宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


あらゆる世代に絶大なる人気を誇る世界的漫画家・手塚治虫。数少ないダークサイド・手塚治虫の傑作のひとつがこの「人間昆虫記」。
この作品が発表されたのは、日本が高度経済成長期の頂点を経て安定期に入った1970年。

日本中が好景気に沸いた後の社会のひずみが一気に噴出した年であり、あくなき成長と物質への欲望が人間にとって最も重要なものなのかを、多くの日本人が疑問に感じ始めた時代の始まりでもあった。

そのような時代背景の中、手塚治虫がひとりの悪女の生き方を軸に、人間社会のゴタゴタを昆虫世界になぞらえて描いた風刺ドラマがこの「人間昆虫記」だ。

主人公の十村十枝子(とむらとしこ)は、女優、デザイナー、そして作家と、その欲望のまま、まるで昆虫が脱皮をくりかえすように次々と華麗な変身を続ける。
しかしそれは彼女自身の才能ではなく、彼女に近づいた人間の才能を完璧に模倣したものだった。
果たして彼女は神が作りあげた天才なのか、それとも・・・。ファム・ファタールともいうべき女とそこに群がる男たち。

永遠に繰り返す自己と他者への愛情の裏表。「正義」と「悪」が表裏一体の時代に、繰り返さざるを得ない人間の罪。

出演:美波、ARATA、久世星佳、鶴見辰吾、手塚とおる、滝藤賢一、北村有起哉、松永京子、広澤草、金守珍/中村敦夫 他
スタッフ
原作:手塚治虫/監督:白石和彌(第1・2・5・6・7話)高橋泉(第3・4話)/脚本:高橋泉/音楽:久保田修
WOWOWで放送。

のんちゃんのベルサイユのばら(アラン)の役が本当に大好きでした。
カナメさんの時代の時、3番手で自由に自然体で演じられていた、のんちゃんが好きでしたね。


スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。