宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


朝丘 雪路あさおか ゆきじ

本名:加藤 雪会(かとう ゆきえ)(旧姓:勝田)
別名:深水 美智雪(ふかみ みちゆき)
生年月日:1935年7月23日
出生地:日本・東京都中央区
血液型:B
職業:歌手、女優、タレント、日本舞踊家
ジャンル:映画、舞台、テレビドラマ、バラエティ番組の司会者
配偶者:津川雅彦
家族 父(伊東深水)
義兄(長門裕之)
義姉(南田洋子)(前夫との間に)長男(津川との間に)長女(真由子)
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

朝丘 雪路は、日本の歌手、女優。本名;加藤 雪会(かとう ゆきえ)。
東京市京橋区築地生まれ。血液型はB型。元宝塚歌劇団月組娘役。
父は日本画家の伊東深水。夫は津川雅彦、娘は真由子。
義兄は長門裕之、義姉は南田洋子。日舞の深水流家元として、深水 美智雪の名も持つ。

来歴
料亭「勝田」女将の勝田麻起子の娘として生まれる。
芸事を好んだ母の勧めで3歳より日本舞踊を花柳三之輔に師事。
妾腹(非嫡出子)ではあるが父に溺愛され、小学校(泰明小学校)の通学にも養育係とともに人力車で通っていた。
養育係は登校時間のあとは下校まで彼女を車屋と学校で待っていた。
このようなあまりの過保護ぶりを見た深水の友人でもあった小林一三に「娘さんがだめになる」と言われたため、山脇学園卒業後、1952年宝塚歌劇団に入団。
同期の39期生には女優の真帆志ぶき(元雪組男役トップスター)、東千代之介夫人の千之赫子がいる。
月組に在籍し娘役として活躍。 1955年宝塚歌劇団を退団。

1960年代に人気テレビ番組『11PM』のアシスタントとなって人気を集める。
1967年青森県八戸市の内科医師と結婚、男児をもうける。
1968年離婚(子供は夫側が引き取る)。1973年津川雅彦と再婚。1974年真由子を出産。
その後も女優として活躍。
お嬢様育ちのおっとりしたキャラクターと常識外れな発言で人気を集め、バラエティ番組に多数出演している。
現在では深水流家元として、青二塾で日舞の講師を勤めている。
2003年、芸術選奨文部科学大臣賞受賞。

エピソード
世間知らずのお嬢様育ちで、一般常識というものがよく分からずまさに浮世離れした人格である。
そのため、娘の幼少時代も授業参観で大騒ぎしたエピソードがあり、娘も「親が関わる時は必ずパパ(=夫の津川雅彦)が来てくれなきゃ困る」と言っていたという。
また今でも朝丘ひとりだけで公共交通に乗って、目的地へ行くこともできないという現代ではありえない感覚の持ち主である。

芸名は、「朝の丘の雪の路」は誰にも踏まれていないので真っ白、という意味が由来である。
花柳章太郎や川口松太郎にも、目をかけられた。
1967年『11PM』で大橋巨泉が胸の大きい朝丘を指して「ボイン」と呼び、'80年代まで長く使われる流行語になったという経緯がある。巨乳タレントのはしりといえる。

テレビ番組『ゲバゲバ90分』において、郵便小包の配達夫に「拇印お願いします」と言われ、「よいしょっと」と言いながら伝票にボイン(自分の乳房)を押し付けるコントを披露した。

1974年春よりフジテレビ系の歌謡番組『夜のヒットスタジオ』の2代目司会者として、芳村真理、三波伸介とのトリオ体制で司会を担当したが、程なく、舞台の長期公演の仕事が入ってしまい、やむなくわずか3か月でレギュラーでの出演を中断。
その後、1975年3月までは、スケジュールが空いている場合等にゲスト司会者として断続的に出演をするという変則的な形式が採られていた。
3か月で番組降板をしたことにつき、同い年の芳村との確執が原因では、とする噂もあったが、この点については後年、明確に否定している。

実際には、1960年代半ばの頃から芳村が朝丘の歌謡ショーの司会を担当したこともあるなど、長年の親交があり、当時、お互いに毎回放送前になると服装をどうするかを相談し合い、なるべく衣装の雰囲気が重ならない形で放送本番で着用する衣装を選ぶようにしていたという(その後も、ゲスト歌手の客演やご対面ゲストといった形で番組に顔を出したことはあるが、3か月のみの登板であったこともあり、フジテレビ側の公式解釈としては正式のレギュラーの司会者ではなく、「ゲスト」司会者扱いとされており、『夜ヒット』の○周年記念・あるいは○百回記念といった節目の回において歴代司会者が集まる場で彼女が司会者の一人として登場したことはなく、最終回や1000回記念でも歴代司会者から彼女の名前は除外されていた。

