宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


八千草 薫やちぐさ かおる

本名 谷口 瞳(たにぐち ひとみ)
旧姓:松田
生年月日 1931年1月6日
出生地 大阪府
国籍 日本
民族 日本人
血液型 O型
職業 女優
ジャンル 舞台・テレビドラマ・映画
配偶者 谷口千吉(1957年 - 2007年)死別
受賞
日本アカデミー賞
優秀助演女優賞
2004年『阿修羅のごとく』
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

八千草 薫は、日本の女優。本名:谷口 瞳(たにぐち ひとみ)、旧姓:松田(まつだ)。
所属事務所は柊企画。
大阪府出身、出身校プール学院。愛称:ヒトミ(ちゃん、本名に由来)、公称身長154センチ、血液型O型。

来歴・人物
幼少時父を亡くし以後母一人子一人で育つ。思春期がちょうど戦時中であり、自宅も空襲で焼け、「色のある・夢のある世界」に飢えていたことから華やかな世界にあこがれた。
プール学院在学中に宝塚音楽学校に合格。

1947年に宝塚歌劇団入団。同期には淀かほる、百ちとせらがいる。
入団当初は『分福茶釜』の狸などコミカルな役を当たり役としたが、1952年『源氏物語』の初演で可憐で無垢な若紫(紫の上の少女時代)を内・外面とも見事に表現し絶大な評判と人気を博した。
以降は美貌・清純派の娘役として宝塚の一時代を風靡。
同年から劇団内に新設された映画専科に所属した。その他、1951年の『虞美人』、1952年の『ジャワの踊り子』に出演している。
宝塚在団中から東宝映画などの外部出演をこなし、当時の『お嫁さんにしたい有名人』の統計でたびたび首位に輝いた。

1957年に歌劇団を退団。退団後も、舞台をはじめ、映画・テレビ・ナレーションなど幅広く活躍している。
ドラマでは“浮世離れしたお嬢さん出の奥様”役が多い。
また穏やかな外見とは裏腹に、テレビドラマ『赤い疑惑』では、主演の山口百恵のスケジュールの都合で、細切れ断片的な収録を余儀なくされたことに納得せず、自ら途中降板するなど、仕事に妥協しない厳しい一面も持っている。
宝塚時代の経験が、仕事はもちろん、趣味の山歩きでも活きているという。
自然環境保全審議会委員を務めたこともある。
私生活では1957年に映画監督の谷口千吉と結婚、人気・好感度絶頂の八千草と、親子ほどの年の差がありこれが三度目の結婚となった谷口の組み合わせは当時多方面で話題・波紋を呼んだ。
夫婦に子はなかったが谷口とはおしどり夫婦として知られ結婚50年目となった2007年に谷口と死別するまで連れ添った。

受賞歴
1965年:第12回アジア映画祭助演女優賞
1977年:テレビ大賞主演女優賞『岸辺のアルバム』
1986年:菊田一夫演劇賞『女系家族』『エドの舞踏会』
1987年:都民文化栄誉賞
1991年:NHK放送文化賞
1995年:文化庁長官表彰
1997年:紫綬褒章
2003年:旭日小綬章(秋)
2003年:第16回日刊スポーツ映画大賞助演女優賞
2004年:第27回日本アカデミー賞「優秀助演女優賞」『阿修羅のごとく』
2004年:毎日映画コンクール「田中絹代賞」
2009年:毎日映画コンクール女優助演賞
2009年:報知映画賞助演女優賞
2009年:TAMA映画賞特別賞

主な出演
映画
宝塚夫人(1951年)
目下恋愛中(1951年)
昔話ホルモン物語(1952年)
一等社員 三等重役兄弟篇(1953年)
千姫(1953年)
プーサン(1953年)看護婦・織壁さん
旅はそよ風(1953年)
金さん捕物帖 謎の人形師(1953年)
かっぱ六銃士(1953年)
喧嘩駕籠(1953年)
誘蛾燈(1953年)
今宵ひと夜を(1954年)
若い瞳(1954年)
宮本武蔵(第28回アカデミー賞名誉賞(最優秀外国語映画)受賞作品。
1954年。初のカラー映画出演。大ヒット。※DVD発売)お通 役
蝶々夫人 Madama Butterfly (監督:カルミネ・ガローネ(Carmine Gallone)。リッツォーリ・フィルム、ガローネ・プロ、東宝によるイタリア&日本合作映画。
プッチーニ原作の世界的に有名な同名オペラの舞台をそのまま映画のセットで表現した忠実な映画化で、主役の「蝶々さん」役。撮影は全てローマのチネチッタ(Cinecittà)で行われ、八千草も渡伊した。
声はソプラノ歌手のオリエッタ・モスクッチが担当。1955年)
続 宮本武蔵 一乗寺決闘(1955年)
へそくり社長(1956年)
夏目漱石の三四郎(1956年)
決闘巌流島(1956年)
乱菊物語(1956年)
続へそくり社長(1956年)
愛情の決算(1956年)
白夫人の妖恋(1956年)
殉愛(1956年)
世にも面白い男の一生 桂春団治(1956年)  
雪国(1957年)
生きている小平次(1957年)
新しい背広(1957年)
銭形平次捕物控 八人の花嫁(1958年)
東京の休日(1958年)
現代無宿(1958年)
旅姿鼠小僧(1958年)
喧嘩太平記(1958年)
大江戸千両祭(1958年)
濡れ髪剣法(1958年)
弥次喜多道中記夫婦篇 弥次喜多道中双六(1958年)
グラマ島の誘惑(1959年)
孫悟空(1959年)
森の石松幽霊道中(1959年)
槍一筋日本晴れ(1959年)
天下の大泥棒 白浪五人男(1960年)
ガス人間第一号(1960年)
新・夫婦善哉(1963年)
こんにちは赤ちゃん(1964年)
団地・七つの大罪(1964年)
侍(1965年)
日本侠客伝 浪花篇(1965年)
美しさと哀しみと(1965年)
忍びの者 伊賀屋敷(1965年)
悪名無敵(1965年)
大殺陣 雄呂血(1966年)
古都憂愁 姉いもうと(1967年)
わが恋わが歌(1969年)
朝霧(1971年)
男はつらいよ 寅次郎夢枕(1972年)マドンナ役
田園に死す(1974年)
アフリカの鳥(1975年)
アサンテ サーナ(1975年)
不毛地帯(1976年)
星と嵐(1976年)
ブルークリスマス(1978年)
英霊たちの応援歌/最後の早慶戦 (1979年)
ハチ公物語(1987年)
226(1989年)
いつか どこかで(1992年)
宮澤賢治-その愛-(1996年)
天国までの百マイル(1997年)
サトラレ(2001年)
阿修羅のごとく(2003年)
交渉人 真下正義(2005年)
しゃべれどもしゃべれども(2007年)
きみにしか聞こえない (2007年)
ガマの油(2008年)
しあわせのかおり(2008年)
引き出しの中のラブレター(2009年)
ディア・ドクター(2009年)

~八千草 薫 エピソードへ~


スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。