宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


浜 木綿子はまゆうこ

本名:香川 阿都子(かがわ あつこ)
別名:アツコ
生年月日:1935年10月31日
出生地 :日本・東京都目黒区緑が丘
民族:日本人
職業:女優
ジャンル:宝塚歌劇・映画・テレビ・舞台
配偶者 市川猿之助 (3代目)(元夫)
家族 香川照之(長男)
日本の女優。元・宝塚歌劇団雪組トップ娘役。
東京都目黒区、大阪府豊中市「梅花中学校・高等学校」出身。宝塚時代の愛称は、本名から「アツコ
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

人物・略歴
1953年、宝塚歌劇団に入団。同期に那智わたる・藤里美保・麻鳥千穂がいた。
入団当初、春日野八千代、明石照子、淀かほる・寿美花代らを相手に『恋人よ我に帰れ』、『青い珊瑚礁』などでの演技ぶりでその存在を認められ、『がしんたれ』、『がめつい奴』など外部出演も多かった。

1961年、『華麗なる千拍子』で退団。その後は東宝現代劇と契約、舞台女優として『悲しき道具』(1962年)で文化庁芸術祭奨励賞、『湯葉』(1973年)でゴールデン・アロー賞演劇部門賞など数々の賞を得る。
1980年代から2000年代前半にかけては2時間ドラマの主演で多彩な役をこなし、お茶の間の人気を得た。
特に『女監察医・室生亜季子』シリーズ、『おふくろシリーズ』という高視聴率人気ドラマを産み出す。
特に前者のシリーズの人気も手伝い、『火曜サスペンス劇場』最多主演女優である。
1965年、三代目市川猿之助と結婚。

同年NHK大河ドラマ『太閤記』に念仏踊りの姉妹の姉役で出演していたが妊娠のため、番組を途中で降板。
その後は台本を一部変更して、妹役(結城美栄子)だけが出演した。そして12月に長男の香川照之を出産。
森光子主演舞台「放浪記」の初演当時は浜木綿子が日夏京子を演じていた。
1968年、離婚。その後は実母の協力のもと、芸能活動を続けながら女手一つで育て上げた。
近年、人気ドラマ『女監察医・室生亜季子』シリーズの終了後はテレビドラマの出演はなく、年間1ヶ月の座長公演及び、その稽古期間やCM出演の他には仕事は殆どせず、悠々自適の生活を送っている。

宝塚時代
聯隊の娘(花組公演、1956年4月1日 - 4月29日、宝塚大劇場、作者:白井鐵造)
緑のハイデルベルヒ(雪組公演、1956年5月1日 - 5月30日、宝塚大劇場、作者:内海重典)
ペロー博士の贈物/夜霧の女(雪組公演、1956年10月2日 - 10月30日、宝塚大劇場、作者:飯沢匡(『ペロー博士の贈物』担当)、演出:高木史朗(『ペロー博士の贈物』担当)、作者:竹内弘光(『夜霧の女』担当))
即興詩人/モン・パリ(雪組公演、1957年8月1日 - 8月30日、宝塚大劇場、構成・演出:白井鐵造(両作品担当)、脚本:高崎邦祐(『即興詩人』担当))
恋人よ我に帰れ(月組公演、1958年1月1日 - 1月29日、宝塚大劇場、作者:白井鐵造)
第六の地球/白夜に帰る(雪組公演、1958年3月1日 - 3月24日、宝塚大劇場、作者:飯沢匡(『第六の地球』担当)、脚本・演出:内海重典(『白夜に帰る』は演出のみ担当)、作者:矢代静一(『白夜に帰る』担当))
青い珊瑚礁(月組公演、1958年10月1日 - 10月30日、宝塚大劇場、作者:内海重典)
カレンダー・ガールス(花・月・雪組合同公演、1958年12月2日 - 12月26日、宝塚大劇場、構成・演出:横澤英雄)
日本美女絵巻/ミュージック・アルバム(月組公演、1959年2月1日 - 2月26日、宝塚大劇場、演出:白井鐵造(両作品担当)、脚本:菅沼・植田(『日本美女絵巻』担当))
アメリカ・カナダ公演(1959年)
扇/燃える氷河(雪組公演、1960年3月2日 - 3月23日、宝塚大劇場、作者:高木史朗(『扇』担当)、作者:北條秀司(『燃える氷河』担当))
春の踊り(日本の恋の物語)/三文アムール(雪組公演、1960年5月1日 - 5月30日、宝塚大劇場、作者:白井鐵造(『春の踊り』担当)、脚本:菅沼潤(『春の踊り』担当)、作者:矢代静一(『三文アムール』担当)、演出:内海重典(『三文アムール』担当))
新・竹取物語/カルメン・カリビア(雪組公演、1960年9月2日 - 9月29日、宝塚大劇場、作者:小原弘亘(『新・竹取物語』担当)・内海重典(『カルメン・カリビア』担当))
がめつい奴(外部出演、1960年)
がしんたれ(外部出演、1960年)
残雪/華麗なる千拍子(雪組公演、1961年2月3日 - 2月26日、宝塚大劇場、作者:高木史朗(両作品担当))

