宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


南 悠子みなみ ゆうこ

元宝塚歌劇団月組・星組主演男役クラスの人物である。
東京都出身。宝塚時代の公称身長は161cm。
宝塚時代の愛称はユーコさん
宝塚歌劇団28期生。

略歴
1939年、宝塚音楽舞踊学校(現在の宝塚音楽学校)に入学。
1941年、宝塚歌劇団に入団。初舞台公演演目は『大やまとの歌』である。
1971年、宝塚歌劇団退団。

宝塚時代の主な舞台
『大やまとの歌』(月組)(1941年4月26日 - 5月25日、宝塚大劇場)*初舞台
『風流陣』(花組)(1942年3月26日 - 4月24日、宝塚大劇場)
『愛の合唱』(花組)(1943年6月26日 - 7月25日、宝塚大劇場)
『新かぐや姫』(花組)(1943年11月26日 - 12月28日、中劇場)
『スパイ殱滅』(花組)(1944年1月26日 - 2月24日、宝塚大劇場)
『センチメンタル・ヂャアニー』(月組)(1946年12月1日 - 12月29日、宝塚大劇場)
『運つく男』『春のおどり(世界の花)』(月組)(1947年5月1日 - 5月30日、宝塚大劇場)
『ヴェネチア物語』(月組)(1948年1月1日 - 1月30日、宝塚大劇場)
『春のをどり(大津絵)』(月組)(1948年4月1日 - 4月29日、宝塚大劇場)
『香妃』『ブルーヘブン』(月組)(1948年9月1日 - 9月20日、宝塚大劇場)
『アレキサンドリアの舞姫』『春のをどり』(月組)(1949年4月22日 - 5月9日、宝塚大劇場)
『リオでの結婚』『東京・ニューヨーク』(月組)(1949年9月1日 - 9月29日、宝塚大劇場)
『嘘吐きレリオ』『ロミオとジュリエット』- ロミオ 役(星組)(1950年2月1日 - 2月27日、宝塚大劇場)
『恋は御法度』『ヤマ・ローサ』(星組)(1950年10月1日 - 10月30日、宝塚大劇場)
『春のおどり』第一部 さくら歌舞伎、第二部 サクラジェンヌ(星組)(1951年4月1日 - 4月29日、宝塚大劇場)
『虞美人』(星組)(1951年8月1日 - 8月30日、宝塚大劇場)
『源氏物語』(星組)(1952年2月1日 - 2月28日、宝塚大劇場)
『君若き頃』(星組)(1952年5月1日 - 5月30日、宝塚大劇場)
『春の踊り(花の宝塚)』(月組)(1953年4月1日 - 4月29日、宝塚大劇場)
『船辨慶』(星組)(1953年10月1日 - 10月30日、宝塚大劇場)
『勧進帳』(雪組)(1954年1月1日 - 1月31日、宝塚大劇場)
『大川端』(月組)(1954年2月3日 - 2月28日、宝塚大劇場)
『雪物語』(月組)(1955年1月1日 - 1月30日、宝塚大劇場)
『日本の祭りと民謡』『土蜘』(雪組)(1955年2月2日 - 2月27日、宝塚大劇場)
『キスメット-運命-』(花組)(1955年8月2日 - 8月30日、宝塚大劇場)
『船辨慶』(花組)(1956年7月1日 - 7月30日、宝塚大劇場)
『宝塚おどり絵巻』(花組)(1957年1月1日 - 1月29日、宝塚大劇場)
『船遊女』(月組)(1957年6月1日 - 6月30日、宝塚大劇場)
『白い山吹』(星組)(1958年9月2日 - 9月29日、宝塚大劇場)
『日本美女絵巻』(星組)(1959年1月1日 - 1月30日、宝塚大劇場)
『恋河童』(花組)(1959年3月1日 - 3月24日、宝塚大劇場)
『猫と小僧と人形』(花組)(1959年11月1日 - 11月30日、宝塚大劇場)
『朧夜源氏』(星組)(1961年1月1日 - 1月31日、宝塚大劇場)
『春宵夢』(花・星組)(1963年1月1日 - 1月31日、宝塚大劇場)

映画
猫と庄造と二人のをんな (1956年) - 初子 役
浮気旅行 (1956年)  
銭形平次捕物控 どくろ駕籠 (1955年) - お静 役
女の学校 (1955年) - マダム松代 役
鞍馬天狗 疾風八百八町 (1954年)  
恋風街道 (1954年) 
右門捕物帖 まぼろし変化 (1954年) - お蝶 役
仇討珍剣法 (1954年)  
照る日くもる日 (1954年)

ドラマ
春宵(1959年3月6日、NHK)
からすなぜ泣くの(1959年11月8日、NET)
青葉の笛(1960年3月4日 -、NTV)
西瓜提灯(1960年7月1日、NET)
草の実(1960年8月8日 - 9月5日、NTV)
あしあと(1961年1月23日、YTV)
本陣蕎麦(1963年1月4日、TBS)
夜の配役(1963年8月23日、NHK)
どこがちがうねん(1964年8月15日、YTV)
千姫(1966年6月2日 - 10月13日、MBS)
松のみどり(1966年9月8日、NHK)
夫婦百景(第377回)只今別居中(1966年10月11日、NTV)
船場(1967年4月2日 - 1968年3月31日、KTV)
堂島(1968年4月7日 - 1969年3月30日、KTV)



スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。