宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


「下流の宴」NHK総合 火曜午後10時

「人間は努力しなくてはいけない、こういう家庭を築かなくてはいけない、そんな確固たる価値観を持つ人。まったくぶれない」

黒木をもうならせる“モーレツ主婦”、福原由美子が今回の役どころだ。
普段の芝居では、「こういう時はどっちなのだろう」と悩む瞬間があるというが、「由美子の場合は、自分の価値観をどうまっとうしようかという悩み。揺るぎない役作りをすることができました」と笑う。

「人間は十努力すれば二十にも三十にもなる」「下流に落ちるな」。幼いころから母(野際陽子)にそう教え込まれた由美子は、わが子の教育にも熱心。
しかし、息子の翔(窪田正孝)が高校を中退。同じフリーターの彼女(美波)と結婚をすると言い出してしまう…。

私は昭和の人間ですので、努力をしなさいと言われて育ったし、努力すること自体嫌いじゃない。でもこの間、娘に『勉強しなかったら、つまらない男と結婚するのよ、そしたらあなたの人生つまらないわよ~』っていう由美子のセリフをふざけて言ってみたら、『いいもん』って(笑)」

豊かな日本に生まれ育った子供たちにとって、努力しない将来がどんなものなのか「リアリティーが持てないのかも」と、分析も加える。

一定水準の学歴、会社に身を置くことこそ幸せだと信じる由美子にとっては、覇気がなく、物欲も金銭欲もない息子は歯がゆくてならない。
テキトーに生きているように見える息子の彼女など、論外の存在だ。

見どころはなんといっても、息子の彼女とのバトル。
コミカルな演技を見せているが、「相手のセリフに共感しないよう、私が一番正しい!と思うように心がけています」と意外な苦労もあるようだ。

物語に登場する子供たちは、日本の一部の若者像とだぶるが、東日本大震災後、「子供たちの考え方が変わった」と感じている。

「人のために役立ちたいとか、自分にできることはないかと思い始めたのではないでしょうか。このドラマが『努力って必要だよね』という“希望”に変わってくれたらうれしいですね」
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

ショーコちゃんの娘さんも、タカラジェンヌになって欲しいなぁ…。と実は思っています。
是非、娘役でお願いします!!

スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。