宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


伊東四朗、三宅裕司をはじめとする、笑いの強者たちが集結した「伊東四朗一座」と、同じメンバーで伊東の参加を欠いた場合にのみお目見えする「熱海五郎一座」の「合同公演」を銘打った『こんにちは 赤ちゃん』が27日、東京・赤坂ACTシアターにて初日を迎えた。

上記の2名に加え、小倉久寛、春風亭昇太、東貴博らが名を連ねるこの一座。
アドリブやハプニング等、その場の勢いに頼ることなく、練り上げられた脚本(妹尾匡夫)と、稽古を重ねた出演陣の芝居によって繰り広げられる「東京の笑い」を追究している。
とはいえ、観客に届けられるのはそういった堅苦しい文言ではない。自然と頭が空になり、気持ちが限りなくゆるんでいく、幸福な数時間だ。

客席の多くは、おそらく40~50代。だから本当に面白くなければそれなりの反応であり、しかし本当に面白かったらそのときは拍手喝采が起こる。
この日、特に喝采を浴びていたのは、久しぶりの「コント赤信号」そろい踏みである。
3人がボケとツッコミを応酬しだすと、息もぴったり。
往年のお笑いファンはついつい、拍手せずにはいられない。

物語の舞台は、すっかりさびれてしまった遊園地。集客増をはかろうと、園長(三宅)や町役場の観光課長(伊東)、そして観光課長の妻(真矢みき)をはじめとする園の従業員たちがある計画をする。
園内のショータイムに出演中のアイドルふたり組が、UFOに連れさらわれたという狂言誘拐事件をでっち上げるというのだ。しかし計画の最中に、アイドルが本当にUFOにさらわれてしまい……!?

特筆すべきは真矢みきのコメディエンヌぶりである。
「何らかの事情により、日本語がところどころ変」なキャラクター設定。
しかし、それら珠玉の言い間違いを、真矢はことさら強調するでもなく、サラリと言うから可笑しみが増す。
やがて、クライマックス。
これもまた何らかの事情により、彼女が歌と踊りのショータイムを牽引するわけだが、その華やかさと選曲のミスマッチ感がさらなる可笑しみを呼び、客席からはいつしか拍手と手拍子が。

ショータイムはとてもハードながら、観客の拍手に救われたのだと、カーテンコールで口にした真矢。
そして観客の方も、彼らの笑いによって確実に、気持ちが軽くなっている。
客席をあとにする人たちが、総じて笑顔であったことを最後に記したい。
『こんにちは 赤ちゃん』は6月12日(日)まで、赤坂ACTシアターにて上演。
~ぴあ参照~

みきさんのコメディアンぶりが素晴らしいみたいですね。さすがあっぱれ!と思いました。
ヤン&ミキ作品がみたくなるのは私だけではないはず…。
拍手喝采でみなさんに評価されていて、みきさん本当によかったです。
これからも応援し続けます!!

スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。