宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


淡島 千景あわしま ちかげ

本名 中川 慶子(なかがわけいこ)
生年月日 1924年2月24日
出生地 東京
民族 日本人
職業 女優
ジャンル:映画・テレビドラマ・舞台
主な作品
映画『麦秋』(1951年 小津安二郎)
『にごりえ』(1953年 今井正)
『夫婦善哉』(1955年 豊田四郎)
『鰯雲』(1958年 成瀬巳喜男)
『この子を残して』(1983年 木下惠介)
『夏の庭 The Friends』(1994年 相米慎二)
『春との旅』(2010年 小林政広)
受賞
ブルーリボン賞
主演女優賞
1950年『てんやわんや』
1955年『夫婦善哉』
その他の賞
毎日映画コンクール
女優主演賞
『蛍火』、『鰯雲』1958年
菊池寛賞 1956年
紫綬褒章 1988年
勲四等宝冠章 1995年
牧野省三賞 2004年
NHK放送文化賞 2005年
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

淡島 千景は、日本の女優。
宝塚歌劇団出身で在籍時は娘役スターとして活躍した。
宝塚歌劇団28期生。
芸名は百人一首の源兼昌の「淡路島かよふ 千鳥のなく声に いく夜ね覚めぬ 須磨の関守」から。
弟にSteve Nakagawa名義でアメリカのハンナ・バーベラ・プロダクションで活躍した、アニメーター、キャラクターデザイナーの中川雄策

略歴
東京都出身。1939年(昭和14年)に宝塚音楽舞踊学校に入学。
その後、1941年(昭和16年)から1950年(昭和25年)まで宝塚歌劇団に所属。
在団中は優れた美貌の娘役トップスターとして戦時中・戦後と宝塚歌を支え、月組で久慈あさみ、南悠子と同期トリオを結成。
2人の男役から愛される娘役スターとして人気を得る。
手塚治虫の漫画『リボンの騎士』のサファイア王女は、宝塚時代に2~3度男役をやった彼女をモデルにした、と大ファンだった手塚治虫本人が生前語っている。

タカラヅカ退団後は映画界に転向。
松竹に入社し、『てんやわんや』でデビュー。第1回ブルーリボン賞演技賞を受賞。
以降、『麦秋』、『本日休診』、『君の名は』などに出演し、松竹の看板女優として活躍。
その後、東宝に移籍し、『駅前シリーズ』、『妻として女として』、『白と黒』などに出演。
東宝の看板女優として活躍し、『夫婦善哉』(第6回ブルーリボン賞主演女優賞)で共演した森繁久彌とは、多くの作品でコンビを組んだ。戦後日本映画の全盛期を支えた銀幕スターの一人である。

1955年(昭和30年)に菊池寛賞、1988年(昭和63年)に紫綬褒章、1995年(平成7年)に勲四等宝冠章、2004年(平成16年)に牧野省三賞、2005年(平成17年)にNHK放送文化賞に輝いた。
80歳代後半の現在も、舞台を中心に旺盛な活動を続けている。
また、日本俳優連合名誉副会長(2007年まで副理事長)として、長年俳優の権利向上などにも力を尽くしている。

エピソード
宝塚の後輩である扇千景の芸名は淡島千景にあやかってつけた名前である。
また淡島千景の大ファンであった淡路恵子も淡島の淡の一字もらって芸名をつけている。

主な受賞歴
1950年:第1回ブルーリボン賞・主演女優賞 『てんやわんや』
1955年:第6回ブルーリボン賞・主演女優賞 『夫婦善哉』
1956年:第4回菊池寛賞
1958年:第13回毎日映画コンクール・主演女優賞 『蛍火』『暖簾』
1988年:紫綬褒章
1995年:勲四等宝冠章
2004年:牧野省三賞
2005年:第56回日本放送協会(NHK)放送文化賞

舞台
宝塚時代
第一回満州公演(1942年)
花組公演「母なる佛塔/國民の歌」(1943年9月26日 - 10月24日、宝塚大劇場)
花組公演「家鴨の出世/になひ文」(1943年11月26日 - 12月28日、中劇場)
月組公演「ローズ・マリー」(1946年7月2日 - 7月30日、宝塚大劇場)
月組公演「傀儡船/人魚姫」(1946年9月1日 - 9月29日、宝塚大劇場)
月組公演「當麻曼茶羅/センチメンタル・ヂャアニー」(1946年12月1日 - 12月29日、宝塚大劇場)
月組公演「マノン・レスコオ/アリババ物語」(1947年3月1日 - 3月30日、宝塚大劇場)
月組公演「春のおどり(世界の花)」(1947年5月1日 - 5月30日、宝塚大劇場)
月組公演「南の哀愁」(1947年7月1日 - 7月30日、宝塚大劇場)
月組公演「千姫/モン・パリ」(1947年10月1日 - 10月30日、宝塚大劇場)
月組公演「悪たれ/ヴェネチア物語」(1948年1月1日 - 1月30日、宝塚大劇場)
月組公演「陽気な街/春のをどり(大津絵)」(1948年4月1日 - 4月29日、宝塚大劇場)
月組公演「香妃/ブルーヘブン」(1948年9月1日 - 9月20日、宝塚大劇場)
月組公演「アロハ・オエ」(1948年11月6日 - 11月29日、宝塚大劇場)
月組公演「重の井/ロマンス・パリ」(1949年3月11日 - 3月30日、宝塚大劇場)
月組公演「アレキサンドリアの舞姫/春のをどり」(1949年4月22日 - 5月9日、宝塚大劇場)
月組公演「リオでの結婚/東京・ニューヨーク」(1949年9月1日 - 9月29日、宝塚大劇場)
月組公演「ヴギウギホテル/宝塚花くらべ」(1950年1月1日 - 1月30日、宝塚大劇場)

宝塚退団後

長谷川一夫「東宝歌舞伎」 東京宝塚劇場他
芸能生活40周年 美空ひばり記念公演「春秋 千姫絵巻」
美空ひばり特別公演「水仙の詩」
北島三郎特別公演・「花と龍」より「残侠の詩」
森進一特別公演「愛 果てしなく」
華岡青洲の妻(1997年・1998年)
3年B組金八先生 -夏休みの宿題-(2003年、明治座)
忠臣蔵(2007年、明治座)
おんな太閤記(2007年、新橋演舞場)
エドの舞踏会(2008年、明治座)
北村和夫追善公演 朗読劇「女の一生」(2008年、シアターΧ)
舟木一夫特別公演(2008年、大阪・新歌舞伎座)
喜劇「花の元禄後始末」~紀伊国屋文左衛門の妻~(2009年、三越劇場)
おしん・少女編(2009年11月~12月)
梅咲きぬ(2010年2月、御園座)
日本演劇協会創立60周年記念「演劇人祭」(2010年7月28日、国立劇場大劇場)
よしもと祭 西川きよし劇団旗揚げ公演(2010年12月10日 - 12月23日、新歌舞伎座)

~淡島 千景 主な出演へ~

スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。