宝塚歌劇団の世界をご案内します。 歌って踊れる三拍子揃った宝塚歌劇のお芝居やショー。 歴代の魅力を一緒に堪能しましょう。
あの劇場の感動をご自宅で… 宝塚ファン必見の宝塚歌劇専門SHOP
宝塚歌劇団バナー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


毬藻 えりまりもえり

6月3日生まれ。日本の女優。元宝塚歌劇団星組娘役トップスター。
東京都府中市出身。
身長161cm。
血液型B型。
本名:鴫原薫(しぎはら かおる)。
宝塚時代の愛称は、本名から「シギ」

略歴
1981年3月、67期生として宝塚歌劇団に入団。同年『宝塚春の踊り』で初舞台を踏む。同期生には、OGでは女優の北原遥子(元娘役スター、日本航空123便墜落事故で死去)、黒木瞳(1982年から1985年まで月組娘役トップスター)、涼風真世(1991年から1993年まで月組トップスター)、真矢みき(1995年から1998年まで花組トップスター)、演劇プロデューサー、活弁士、日本舞踊講師の幸風イレネ(現在のイレネ飯田)、現役では専科の梨花ますみがいる。峰さを理のトップ時代には、新進娘役として新人公演やバウホールのヒロインを多数経験した。

1989年に前任者で娘役トップスターの南風まいの退団後、日向薫の相手役として星組娘役トップスターに就任。中日公演の『戦争と平和』ヒロイン・ナターシャを経て、大劇場公演『春の踊り/ディガ・ディガ・ドゥ』でお披露目。1991年の『紫禁城の落日』を最後に、日向と共に退団。2番手娘役時代には紫苑ゆうと組み、娘役トップに就任してからは、長身の日向に似合う娘役を演じた。

退団後は芸能界に転じ、主に舞台を中心に活躍。中でも松平健主演の舞台公演で、過去多数の出演回数を持つ。近年は結婚および出産・育児などあり活動をセーブしている。

シギちゃんの歌声はこちらでどうぞ


主な舞台
新人公演ヒロイン
『アルジェの男』(1983年) 本役:姿晴香
『我が愛は山の彼方に』(1984年) 本役:湖条れいか
『哀しみのコルドバ』(1985年) 本役:湖条れいか
『西海に花散れど』(1985年) 本役:南風まい
『レビュー交響曲』(1986年) 本役:南風まい
『紫子』(1987年) 本役:南風まい

バウホールヒロイン

『パペット・午前0時の人形たち』(1986年) 相手役:三城礼
『蒼いくちづけ・ドラキュラ伯爵の恋』(1987年) 相手役:紫苑ゆう

二番手娘役時代 相手役:紫苑ゆう

『炎のボレロ/Too Hot!』(1988年)
『戦争と平和』(1988年)

星組娘役トップスター時代 相手役:日向薫

『戦争と平和』<中日公演>(1989年)
『春の踊り・恋の花歌舞伎/ディガ・ディガ・ドゥ』(1989年)
『ベルサイユのばら-フェルゼンとマリー・アントワネット編-』(1989年)
『シチリアの風』(1989年)<バウホール公演>
『メイフラワー/宝塚レビュー'90』(1990年)
『アポロンの迷宮/ジーザス・ディアマンテ~夢の王の夢~』(1990年)
『パル・ジョーイ』(1991年)<バウホール公演>
『恋人たちの肖像/ナルシス・ノアール』(1991年)
『紫禁城の落日』(1991年)
スポンサーサイト
OGジェンヌ公演情報はこちら
現役ジェンヌ公演情報はこちら


この記事の著作権は配信元に帰属します
ブログランキングに参加しています。応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ●宝塚歌劇団は愛の媚薬のパラダイス●. all rights reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。