宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



123456789.jpg


■宝塚大劇場、6月22日から

新生月組のトップ披露公演となる宝塚歌劇のヒット・ミュージカル「ロミオとジュリエット」の制作発表が東京で行われた。
トップスターに昇格した龍真咲(りゅうまさき)と準トップに就任した明日海(あすみ)りおが、主役のロミオと敵役のティボルトを役替わりでつとめ、娘役トップに抜擢された愛希(まなき)れいかがヒロインのジュリエットを演じるという、異例の新体制でのぞむ。
公演は宝塚大劇場が6月22日~7月23日、東京宝塚劇場は8月10日~9月9日。

永遠の純愛物語として知られるシェークスピアの名作「ロミオとジュリエット」。
そのフランス発のミュージカルは、ジェラール・プレスギュルビックが作詞・作曲・演出して2001年に初演。
以来、イギリス、ロシア、韓国など世界各国で上演されて500万人を超える観客動員数を誇る。

日本では宝塚歌劇のヒットメーカー、小池修一郎が潤色・演出して、2010年に星組が大阪と福岡で初演。
翌11年には雪組が宝塚と東京で上演して大好評を博した。
その後、男女キャストの日本オリジナル版も上演されて人気が定着している。

ロックテイストの楽曲の圧倒的な迫力と、現代的な衣装や装置の斬新さが魅力で、妖しい“死のダンサー”が象徴的な存在。
宝塚版ではさらに“愛のダンサー”を加えたのが特徴で、より幻想的に、ロマンチックに仕上がっている。

宝塚では3度目になる月組公演について、「基本は変わらないが、演じる人が変わると作品も違ってくる。
新生月組の若さ、未熟さがかえって力になるように思う」と小池。前回の雪組東京公演中に東日本大震災が発生し、中止や休演を余儀なくされたが、「改めて歌舞音曲が人の心の支えになり、なかでも宝塚の強さを実感できた。より愛すること、生きていくことの大切さが感じられる作品だ」と話した。

制作発表では「世界の王」などの主題歌を踊りながら披露した主要キャストの3人。
「自分が成長するために出合えたと思えて、期待感が大きい。全員一丸となり、楽しい舞台を作っていきたい」と龍。
「2つの対照的な役に、役替わりでかかわれることは贅沢」と明日海。
「2人のロミオを愛し抜いて、まっすぐに役に取り組みます」と愛希。それぞれに抱負を語った。

トップお披露目公演が主役の役替わりという異例の配役に関して、歌劇団の小林公一理事長は「フレッシュさが魅力の新生月組はみんな伸び盛り。切磋琢磨していろんな可能性を探ってほしい」と説明した。



スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。