夜わが愛』(1979年・星組)
『花小袖』(1980年・花組)
『花小袖』(1981年・花組・中日劇場公演)
『春の踊り<花の子供風土記>』(1981年・花組)
『海鳴りにもののふの詩が』(1981年・星組)
『春の踊り<花と夢と愛と>』(1982年・花組)
『夜明けの序曲』(1982年・花組)
『春の踊り<祝いまんだら>』(1984年・星組)
『ジャパン・ファンタジー』(1985年・ハワイ公演)
『レビュー交響楽』(1986年・星組)
『宝塚をどり賛歌』(1987年・雪組)
『ザ・レビュースコオプ』(1987年・花組)
『宝塚をどり讃歌 '88』(1988年・花組)
『春の踊り<恋の花歌舞伎>』(1989年・星組)
『宝塚をどり讃歌』(1989年・ニューヨーク公演)
『松本悠里能楽撰』(1990年・専科・バウホール公演)
『花幻抄』(1991年・雪組)
『白扇花集』(1992年・花組)
『宝寿頌』(1993年・星組) *宝塚大劇場こけら落とし
『花扇抄 -花姿恋錦絵-』(1993年・月組)
『花扇抄 -花姿恋錦絵-』(1994年・ロンドン公演)
『国境のない地図』(1995年・星組)
『花は花なり』(1996年・花組)
『夢幻宝寿頌』(1998年・宙組・香港公演)
『夜明けの序曲』(1999年・花組)
『第二回松本悠里リサイタル』(1999年・専科・バウホール公演)
『宝塚 雪・月・花』(2000年・ベルリン公演)
『いますみれ花咲く』(2001年・月組・東京宝塚劇場公演のみ) *東京宝塚劇場こけら落とし
『花の宝塚風土記 -春の踊り-』(2003年・月組)
『飛翔無限』(2004年・花組)
『長崎しぐれ坂』(2005年・星組)
『さくら』(2007年・星組)
『風の錦絵』(2009年・雪組)
『宝塚花の踊り絵巻 -秋の踊り-』(2010年・星組)
宝塚舞踊会 [編集]
第11回(1968年07月13日)
第20回(1976年10月19日)
第21回(1979年10月18日)
第23回(1981年10月16日) 花と鼓
第24回(1982年9月10日) 嬲道成寺
第25回(1983年10月7日) 紅売り
弟27回(1985年11月8日) あちゃかの関
第28回(1986年10月7日) 雪月花
第29回(1987年10月6日)
第30回(1988年10月4日) 清元 万年喜猫
第31回(1990年10月5日)
第32回(1991年10月4日) 春信幻想曲
第33回(1992年10月16日) 吉野天人
第34回(1993年10月1日) 清元 神田川
第35回(1994年10月7日) 助六
第36回(1995年10月5日) 供奴
第37回(1996年10月4日) 山姥
第38回(1997年10月14日) 長唄 鏡獅子
第39回(1998年10月13日) 清元 万年喜猫
第40回(1999年10月15日) 子守
第41回(2000年10月13日) 紅葉狩
第42回(2001年10月19日) 菊
第43回(2002年10月11日) 長唄 座敷舞道成寺
第44回(2003年10月17日) 清元 神田祭
第45回(2004年10月29日) 菊・勘二郎追善
第46回(2005年10月09日) 珠取り
第47回(2006年10月20日) 長唄 藤娘
第48回(2007年10月19日) 清元 面影曽我
第49回(2008年10月24日) 清元 保名
第50回(2009年11月20日) 長唄 賤の小田巻




スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。