宝塚退団後
異母姉妹(原作:平岩弓枝、演出:石井ふく子) - 名古屋演劇ペンクラブ賞受賞
雪の華(作:服部ケイ、演出:石井ふく子)
放浪記
風と共に去りぬ
ラ・マンチャの男
売らいでか!亭主売ります
真室川の女
ねぶたの女
極楽町一丁目 嫁姑地獄編
喝采〜愛のボレロ
肝っ玉姐さん奮闘記
女将の花道

映画
ゴー!ゴー!若大将(1967年、東宝・宝塚映画)
社長繁盛記(1968年、東宝)
続・社長繁盛記(1968年、東宝)
子連れ狼 死に風に向う乳母車(1972年、東宝)
トラック野郎 男一匹桃次郎(1977年、東映)
五番町夕霧楼(1980年、松竹)

テレビドラマ
大河ドラマ「太閤記」(1965年、NHK)
炎の青春(1965年、日本テレビ)
鞍馬天狗(1969年、NHK)
大坂城の女(1970年、関西テレビ)
赤ひげ(1972年、NHK)
子連れ狼(日本テレビ)
ぶらり信兵衛 道場破り(1973年 - 1974年、フジテレビ / 東映)
唖侍鬼一法眼 第3話「火炎の街道」(1973年、日本テレビ)
破れ傘刀舟 悪人狩り 第9話「遊女の挽歌」(1974年、三船プロ / NETテレビ) おしの
座頭市物語 第9話「二人座頭市」(1974年、フジテレビ)
影同心 II(1975年、毎日放送)
ベルサイユのトラック姐ちゃん(1976年、NET)
桃太郎侍 (日本テレビ)
第23話「涙でうたう子守唄」(1977年)
第103話「呑んべえ芸者騒動記」(1978年)
第128話「琉球を食う鬼退治」(1979年)
新・座頭市 第26話「鴉カァーとないて市が来た」(1977年、フジテレビ)
たんぽぽ 第4シリーズ(1977年、日本テレビ)
家族(1977年、TBS)
吉宗評判記 暴れん坊将軍 第31話「御狩場から消えた女」(1978年、テレビ朝日 / 東映) - お駒
高木彬光シリーズ 白昼の死角(1979年、毎日放送)
日本巌窟王(1979年、NHK)お夕 役
女たちの忠臣蔵(1979年、TBS)
水戸黄門 第10部 第26話「日本晴れ水戸街道 -水戸-」(1980年2月11日、TBS / C.A.L) - 志津
松本清張の駆ける男(1980年7月19日、テレビ朝日 / 松竹)※主演
木曜ゴールデンドラマ「松本清張の強き蟻」(1981年6月25日、日本テレビ / 東映)※主演
母も娘も(1983年、TBS)
結婚する手続き(NHK)
おふくろシリーズ(フジテレビ)
火曜サスペンス劇場(日本テレビ)
偽りの未亡人(1983年10月)
行きずりの殺意(1984年)
面影は共犯者(1985年1月)
悪魔が忍び込む(1986年7月2日)
妻の疑惑(1987年1月、東映)
空白の実験室(1987年5月)
女監察医・室生亜季子シリーズ(東映)監察医室生亜希子 役
水曜ドラマスペシャル「女保険調査員」(1986年、TBS)
かあちゃんと息子(1989年、TBS)SMAP森且行と共演
土曜ワイド劇場 (テレビ朝日)
「尼さん探偵シリーズ」(朝日放送)
「女調査員・おでん屋“ぽんた”探偵局」(朝日放送) 時田早苗 役
月曜ミステリー劇場「かあさん保護司 神崎アイの熱血事件簿」(2001年、毎日放送)
女と愛とミステリー「浜木綿子サスペンス・殺意の川」(2004年3月、テレビ東京)
その他の番組 [編集]
徹子の部屋(テレビ朝日)
一枚の写真(フジテレビ)


スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。