宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


元宝塚歌劇団月組トップスターで女優の瀬奈じゅんさんが30日、帝国劇場100周年記念公演ミュージカル「三銃士」の制作発表会見に登場した。
初めての悪女役に瀬奈さんは、「悪いだけではなくて、いちずに男の人を思っている女らしさを出せたらいいな」と抱負を語った。

「三銃士」は、03年にオランダ・ロッテルダムでミュージカル化され、05年にドイツ・ベルリンで上演されており、日本で上演されるのは今回が初めて。会見には、瀬奈さんはじめ、井上芳雄さん、橋本さとしさん、石井一孝さん、岸祐二さん、山口祐一郎さんが登場した。

「役柄で好みのタイプは」という質問に瀬奈さんが「アトス(橋本さん)」と答えると、橋本さんは大喜びで、「あくまでも役柄だからね! スキャンダルになっちゃうから!」と興奮気味な様子だった。会見では、井上さん、橋本さん、石井さん、岸さんの4人が「一人は皆のために」の歌唱を披露。瀬奈さんは、「4人で歌う姿を見てとても感動しました。この感動が伝わってほしい」とし、「宝塚を卒業してからWキャストが多かったので、シングルで臨むのが楽しみです」とアピールした。

「三銃士」は、中世フランスを舞台に国王を守る銃士隊と彼らと対立する枢機卿一味との戦いを描いた冒険大活劇。国王守護の銃士隊の隊員になろうとパリにやってきたダルタニャン(井上さん)は、「銃士隊にこの人あり」と知られたアトス(橋本さん)、アラミス(石井さん)、ポルトス(岸さん)と知り合い、友情を誓う。銃士隊は、リシュリュー枢機卿(山口さん)配下の親衛隊と対立していた。

枢機卿は、アンヌ王妃(シルビア・グラブさん)とイギリスのバッキンガム公爵(伊藤明賢さん)の「秘密の恋」をかぎつけ、国王の前で王妃の秘密を暴こうとたくらんでいた。王妃が国王・ルイ13世(今拓哉さん)から贈られた首飾りをバッキンガム公爵に渡したことを知る枢機卿は、王妃に首飾りを身に着け、国王と共に舞踏会に出席するよう勧める。
しかし、首飾りは、ロンドンに……。王妃を救おうとダルタニャンと「三銃士」たちは、首飾りを取り戻しに旅立つが、枢機卿の手下のロシュフォール(吉野圭吾さん)と謎の女・ミレディ(瀬奈さん)が立ちはだかり……というストーリー。
「三銃士」は、7月17日~8月26日に帝国劇場、9月3~28日に博多座(福岡市博多区)で公演予定。
~まんたんウェブ参照~

悪役との事で、宝塚の時とは、ちょっと一味違った姿がみられるかもしれないですね!
~三銃士のチケット情報はこちらでとうぞ~
スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。