ただし、1000回放送での勇退後に芳村真理が著した勇退記念本『芳村真理の夜のヒットスタジオDELUXE』(1988年6月発刊)の中では、前田武彦・井上順・古舘伊知郎と並んで歴代司会者の一人として番組の想い出や芳村へのメッセージを語っている。
恐らく、同じく2代目の芳村の相手役であった三波伸介が既に1000回放送の時点で逝去していた(1982年末に三波は逝去した)ことからその代わりとして朝丘へのインタビューを行ったものと考えられる)。

『笑っていいとも!』の「テレホンショッキング」コーナーに何度かゲスト出演しているが、さまざまなハプニングを起こしている。
1986年3月3日の出演時、「お友達紹介」の際に次回出演の宍戸錠の、自宅の電話番号を思わず言ってしまう。その直後、宍戸宅にいたずら電話が殺到、しばらく電話が繋がらない状態となった。
宍戸はその後、自宅の電話番号を変更せざるを得なくなったという。
また1988年12月16日にも出演予定だったが、滞在先の金沢市が大雪により、飛行機が大幅に遅れて離陸のため同番組に登場出来なかった(急遽本番当日は長門裕之が代理出演)。
無線電話で司会のタモリと連絡が繋がったが、朝丘はこの時思わず「いま飛行機の上~!」と叫んでしまう。タモリは「早く飛行機の中に入って下さい! 『かんれーじぇんしぇん』が…」(正しくは「寒冷前線」。気象解説者・福井敏雄の独特な言葉で話題となった)とギャグを飛ばし、会場は大いに受けていた。
友人であった鈴木その子の経営していた会社「トキノ(現SONOKO)」のCMに出演したことがあり、ドラマでは鈴木その子の実母・末野を演じている。

近年『エンタの神様』でははなわが朝丘にインタビューしつつ「朝丘雪路伝説」というネタを披露した。
仲の良い先輩、同年代のタレント、実の娘からも「ゆきえちゃん」と本名で呼ばれている
。朝丘自身は夫を「まー」と呼んでいるらしい(トーク番組では夫のことを「雅彦さん」「津川さん」と言っている)。若いころは「雪姐(ゆきねー)」という愛称でも呼ばれた。

フジテレビの2006年5月25日放送の『クイズミリオネア』に真由子と親子で出演し、750万円の問題で「浦島太郎の竜宮城の場所」の解答を間違えて賞金100万円を獲得。
娘が生後5ヶ月の時期に誘拐されたことがある(津川雅彦長女誘拐事件)。
後に娘は無事発見・保護され、誘拐犯は逮捕される。

ヒット曲もあり、代表的なものは「道頓堀行進曲」(1961年 東芝音楽工業)「振り向いてもくれない」(1965年 日本クラウン)「スキャンドール」(1968年日本クラウン)「雨がやんだら」(1970年 CBSソニー)など。
11PMでの、キャッチフレーズで自身が「朝弱い朝丘雪路です」と言っていたように、おっとりとした低血圧の天然キャラも売り物であった。
実際にトーク番組などで自身が披瀝する低血圧エピソードは多い。
代表的なものに、朝の低血圧時にホテルの部屋のモーニングコールが鳴ると、驚いてそのまま気絶。
部屋で倒れているところを発見されて大騒ぎになることが度々ある、など。

結婚するまで自分でお金を払って買い物をしたという経験が全く無く、結婚してから買い物はすべて1万円札で支払っていたためにお釣りの千円札や硬貨が溜まりに溜まり、ある日薬を探していた津川が引き出しから小銭の山を発見し仰天する。朝丘はそれらがお金とは知らなかった。

生まれてから海には入ったことがないらしい。
「親が海は、危険だ」と言ったいいつけを守っている。夏は親が用意したホテルのスイートのプール(1ヵ月貸切)にて友人たちと過ごした。
初めてテレビに出演した年齢は23歳。日本ではまだ試験放送だった時期にアメリカの番組(「ダイナ・ショア・ショウ」)に出演した。(『笑っていいとも!』のお答え足し算 100超えたら負けよ!より)

