宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



0017.jpg

元・タカラジェンヌでキャスターの山岡三子(48)が、立教大学で博士号(社会デザイン学)を授与されたことが明らかとなった。
宝塚歌劇団は、再来年の2014年に創立100周年を迎えるが、歴代タカラジェンヌのなかでも、人文社会学系での博士号取得は、前例がないという。

山岡は、35歳で学習院大学英語英米文化学科に入学して以来、約13年間、学業と仕事の両立を続けてきた。
今回、夜間や土曜日の授業中心で、社会人学生を多く受け入れてきた立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科において、博士号(社会デザイン学)が授与されることとなった。

現在、山岡は、名古屋短期大学英語コミュニケーション学科で、客員教授として、社会学系の科目を中心に担当している。
研究の専門領域は、思想哲学、アイデンティティ、キャリア論など。

12月4日には、35歳の時に入学した母校、学習院大学英語英米文化学科において「進路の幅の広げ方(仮題)」として学科講演する予定もあり、生涯学習を続けてきた山岡は、「今後は学びを通して得た知見を、少しでも社会に還元していきたい」と抱負を語った。


スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。