宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


舞台「みんな我が子」 
公演期間:2011/12/2(金) ~ 2011/12/18(日)
会場:新国立劇場 小劇場 (東京都) 他あり
S席 8500円 、 A席 6000円(東京)
S席 8500円 、 A席 6000円 、 B席 3000円(大阪)
注意事項:未就学児童は入場不可。

icon

▼各公演のチケット情報はこちらをどうぞ▼
※2011/10/1(土) 10:00より発売!
新国立劇場 小劇場 (東京都) 2011/12/2(金) ~ 2011/12/18(日)

サンケイホールブリーゼ (大阪府) 2011/12/20(火) ・ 2011/12/21(水)

[劇作・脚本]アーサー・ミラー
[演出]ダニエル・カットナー
[出演]長塚京三 / 麻実れい / 田島優成 / 朝海ひかる / 柄本佑 / 他

物語の舞台は第二次世界大戦後のアメリカ。ある家庭の裏庭での約1日の出来事。
主人公家主のジョーは飛行機部品の工場を経営し、成功しているが、戦時中、戦闘機の部品を、不良品と分かっていながら出荷し、そのために多くの若い空軍パイロットが犠牲になってしまった。
しかし彼は自分の過去を正当化し、今は普通に暮らしている。
二人の息子のうち兄のクリスは戦争から戻ったが、弟ラリーは行方不明。

ある日、ジョーのもとにかつてのパートナーの娘であり弟ラリーの恋人であったアンが訪問する。
クリスと彼女は結婚を考えているが、戦死から2年たつ今もラリーが生きていると信じる母親ケイトは二人の仲を認めようとしない。

一見円満に見える家族生活や近隣との関係は、アンの来訪をきっかけに狂い始める。


スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。