テレビドラマ
NHK
花の生涯(1963年)唐人お吉 役
繭子ひとり(1971年 - 1972年)
ええにょぼ(1993年)
青空にちんどん(1994年)
風のハルカ(2005年 - 2006年)神崎ちい 役
TBS
ひまわりの歌(1981年)
スチュワーデス物語(1983年 - 1984年)木下富子 役
水曜ドラマスペシャル
「松本清張スペシャル・支払い過ぎた縁談」(1985年)桃川恒夫の母 役
時間ですよ(1989年)
水戸黄門
第31部(2003年)おせい 役
第40部(2009年)お鹿 役
月曜ドラマスペシャル
「演歌・唱太郎の人情事件日誌」(1996年 - 1997年)早乙女紫織 役
「弁護士芸者のお座敷事件簿」(1997年 - 2000年)栗原みさえ 役
月曜ミステリー劇場
「棟居刑事シリーズ」(2004年)本宮敦子 役
月曜ゴールデン
「占い師みすず 事件は運命の彼方に」(2006年 - )丸山千景 役
毎日放送
気になる関係(1973年)産代 役
千利休 〜春を待つ雪間草のごとく〜(1990年)高台院 役
日本テレビ
焼きたてのホカホカ(1971年)
愛のサスペンス劇場・母絶唱(1975年)
キッド(1983年)
気分は名探偵(1984年 - 1985年)吉原聖子 役
火曜サスペンス劇場
「女検事・霞夕子」(1993年 - 2005年)霞瑞江 役
DRAMA COMPLEX
「ダイエットの女王 鈴木その子」(2006年)山中末野 役
フジテレビ
座頭市物語 第6話「どしゃぶり」(1974年)おせい 役
新・座頭市 第2シリーズ 第2話「目なしだるまに春が来た」(1978年)お蝶太夫 役
月曜ドラマランド
「ぐうたらママシリーズ」(1983年 - 1984年)あざみ 役
「意地悪ばあさん2 意地悪ばあさんの逆襲」(1984年)ミチ子 役
「いたずらスチュワーデス! お嬢さまお手やわらかに」(1985年)
愛と青春の宝塚(2002年)紫貴彩華 役
金曜プレステージ
「花瀬ちなつの殺人スクープ」(2000年)花瀬芳乃 役
「ひみつな奥さん」(2007年)藤乃秋子 役
「妻たちからの三行半〜夫たちの(秘)離婚回避マニュアル〜」(2008年)実原そよ子 役
関西テレビ
裸の大将放浪記(1983年)
徳川おんな絵巻(1971年)お雪 役
ブスの瞳に恋してる(2006年)山口恵美子 役
東海テレビ
日々の背信(1967年)
テレビ朝日(旧NET)
非情のライセンス 第2シリーズ 第20話「兇悪の純愛」(1975年)茜ひとみ 役
遠山の金さん(1976年)
新・京都迷宮案内(2003年)二宮美佐子 役
古都(2005年)
7人の女弁護士(2008年)吉岡フミ 役
朝日放送
必殺仕置人 第22話「楽あれば苦あり親はなし」(1973年) お波 役
土曜ワイド劇場
「温泉 (秘) 大作戦」(2005年 - 2006年)進藤聖子 役
中部日本放送
真実一路(1979年)
テレビ東京
死を呼ぶ人形(1989年1月30日) 秋野夕雨子 役
徳川剣豪伝 それからの武蔵(1996年)
赤穂浪士(1999年)

映画
眼の壁(1958年)永井章子 役
ある落日(1959年)額田まさみ 役
三百六十五夜(1962年)大江照子 役
嵐を呼ぶ男(1966年)
座頭市(1967年)ともえ 役
炎の肖像(1974年)スナックのママ 役
男はつらいよ 花も嵐も寅次郎(1982年)桃枝 役
ダイアモンドは傷つかない(1982年)
伊賀野カバ丸(1983年)大久保蘭 役
迷走地図(1983年)星さゆり 役
時代屋の女房(1983年)菊池松江 役
必殺! THE HISSATSU(1984年)柳橋のお甲 役
テラ戦士ΨBOY(1985年)MOMOKOの母 役
ザ・サムライ(1986年)血祭静 役
藏(1995年)谷村昌枝 役
ホーホケキョ となりの山田くん(1999年)山田まつ子 役
極道の妻たち(2000年)西宮鴇子 役

ビデオ
朝丘雪路 涼という女(1992年) 監督:久世光彦 発売:パック・イン・ビデオ 時間:45分 当時14,214円(税込)
朝丘雪路 艶紅~涼という女~(1993年7月9日) ※上記の再編集(蚊帳の中で横たわり恋人との逢瀬を思い浮かべているシーンをカット) 発売:日活 当時3,600円(税込)

バラエティ番組
11PM(1966年 - 1982年)アシスタント
夜のヒットスタジオ(1974年)2代目アシスタント
クイズ!年の差なんて
一枚の写真(1985年12月16日)
クイズ どんなMONだい?!(1992年 - 1994年)
ジャングルTV 〜タモリの法則〜(1997年)
快傑熟女!心配ご無用(1997年 - 2000年)
シルシルミシル



スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。