宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


久慈 あさみくじ あさみ

本名 森山 淑子
生年月日 1922年5月2日
没年月日 1996年7月11日(満74歳没)
出生地 日本・東京
民族 日本人
血液型 B型
ジャンル 宝塚歌劇、映画俳優
主な作品:社長シリーズ
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

久慈 あさみは、女優、歌手。元宝塚歌劇団月組男役トップスター。
東京市京橋区(現・中央区)新富町出身。

略歴
1939年、麹町高等女学校卒業後、宝塚音楽舞踏学校に進む。
宝塚歌劇団28期生。1941年、宝塚歌劇団に入団。淡島千景、南悠子とともに月組三人娘と呼ばれた。
相手役だった淡島千景が松竹入社したことなどに刺激を受け、1950年、宝塚を退団。

新東宝と出演契約を結び『愛染香』で映画デビューする。
1951年、ビクターレコードと専属契約を結び、主演した新東宝映画『恋人』『ブンガワンソロ』『女豹の地図』等の主題歌を歌う。
『チャッカリ夫人とウッカリ夫人』で歌った「チャッカリマンボ」等のヒットの他、NHK紅白歌合戦にも2回出場し、「ボタンとリボン」などを歌う。
1952年、東宝と専属契約を結び1971年にフリーになるまで活躍した。
社長シリーズでは森繁久弥社長の恐妻として28本にレギュラー出演している。
『俺の空だぜ!若大将』が最後の映画出演。
1971年以降はフリーでテレビや舞台での活躍を続ける。
1996年7月11日に74歳で亡くなる。ニコライ堂の聖歌隊に感銘をうけ日本ハリストス正教会で洗礼を受けて正教徒となっており、埋葬式場・遺骨安置先はともにニコライ堂であった。

出演作品
宝塚時代の主な舞台出演
桃太郎の凱旋(1942年5月26日 - 6月24日、月組公演、宝塚大劇場)
瀧廉太郎(1942年11月26日 - 12月28日、月組公演、中劇場)
大空を継ぐもの(1943年8月26日 - 9月24日、月組公演、宝塚大劇場)
翼の女子挺身隊(1944年1月1日 - 1月24日、月組公演、宝塚大劇場)
ボレロ/人魚姫(1946年9月1日 - 9月29日、月組公演、宝塚大劇場)
マノン・レスコオ/アリババ物語(1947年3月1日 - 3月30日、月組公演、宝塚大劇場)
運つく男/春のおどり(世界の花)(1947年5月1日 - 5月30日、月組公演、宝塚大劇場)
南の哀愁/眞夏の夜の夢(1947年7月1日 - 7月30日、月組公演、宝塚大劇場)
千姫/モン・パリ(1947年10月1日 - 10月30日、月組公演、宝塚大劇場)
悪たれ/ヴェネチア物語(1948年1月1日 - 1月30日、月組公演、宝塚大劇場)
陽気な街/春のをどり(大津絵)(1948年4月1日 - 4月29日、月組公演、宝塚大劇場)
香妃/ブルーヘブン(1948年9月1日 - 9月20日、月組公演、宝塚大劇場)
アロハ・オエ(1948年11月6日 - 11月29日、月組公演、宝塚大劇場)
ロマンス・パリ(1949年3月11日 - 3月30日、月組公演、宝塚大劇場)
アレキサンドリアの舞姫/春のをどり(1949年4月22日 - 5月9日、宝塚大劇場)
リオでの結婚/東京・ニューヨーク(1949年9月1日 - 9月29日、月組公演、宝塚大劇場)
ヴギウギホテル/宝塚花くらべ(1950年1月1日 - 1月30日、月組公演、宝塚大劇場)
西施/ステイジランド(1950年5月2日 - 5月30日、月組公演、宝塚大劇場)
アラビアン・ナイト(1950年9月1日 - 9月29日、月組公演、宝塚大劇場)

