宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



宝塚歌劇団宙組新人公演「華やかなりし日々」が1日、兵庫・宝塚大劇場で行われた。
主演の愛月ひかるはこれが3度目の主演。
「(トップスター)大空祐飛さんの退団公演で主演させていただくということでプレッシャーもありました。でも初心に立ち戻り、やってきました」と振り返った。

もともとタカラヅカ的な“大芝居”をしてしまうという愛月。
大空からは「悲劇的にならず、アメリカ人を演じるんだから、もう少しジャジーに」というアドバイスをもらった。またふとしたときに女性的な仕草になってしまうクセも指摘してもらった。そんなアドバイスを生かし、堂々とした舞台を披露したが「今日のできは…40点。東京公演に向け、課題も見つかりました」と、満足することなく、辛口の自己評価をつけていた。

 
スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。