宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ



ooozora.jpg

宙組トップスター大空祐飛は、サヨナラ公演「ミュージカル 華やかなりし日々/クライマックス-Cry Max-」(13日~5月14日=兵庫・宝塚大劇場)で、のべ22年のタカラヅカ生活に別れを告げる。
最後の役柄は移民青年。これまで自分を無にして役柄を自身の中に取り込むスタイルだったが「今回は、役者・大空祐飛として、大空祐飛の持ち味を生かした演技がしたい」。
集大成公演での新たな挑戦。
ストイックなトップは、最後まで進化を続ける。

音楽学校時代から数えて22年。
男役の美学を追究してきた大空は、最後まで攻め続け、自身の無限の可能性を見せるつもりだ。

「大空祐飛の集大成かと思いきや、まったく新しい自分に生まれ変われるんだなと。そのエッセンスは見てのお楽しみ。最後の姿を華やかに、そしてドラマチックに、印象づけられるようにしたいですね」

物語は、1920年代の米・ニューヨークを舞台に、ヨーロッパからの移民青年の愛と野望を描く。
演じるのは、希代の詐欺師。大富豪となり、ショー・ビジネス界を次の標的とする。

「最初は、えっ? 詐欺師? って思いましたよ(笑い)。彼は、天性の勝負勘をもって大富豪になった。私は今まで、まっとうに成功をつかんで挫折し、再生して...といったドラマが多かったので。今回は、まっとうじゃないところがポイントです。今までの私のカラーにない作品になるんじゃないでしょうか」

鍵はもう1つ。
芝居への取り組み方も変えた。
大劇場作初演出となる演出家、原田諒氏の考えに、感性のアンテナが揺さぶられた。

「今までは、自分を空っぽにし、役柄を自分の中に入れて演じてきた。でも原田先生は『最後に、大空祐飛という役者が、大空祐飛の持ち味を生かして演じると面白いことになるんじゃないか』とおっしゃって。私も、それ、すごく面白い! と」

クールで大人っぽい雰囲気の大空のイメージをもとに、脚本は書かれた。
それが原田氏の思う「大空像」だった。
すると、不思議な現象が起こった。台本を読んでいる段階で、役柄が自分の中で動き始めたという。
「いつもは、お客様の前に立って感じる感覚なんですけど」。
自分に対する原田氏から見たイメージ、そして着眼点が新鮮だった。

「今までの役柄もすべて、自分のどこかの断面ではあるんですけど、原田先生は、私に対する切り込み方が独特。今までにない断面が出ていると思います」

原田氏とは、けいこ初日から、激しく話し合いを重ねた。
「先生の若さ、勢い、情熱がすごくうれしい」。
もとより、演出家に自らの思いを率直にぶつけるタイプ。
男役としての自分を"演出"し、ファンの目にどう映っているのかを意識しているからだ。

「何カ月かに1度のペースで、そろそろ『ニュー大空祐飛』だなと。携帯電話にソフトをインストールするみたいに、バージョンアップを心掛けてきました」

トップ・大空祐飛そのものの個性も、今回の芝居で表現するつもり。
天性の勝負勘で巨万の富を得る詐欺師とは一見、共通点はなさそうだが、実は大空自身に接点がある。
勝負強さだ。

「ちっちゃいことだと、ジャンケンとか、絶対勝てないんですけど、人生ここぞ! ってときには、必ず勝つ。気合でしょうかね」

小学校のとき、ジャンケンはかなり弱かった。
それでも、小学6年生の運動会のとき、鼓笛隊のカラーガードという旗を持つポジションにつく人を、ジャンケンで決めることになった。

「私、どうしてもやりたかったんですよ。だから、これ、絶対勝つ! と強く念じてやったら、見事に勝ちましたから(笑い)」

類いまれな集中力。
そんな資質がストイックな空気を醸しだす。
後輩から見れば、あこがれの存在になる。
とりわけ退団公演の今作では、組子も目の色を変え、大空の一挙一動を追う。

「組子たちに吸い込まれそうなぐらい(笑い)。けいこ場で、ちょっとしゃべると、みんな『今しか聞けない』みたいに食らいついてくる。なんてかわいいんだろうって思いますね」

宙組全体が、大空の有終を飾るべく、強い一体感を生み出す。緊張感も増す中、息抜きの質問をしてみた。
役柄の大富豪にちなみ、もし大金持ちになれば-。

「えーっ、豪邸建てたいですね。どこに建てましょうか? ゆっくりと、優雅な生活したいですね。もちろん、車も、そこに3台ぐらい置いて!」

静かに流れる時間に身を置きたい気持ちはある。
だが、走り続ける。
退団後は「ノープランです」。
卒業はゴールではない。最後まで「大空祐飛」を進化させていく。


スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

まとめteみた.【大空祐飛 「持ち味を生かした演技がしたい!!」」】
宙組トップスター大空祐飛は、サヨナラ公演「ミュージカル華やかなりし日々/クライマックス−CryMax−」(13日〜5月14日=兵庫・宝塚大劇場)で、のべ22年のタカラヅカ生活に別れを告 [続きを読む]
まとめwoネタ速suru 2012/04/07/Sat 08:41
Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。