宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



zigoro.jpg

星組の男役スター十輝いりすが、全国ツアー「琥珀色の雨にぬれて」で、故大浦みずきさん、春野寿美礼、瀬奈じゅん、蘭寿とむら歴代トップが演じた役柄に挑戦する。
同組トップ柚希礼音演じる青年貴族が女性2人の間で揺れ動く様子を描き、十輝は柚希のライバル的な役どころ。柚希ふんする青年貴族に会い、変わっていく男の役だ。
十輝自身、今年2月に、同期の柚希が率いる星組へ異動し「大きなチャンス」と、とらえ、今作に臨む。

1920年代のフランスが舞台。今作は4人の男女が織りなす恋愛心理劇だ。

「悔しい思いをして、変わっていく男なんです」

柴田侑宏氏の作品で、84年に高汐巴主演で初演されて以来、たびたび再演されている。
今回は主人公の青年貴族クロードを柚希礼音が、クロードが出会う神秘的な美女シャロンに夢咲ねね、クロードの婚約者に音波みのり、そしてシャロンを取り巻くジゴロのルイを十輝が演じる。

「ルイは、シャロンを好きだったんですけど、ちょっと屈折していて、素直になれない。そこへクロードというライバルが現れた。クロードは貴族の出身で、まっすぐで純粋。シャロンに一目ぼれしてグイグイいく。これではいけない!と気づくんです」

ただ、泥沼の三角関係ではない。
張り合うクロードとルイだが、最終的には同志のような価値観を抱く。
精神面の演技、表現力が鍵を握る。
過去の作品も、見返してけいこに入った。

「02年の花組公演は、舞台で見ていましたし、初演のものはDVDで見ました。まねはしないですが、それぞれのすてきな所は記憶に残しながら、自分なりのルイを作り上げたい」

初演で大浦さんが演じたルイが最も心に残った。

「(大浦さんを)もともと好きだったのですが、あらためてすてきだな、と。すごく格好いい大人の男。粋で、ダンスもすてき」

男役にとってひとつの魅せどころがジゴロだ。
ダーティーに寄らず、小粋に大人の男性ならではの色香が必要。
178センチの長身と、ひし形を描くシャープな頬からあごのラインという、男役の才に恵まれた十輝にはハマリ役。

「確かに違和感なく入り込めそう。上品すぎても、貴族のクロードとの違いが出ない。さじ加減が難しい。でも(ジゴロ役は)ショーなどに出てくるので、イメージはありますし、経験からやれそう。それに私、スーツをびしっと着た、大人の男をやってみたかったので、うれしい。ある意味、念願がかないました」

ルイとクロードが争う女、シャロン。
男性2人を振り回す魔性の女だ。そんな女性に対しては…。

「うーん、私自身は人を振り回しはしない。役柄ほど振り回されたくもない。私、マイペースだから(笑い)。でも、もちろん、多少なら、いいな、かわいいな、と思うときもある」

天真らんまんを、愛さずにはいられない。
自分の周囲でいえば、同期でトップの柚希が近い存在かもしれない、と感じている。

「同期の柚希さんには、けっこう振り回されそうに(笑い)。でもね、決して、自分勝手な感じではないんです。自分も含め、みんな『ああ、かわいらしいな』って感じで巻き込まれていく。とても愛されているな、と思うんですよ」

その柚希がトップの星組へ、2月に異動してきた。

「(宙組に)13年間いて、上級生になってからの組替えで、不安はありましたけど、大きなチャンス、経験です。もう、ずっと前からいたような感じ」

マイペースな性格ゆえ、環境の変化に戸惑うことはない。
「組が替わっても、やることは同じ」。といって、頑固ではない。
「新しいもの、いい部分は受け入れていく。それが大事だと思います」
と笑顔で話す。

確固たる軸を持った上での順応力が、大きな武器。
今、星組で緊張感に包まれながら、またひとつ階段を上っていると感じる。
「いい意味での、キュッとした緊張感もある。レベルアップに、とてもいいチャンス」
柚希からの影響もだ。

「素顔はかわいくておもしろいのに、舞台となると、けいこ熱心で努力家、ストイック。たくさんの顔を持っている人で、勉強になります。だからこそ、今の彼女があると思う。といって、いつもキリキリしているわけじゃない。そのギャップがおもしろい。舞台上で、お互いにいい影響を与え合うことができる。私はそう信じています」

今作の役柄も、対照的な2人はライバルでありながら、互いを理解しあう大人の関係となる。
同期を支え、刺激にしながら、新たなステージへと登っていく。



スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

いりすさん!
いりすさんの記事ありがとうございます。ワタクシの住む広島には全ツこなくて残念です。また観劇記などよろしくお願いします!
タカラヅカ村民 | URL | 2012/09/27/Thu 21:00 [編集]
Re: いりすさん!
タカラヅカ村民 様。
ブログをご覧頂いてありがとう御座います。現役・OG問わず、宝塚のニュースをできるだけお伝えしたいと心がけております。動画等にも力を入れていきたいと思っておりますので、これからも宜しくお願い致します。
全国ツアーがあるといいですね!!
白バラの人 | URL | 2012/09/28/Fri 16:17 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。