宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


淀かほるよど かおる

女優(元宝塚歌劇団花組男役トップスター)
大阪府大阪市出身
安治川女学校出身
宝塚時代の愛称はノブさん
宝塚時代の公称身長160cm

来歴・人物
1947年、宝塚歌劇団34期生として『春のおどり(世界の花)』で初舞台。
同期に八千草薫らがいる。
1958年に『三つのワルツ』で、寿美花代と大路三千代とともに芸術祭奨励賞(大衆演劇の部)を受賞する。
1964年専科へ組替、1966年宝塚退団。
在団中は男役でありながらソプラノの持ち主として知られ、これを生かし男役のみならず娘役・女役も多く演じた異色の男役トップスターであった。
その後は女優に転じ私生活では結婚(夫は歯科医)・出産や、芸名表記の「淀 かおる」への改称をはさんで永年にわたり日本のミュージカル(特に東宝)シーンを演技面・歌唱面で支える活躍を見せた。
1993年9月19日、胃癌のため死去。享年63。

宝塚時代の主な舞台
1947年
4月1日 - 4月29日『マノン・レスコオ』『春のおどり(世界の花)』(花組)(初舞台)(宝塚大劇場)
1952年
11月1日 - 11月30日『巴里の騎士』『かぐや姫』(花組)(宝塚大劇場)
1953年
5月1日 - 5月31日『春の踊り(花の宝塚)』(花組)(宝塚大劇場)
9月1日 - 9月29日『桃太郎記』(花組)(宝塚大劇場)
1954年
3月3日 - 3月30日『みにくい家鴨の子』(花組)(宝塚大劇場)
7月1日 - 7月30日『笛吹童子』『黄金の河』(花組)(宝塚大劇場)
8月1日 - 8月30日『ラヴ・パレード』(星組)(宝塚大劇場)
12月1日 - 12月27日『君の名は(ワルシャワの恋の物語)』(星組)(宝塚大劇場)
1955年
4月1日 - 4月29日『眠れる美女』『春の踊り(レインボウ宝塚)』(花組)(宝塚大劇場)
1956年
4月1日 - 4月29日『聯隊の娘』『春の踊り(美しき日本)』(花組)(宝塚大劇場)
7月1日 - 7月30日『帰らざる女』(花組)(宝塚大劇場)
10月2日 - 10月30日『夜霧の女』(雪組)
1957年
1月1日 - 1月29日『宝塚おどり絵巻』『メリーウイドウ』(花組)(宝塚大劇場)
8月1日 - 8月30日『即興詩人』『モン・パリ』(雪組)(宝塚大劇場)
9月1日 - 9月29日『赤と黒』(花組)(宝塚大劇場)
12月1日 - 12月25日『年忘れ狸御殿』『花姿宝塚踊り』(全組合同)(梅田コマ劇場)
1958年
3月26日 - 4月29日『淀君』『花の中の子供たち』(花組)(宝塚大劇場)
7月2日 - 7月30日『三つのワルツ』(花組)(宝塚大劇場)*この作品で芸術祭奨励賞受賞
12月2日 - 12月26日『カレンダー・ガールス』(花・月・雪合同)(宝塚大劇場)
1959年
3月1日 - 3月24日『椿姫』(花組)(宝塚大劇場)
6月2日 - 6月29日『家なき天使』『アルプスへの招待』(花組)(宝塚大劇場)
10月1日 - 10月30日『アモーレ(愛)』(星組)(宝塚大劇場)
11月1日 - 11月30日『猫と小僧と人形』『君ありてこそ』(花組)(宝塚大劇場)
1960年
2月3日 - 2月28日『燃える氷河』(花組)(宝塚大劇場)
3月2日 - 3月23日『扇』『燃える氷河』(雪組)(宝塚大劇場)
6月1日 - 6月29日『阿波踊り(わらべ唄風土記)』『東京の空の下』(花組)(宝塚大劇場)
10月1日 - 10月30日『天守物語』『ショウ・イズ・オン』(月組)(宝塚大劇場)
11月1日 - 11月30日『狐と雨と花』『ショウ・イズ・オン』(花組)(宝塚大劇場)
1961年
3月1日 - 3月21日『世はかげろうの物語』『ポニイ・レディー』(花組)(宝塚大劇場)
3月23日 - 4月30日『春の踊り』『サンルタンバンク』(月組)(宝塚大劇場)
5月2日 - 5月31日『春の踊り』『サルタンバンク』(花組)(宝塚大劇場)
11月1日 - 11月26日『幸せがいっぱい』(花組)(宝塚大劇場)
12月1日 - 12月25日『宝塚百花譜(ハナクラベ)』『華麗なる千拍子』(全組合同)(梅田コマスタジアム)
1962年
2月3日 - 2月27日『春の饗宴』『レ・ガールス-魅せられし女性論-』(花組)(宝塚大劇場)
6月2日 - 7月1日『哀愁の巴里』(花組)(宝塚大劇場)
8月1日 - 9月2日『皇帝と魔女』(花組)(宝塚大劇場)
1963年
1月1日 - 1月31日『春宵夢』『タカラジェンヌに栄光あれ』(花・星組合同)(宝塚大劇場)
10月31日 - 11月29日『白い天使たちの歌』(雪組)(宝塚大劇場)
1964年
5月7日 - 5月31日『レビュー・オブ・レビューズ』(花・雪合同)(宝塚大劇場)
8月4日 - 8月31日『ユンタ』『日本の旋律』(月組)(宝塚大劇場)
10月31日 - 11月30日『シャングリラ』(星組)(宝塚大劇場)
1965年
10月2日 - 10月28日『海の花天女』『レインボー・タカラヅカ』(月組)(宝塚大劇場)
1966年
3月2日 - 3月23日『あゝそは彼の人か』(雪組)(宝塚大劇場)

テレビ番組
徹子の部屋(テレビ朝日)
一枚の写真(フジテレビ)

スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。