宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


アントニーとクレオパトラ
公演期間:下記参照
会場:下記参照
icon

▼チケット情報はこちらです▼

彩の国さいたま芸術劇場 大ホール (埼玉県) 2011/10/1(土) ~ 2011/10/15(土)

※先行抽選 2011/7/27(水)11:00~2011/8/4(木)11:00まで!
キャナルシティ劇場 (福岡県)  2011/10/21(金) ・ 2011/10/22(土) ・ 2011/10/23(日)

※2011/8/6(土)10:00より発売
イオン化粧品 シアターBRAVA! (大阪府)  2011/10/28(金) ~ 2011/10/31(月)

蜷川幸雄がシェイクスピア作品、全37作を手掛ける「彩の国シェイクスピア・シリーズ」の第24弾として、『アントニーとクレオパトラ』が上演される。
これまで、国内だけでなくロンドンやニューヨークなど海外公演でも高い評価を受けてきた同シリーズ。
今作では蜷川にとって初めてとなる韓国公演も決定している。
カリスマ的なローマの武将アントニーが巨大な権力と名声を犠牲にしてまで、エジプトの女王クレオパトラに愛をささげる悲恋の物語。
マーク・アントニー役には吉田鋼太郎。
そして、クレオパトラ役を安蘭けいが務める。
安蘭が蜷川と組むのは今回が初めて。
また、初のシェイクスピア作品への挑戦となる。

[劇作・脚本]シェイクスピア
[翻訳]松岡和子
[演出]蜷川幸雄
[出演]吉田鋼太郎 / 安蘭けい / 池内博之 / 橋本じゅん / 中川安奈 / 熊谷真実 / 他
注意事項未就学児童は入場不可。


スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。