映画
愛染香 (1950年、新東宝) 監督:阿部豊 共演:藤田進、月丘夢路、池部良
夜来香 (1951年、新東宝) 監督:市川崑 共演:上原謙、利根はる恵
恋人 (1951年、新東宝) 監督:市川崑 共演:池部良、森繁久弥
盗まれた恋 (1951年、新東宝) 監督:市川崑 共演:森雅之、川喜多小六(川喜多雄二)
ブンガワンソロ (1951年、新東宝) 監督:市川崑 共演:池部良、藤田進、田崎潤
女豹の地図 (1951年、新東宝) 監督:田中重雄 原作 :田村泰次郎 共演:若原雅夫
大空の誓い (1952年、新東宝) 監督:阿部豊 共演:上原謙、香川京子
チャッカリ夫人とウッカリ夫人 (1952年、新東宝) 監督:渡辺邦男 共演:田崎潤、香川京子
毒蛇島奇談 女王蜂(1952年 大映)横溝正史原作 共演:船越英二、森雅之
次郎長三国志シリーズ第三部~第七部 (1953年、東宝) 監督:マキノ雅弘 森の石松(森繁久彌)が恋こがれる投げ節お仲役。囚われのお仲を助けようとして石松は片眼を切られる。
花と波涛 (1954年、新東宝) 原作:井上靖 監督:松林宗恵 共演:上原謙、筑紫あけみ
北海の叛乱 (1956年、新東宝) 監督:渡辺邦男 共演:上原謙、藤田進、高田稔
はりきり社長 (1956年、東宝) 監督:渡辺邦男 社長・森繁久彌の夫人役
続社長三代記 (1958年、東宝) 監督:松林宗恵 この作品から「続社長学ABC」(1970年)まで社長シリーズに連続27本、「はりきり社長」と合わせて28本に、社長・森繁久彌の夫人役でレギュラー出演。(「へそくり社長」「続へそくり社長」「社長三代記」の社長夫人役は越路吹雪)
東京の休日(1958年、東宝) 監督:山本嘉次郎 共演:山口淑子、上原謙
正・続社長太平記 (1959年、東宝)
正・続サラリーマン忠臣蔵 (1960年、東宝) 監督:杉江敏男 忠臣・大石専務・森繁久彌の夫人役。
大学の若大将 (1961年、東宝)
ニッポン無責任時代 (1961年、東宝)
銀座の若大将 (1962年、東宝)
エレキの若大将 (1965年、東宝)
俺の空だぜ!若大将 (1970年、東宝)

テレビドラマ
特別機動捜査隊 (テレビ朝日)
第513話「その夜の女」(1971年)
第542話「男子禁制」(1972年)
第572話「二十七年目の女」(1972年)
半七捕物帳 第23話「津の国屋」(1972年、テレビ朝日)
新・細うで繁盛記(1973年、読売テレビ)
平岩弓枝ドラマシリーズ・「女の河」(1977年、フジテレビ)
銭形平次 第779話「憎まれ天使たち」(1981年、フジテレビ)
続・ぬかるみの女(1981年、東海テレビ) 皇子役
木曜ゴールデンドラマ (読売テレビ)
「非行主婦・アル中の女」(1982年) 共演:浅丘ルリ子 、夏目雅子
「仮の宿なるを」(1983年)共演:浅丘ルリ子
「長い道IV」(1989年)共演:池部良
ザ・サスペンス・「熊さんの警察手帖」(1984年、TBS)共演:レオナルド熊 、堤大二郎
土曜ワイド劇場・「幻の結婚式」(1985年、テレビ朝日)共演:篠ひろ子、 大場久美子
月曜ワイド劇場・「母の誤算」(1984年、テレビ朝日)共演:星由里子
水曜グランドロマン・「老人病棟の仲間たち」(1989年、日本テレビ)共演:若村麻由美 、佐野史郎

その他
徹子の部屋(テレビ朝日)
ライオンのいただきます(フジテレビ)


スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。